※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作:谷坂少年

部品構造


  • 大部品: 少年巫木工家具店 RD:16 評価値:6
    • 大部品: こだわり RD:3 評価値:2
      • 部品: 材料選び
      • 部品: 加工の妙
      • 部品: 安全性
    • 大部品: 少年巫木工家具店の社訓 RD:2 評価値:1
      • 部品: 誓い
      • 部品: 雇用
    • 大部品: よいかぐを作るために RD:2 評価値:1
      • 部品: 調査
      • 部品: 寄付
    • 大部品: 木製勉強家具セット RD:3 評価値:2
      • 部品: 勉強机
      • 部品: 勉強椅子
      • 部品: 小さな黒板
    • 大部品: 木のおもちゃ RD:6 評価値:4
      • 部品: 木製の小さな台車
      • 部品: 低年齢向けつみき
      • 部品: 楽しいつみき
      • 部品: 本格的なつみき
      • 部品: 木琴
      • 部品: いきものしょうぎ



部品定義


部品: 材料選び

家具やおもちゃを作るにあたり、その材料は建築で出た端材から作成される。端材から作るにしても材料の選別は必要であり、どの木がどの加工に向いているか、どの端材がどういった形に向いているか、木に触れながら丹念に選別される。

部品: 加工の妙

家具やおもちゃの品質に重要なのは材料だけではない。漆塗りや研磨などの加工を得て、強度やその手触りを獲得する。

部品: 安全性

少年巫木工家具店は、おもちゃや家具が確かな安全性を持っているか確認するため、耐久試験を行う。また誤飲や誤食を防ぐため、適正年齢の確認も怠らない。


部品: 誓い

少年巫木工家具店は、儲けに走らず、人を愛し、誰かを傷つけることなく、いつもどこかの学徒、家族、そしてなにより子供のために、たのしい家具とおもちゃを作ることを誓います。


部品: 雇用

少年巫木工家具店は、登用者の生活を保障し、適正な給与を支払い、入退勤の時間を管理し、過剰な労働はいたしません。また遅刻に対しては止むに止まれぬ事情があった場合はよしとします。意味なき遅刻や休みが重なった場合、従業員の安否を確認した上、雇用についての判断をおこないます。


部品: 調査

少年巫木工家具店は、生活を支える家具、子供の見本となるおもちゃを作るために、神聖巫連盟の生活調査を行います。子供達がどんな生活をしているか、どんなおもちゃを欲しているかの統計をとり、常にそのニーズを追いかけます。


部品: 寄付

少年巫木工家具店は、常に新しいおもちゃを神聖巫連盟の児童養護施設へと無償で供給します。供給は少年巫木工家具店の収益から支払われます。

部品: 勉強机

神聖巫連盟復興にあたり、大学や学校に送るべくして作られた勉強机。学校以外はまだ数が少ないため、他国での作法がどのようなものか教えるために作成がされている。とても頑丈で、地震があった際には机の下にもぐれと学校では指導されている。

部品: 勉強椅子

神聖巫連盟復興にあたり、学校に送られた勉強椅子。勉強机とセットになっている。学校用品は生産数自体がそこまで出ないため、他企業と共同しながら人手の無い中、作成が行われた。非常に頑丈。


部品: 小さな黒板

チョークでサラサラと板書できる黒板。いわゆる塗り板。何度でも描けると評判で、ノート代わりに使う学生もいる。木版に漆等をぬりこむことで作られている。


部品: 木製の小さな台車

木で作られた小さな台車。こどもが引っ張って遊ぶ用に作られており、乗ったりすると動かなくなり、引っ張ってもスピードが出過ぎないよう、工夫して作られている。おもちゃばこにもなり、引っ張っておもちゃを入れるのがたのしいので、片付けを好きになれると評判。

部品: 低年齢向けつみき

小さな子向けのかんたんな積み木。食べてしまわないよう一つ一つが大きなかけらになっており、軽い木材なので間違って投げたり落としたりしても痛くない。なお説明書には大きく投げないでくださいと書いてある。色とりどりで目で見ても楽しめる。

部品: 楽しいつみき

ややパーツが増えた子供用の積み木。木の形が三角や丸、四角など、つみあげて建物のようにすることができる。軽くてカラフルなパーツが揃っており、専用の木組みにいれておくと絵柄になる。


部品: 本格的なつみき

木槌、つなぎ棒、穴あき積み木まである大人も楽しめる本格的な積み木。低年齢の子には推奨されないが、5歳からは保護者や保育士の監督のもと、遊ぶこともできる。木槌でつなぎ棒を積み木に通し、本格的な建築の練習にもなる。

部品: 木琴

木と縄で作られた軽やかな音の出る楽器。手持ちの棒は軽く、角を丸めてつくってあり、事故などを防止する配慮がされているが必ず大人がつきそうことが推奨されている。低年齢の子が扱うことは推奨されない。

部品: いきものしょうぎ

ぞう、らいおん、ひよこ、きりんで構成された8つの駒を使って遊ぶ将棋の簡略版。それぞれの駒が将棋に近い特定の動きをし、子供も遊べるよう簡単なルールになっている。



提出書式


 大部品: 少年巫木工家具店 RD:16 評価値:6
 -大部品: こだわり RD:3 評価値:2
 --部品: 材料選び
 --部品: 加工の妙
 --部品: 安全性
 -大部品: 少年巫木工家具店の社訓 RD:2 評価値:1
 --部品: 誓い
 --部品: 雇用
 -大部品: よいかぐを作るために RD:2 評価値:1
 --部品: 調査
 --部品: 寄付
 -大部品: 木製勉強家具セット RD:3 評価値:2
 --部品: 勉強机
 --部品: 勉強椅子
 --部品: 小さな黒板
 -大部品: 木のおもちゃ RD:6 評価値:4
 --部品: 木製の小さな台車
 --部品: 低年齢向けつみき
 --部品: 楽しいつみき
 --部品: 本格的なつみき
 --部品: 木琴
 --部品: いきものしょうぎ
 
 
 部品: 材料選び
 家具やおもちゃを作るにあたり、その材料は建築で出た端材から作成される。端材から作るにしても材料の選別は必要であり、どの木がどの加工に向いているか、どの端材がどういった形に向いているか、木に触れながら丹念に選別される。
 
 部品: 加工の妙
 家具やおもちゃの品質に重要なのは材料だけではない。漆塗りや研磨などの加工を得て、強度やその手触りを獲得する。
 
 部品: 安全性
 少年巫木工家具店は、おもちゃや家具が確かな安全性を持っているか確認するため、耐久試験を行う。また誤飲や誤食を防ぐため、適正年齢の確認も怠らない。
 
 
 部品: 誓い
 少年巫木工家具店は、儲けに走らず、人を愛し、誰かを傷つけることなく、いつもどこかの学徒、家族、そしてなにより子供のために、たのしい家具とおもちゃを作ることを誓います。
 
 
 部品: 雇用
 少年巫木工家具店は、登用者の生活を保障し、適正な給与を支払い、入退勤の時間を管理し、過剰な労働はいたしません。また遅刻に対しては止むに止まれぬ事情があった場合はよしとします。意味なき遅刻や休みが重なった場合、従業員の安否を確認した上、雇用についての判断をおこないます。
 
 
 部品: 調査
 少年巫木工家具店は、生活を支える家具、子供の見本となるおもちゃを作るために、神聖巫連盟の生活調査を行います。子供達がどんな生活をしているか、どんなおもちゃを欲しているかの統計をとり、常にそのニーズを追いかけます。
 
 
 部品: 寄付
 少年巫木工家具店は、常に新しいおもちゃを神聖巫連盟の児童養護施設へと無償で供給します。供給は少年巫木工家具店の収益から支払われます。
 
 部品: 勉強机
 神聖巫連盟復興にあたり、大学や学校に送るべくして作られた勉強机。学校以外はまだ数が少ないため、他国での作法がどのようなものか教えるために作成がされている。とても頑丈で、地震があった際には机の下にもぐれと学校では指導されている。
 
 部品: 勉強椅子
 神聖巫連盟復興にあたり、学校に送られた勉強椅子。勉強机とセットになっている。学校用品は生産数自体がそこまで出ないため、他企業と共同しながら人手の無い中、作成が行われた。非常に頑丈。
 
 
 部品: 小さな黒板
 チョークでサラサラと板書できる黒板。いわゆる塗り板。何度でも描けると評判で、ノート代わりに使う学生もいる。木版に漆等をぬりこむことで作られている。
 
 
 部品: 木製の小さな台車
 木で作られた小さな台車。こどもが引っ張って遊ぶ用に作られており、乗ったりすると動かなくなり、引っ張ってもスピードが出過ぎないよう、工夫して作られている。おもちゃばこにもなり、引っ張っておもちゃを入れるのがたのしいので、片付けを好きになれると評判。
 
 部品: 低年齢向けつみき
 小さな子向けのかんたんな積み木。食べてしまわないよう一つ一つが大きなかけらになっており、軽い木材なので間違って投げたり落としたりしても痛くない。なお説明書には大きく投げないでくださいと書いてある。色とりどりで目で見ても楽しめる。
 
 部品: 楽しいつみき
 ややパーツが増えた子供用の積み木。木の形が三角や丸、四角など、つみあげて建物のようにすることができる。軽くてカラフルなパーツが揃っており、専用の木組みにいれておくと絵柄になる。
 
 
 部品: 本格的なつみき
 木槌、つなぎ棒、穴あき積み木まである大人も楽しめる本格的な積み木。低年齢の子には推奨されないが、5歳からは保護者や保育士の監督のもと、遊ぶこともできる。木槌でつなぎ棒を積み木に通し、本格的な建築の練習にもなる。
 
 部品: 木琴
 木と縄で作られた軽やかな音の出る楽器。手持ちの棒は軽く、角を丸めてつくってあり、事故などを防止する配慮がされているが必ず大人がつきそうことが推奨されている。低年齢の子が扱うことは推奨されない。
 
 部品: いきものしょうぎ
 ぞう、らいおん、ひよこ、きりんで構成された8つの駒を使って遊ぶ将棋の簡略版。それぞれの駒が将棋に近い特定の動きをし、子供も遊べるよう簡単なルールになっている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "少年巫木工家具店",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "こだわり",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "材料選び",
             "description": "家具やおもちゃを作るにあたり、その材料は建築で出た端材から作成される。端材から作るにしても材料の選別は必要であり、どの木がどの加工に向いているか、どの端材がどういった形に向いているか、木に触れながら丹念に選別される。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "加工の妙",
             "description": "家具やおもちゃの品質に重要なのは材料だけではない。漆塗りや研磨などの加工を得て、強度やその手触りを獲得する。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "安全性",
             "description": "少年巫木工家具店は、おもちゃや家具が確かな安全性を持っているか確認するため、耐久試験を行う。また誤飲や誤食を防ぐため、適正年齢の確認も怠らない。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "少年巫木工家具店の社訓",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "誓い",
             "description": "少年巫木工家具店は、儲けに走らず、人を愛し、誰かを傷つけることなく、いつもどこかの学徒、家族、そしてなにより子供のために、たのしい家具とおもちゃを作ることを誓います。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "雇用",
             "description": "少年巫木工家具店は、登用者の生活を保障し、適正な給与を支払い、入退勤の時間を管理し、過剰な労働はいたしません。また遅刻に対しては止むに止まれぬ事情があった場合はよしとします。意味なき遅刻や休みが重なった場合、従業員の安否を確認した上、雇用についての判断をおこないます。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "よいかぐを作るために",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "調査",
             "description": "少年巫木工家具店は、生活を支える家具、子供の見本となるおもちゃを作るために、神聖巫連盟の生活調査を行います。子供達がどんな生活をしているか、どんなおもちゃを欲しているかの統計をとり、常にそのニーズを追いかけます。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "寄付",
             "description": "少年巫木工家具店は、常に新しいおもちゃを神聖巫連盟の児童養護施設へと無償で供給します。供給は少年巫木工家具店の収益から支払われます。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "木製勉強家具セット",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "勉強机",
             "description": "神聖巫連盟復興にあたり、大学や学校に送るべくして作られた勉強机。学校以外はまだ数が少ないため、他国での作法がどのようなものか教えるために作成がされている。とても頑丈で、地震があった際には机の下にもぐれと学校では指導されている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "勉強椅子",
             "description": "神聖巫連盟復興にあたり、学校に送られた勉強椅子。勉強机とセットになっている。学校用品は生産数自体がそこまで出ないため、他企業と共同しながら人手の無い中、作成が行われた。非常に頑丈。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "小さな黒板",
             "description": "チョークでサラサラと板書できる黒板。いわゆる塗り板。何度でも描けると評判で、ノート代わりに使う学生もいる。木版に漆等をぬりこむことで作られている。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "木のおもちゃ",
         "children": [
           {
             "title": "木製の小さな台車",
             "description": "木で作られた小さな台車。こどもが引っ張って遊ぶ用に作られており、乗ったりすると動かなくなり、引っ張ってもスピードが出過ぎないよう、工夫して作られている。おもちゃばこにもなり、引っ張っておもちゃを入れるのがたのしいので、片付けを好きになれると評判。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "低年齢向けつみき",
             "description": "小さな子向けのかんたんな積み木。食べてしまわないよう一つ一つが大きなかけらになっており、軽い木材なので間違って投げたり落としたりしても痛くない。なお説明書には大きく投げないでくださいと書いてある。色とりどりで目で見ても楽しめる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "楽しいつみき",
             "description": "ややパーツが増えた子供用の積み木。木の形が三角や丸、四角など、つみあげて建物のようにすることができる。軽くてカラフルなパーツが揃っており、専用の木組みにいれておくと絵柄になる。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "本格的なつみき",
             "description": "木槌、つなぎ棒、穴あき積み木まである大人も楽しめる本格的な積み木。低年齢の子には推奨されないが、5歳からは保護者や保育士の監督のもと、遊ぶこともできる。木槌でつなぎ棒を積み木に通し、本格的な建築の練習にもなる。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "木琴",
             "description": "木と縄で作られた軽やかな音の出る楽器。手持ちの棒は軽く、角を丸めてつくってあり、事故などを防止する配慮がされているが必ず大人がつきそうことが推奨されている。低年齢の子が扱うことは推奨されない。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "いきものしょうぎ",
             "description": "ぞう、らいおん、ひよこ、きりんで構成された8つの駒を使って遊ぶ将棋の簡略版。それぞれの駒が将棋に近い特定の動きをし、子供も遊べるよう簡単なルールになっている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年08月15日 22:29