※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 巫森林組合 RD:18 評価値:7
    • 大部品: 信仰 RD:3 評価値:2
      • 部品: 森林信仰
      • 部品: 山岳信仰
      • 部品: 海神信仰
    • 大部品: 神聖巫連盟の就業許可 RD:4 評価値:3
      • 部品: 林業者への許可について
      • 部品: 林業参入組織の制限
      • 部品: 林業参入許可組織への講習
      • 部品: 許可の取り消しについて
    • 大部品: 森林組合職員 RD:10 評価値:5
      • 大部品: 林業職としての職務内容 RD:8 評価値:5
        • 部品: 苗木作り
        • 部品: 植林
        • 部品: 下草刈り
        • 部品: つる刈り
        • 部品: 除伐
        • 部品: 枝打ち
        • 部品: 間伐
        • 部品: 伐採
      • 大部品: 森林警備の職務内容 RD:2 評価値:1
        • 部品: 森林での犯罪捜査と逮捕
        • 部品: 森林内の保護活動
    • 大部品: 木材保管倉庫 RD:1 評価値:0
      • 部品: 乾燥場



部品定義


部品: 森林信仰

特定の樹木ではなく、複合体としての森に神々を見出している。細かく言えばそれらの信仰は少しずつ違いがあり、同じ信仰とは言い難いものの、森を維持するという点で共闘できるとして、林業が無秩序な伐採を行わないよう監視している。

部品: 山岳信仰

山林を管轄する森林組合に多い。山を守るという事は森を守ることと認識している。しかし、木材を使う事で木々の大切さを理解できるとも考えており、木材を使用することはよい事だと考えている。そのため、濫伐されないよう森を守った上で自分達が木材を提供していこうという考えて林業に携わる事になった。

部品: 海神信仰

森が海を作るという立場で活動しており、主に落ち葉になって水に影響をもたらす広葉樹林を守ろうとしている。

部品: 林業者への許可について

林業は100年単位で活動し、出荷まで早いものでも半世紀はかかるタイムスケールの大きな産業です。
そのため、今あるのを切り倒して食いつなごうとするものが現れないように、業界参入の条件を厳しく制限する代わりに厚い支援を与えています。


部品: 林業参入組織の制限

林業は100年単位でサイクルしているため、生涯を費やす程度の覚悟の職員を集めても存続が危ういと考えられました。
そのため、組織として信頼があり、十分な規模を持つものとして、半世紀以上の活動実績(複数の組織の複合体の場合は半数以上が半世紀以上活動していればよしとする)と100名以上の構成員を持つ組織であることを条件にしています。
100名というのは規模がなければ100年経つ前に衰退してしまう可能性があるためで、職員をそれだけ要求しているわけではありません。

部品: 林業参入許可組織への講習

林業参入許可を受けた組織には5年ごとの定期講習と林業に影響を与える技術発展が起きた時の臨時講習が課されています。

部品: 許可の取り消しについて

森林組合として問題を起こした場合、その程度によって罰則を受けます。この時森林組合として認める事が出来ないくらいの問題であった場合は林業を行う権利がはく奪されます。
また、構成員が少なくなった場合、具体的には50名を切ると増員するよう勧告し、30名を切ると募集を義務付けられ、10名を切ると存続は無理として別の組織に引継ぎをしてもらう事になっています。


部品: 苗木作り

植林する予定の木の種を採取し、畑にまきます。まきつけの時期や畑の様子に関しては各組織や種の種類、地域によって異なるものの、この段階に関しては農業との違いはほとんどありません。そのため、この段階に関しては委託する場合もあります。

部品: 植林

雑草や枝などを取り除き、苗木を植える場所づくりをします。その後必要に応じて土をやわらかくほぐし苗木を植えます。


部品: 下草刈り

苗木が小さいうちは草の方が成長速度が速いため、苗木の成長の妨げになるだけでなく枯らせてしまう可能性があります。
それを防ぐために苗木近くに生えてくる雑草を刈り取る作業を行います。

部品: つる刈り

下草刈りの負担が減った後もつる性植物が植林した木の生育を妨げ、枯らしてしまう事を防ぐために定期的に刈り取りを行う必要があります。

部品: 除伐

育成途中の木をより育てるために他の木を伐採すること。除伐した木はまだ幼すぎて利用するのも難しく基本的に廃棄されています。

部品: 枝打ち

材木として使うため、また周囲の木との関わりから必要ない枝を落とします。これは枝を落とすために木に登る事もある作業です。

部品: 間伐

木材として優れた木を育てるためという点では除伐と一緒ですが、木材のためだけでなく表土の流出を防ぐためや水源涵養機能が落ちるのを防ぐという役目もあります。
また間伐材を活用するという事でも活用できない除伐と異なっています。

部品: 伐採

木材として使用するのに十分な大きさになった木を伐採します。ここまで育つのに短いもので60年から70年。長いものでは200年から300年ほどかかります。

部品: 森林での犯罪捜査と逮捕

密猟者の逮捕、環境汚染犯罪の捜査など森林内に限って警察に準じる捜査、逮捕権を持っている。
ただし、この権限を有効なものとして使うためには警察での研修や定期的な合同訓練が要求されており、全ての組織が活用するわけではありません。

部品: 森林内の保護活動

絶滅危惧種の保護や山火事の予防および消火活動を行います。また、木々の異常な成長により環境が大幅に変化している場合は報告の上伐採し、環境維持を務める事もあります。

部品: 乾燥場

伐採した木材を出荷、もしくは製材する前に乾燥させる場所。また倉庫から加工、もしくは出荷のために持ち出すまでの一時置き場としての役割も担っている。



提出書式


 大部品: 巫森林組合 RD:18 評価値:7
 -大部品: 信仰 RD:3 評価値:2
 --部品: 森林信仰
 --部品: 山岳信仰
 --部品: 海神信仰
 -大部品: 神聖巫連盟の就業許可 RD:4 評価値:3
 --部品: 林業者への許可について
 --部品: 林業参入組織の制限
 --部品: 林業参入許可組織への講習
 --部品: 許可の取り消しについて
 -大部品: 森林組合職員 RD:10 評価値:5
 --大部品: 林業職としての職務内容 RD:8 評価値:5
 ---部品: 苗木作り
 ---部品: 植林
 ---部品: 下草刈り
 ---部品: つる刈り
 ---部品: 除伐
 ---部品: 枝打ち
 ---部品: 間伐
 ---部品: 伐採
 --大部品: 森林警備の職務内容 RD:2 評価値:1
 ---部品: 森林での犯罪捜査と逮捕
 ---部品: 森林内の保護活動
 -大部品: 木材保管倉庫 RD:1 評価値:0
 --部品: 乾燥場
 
 
 部品: 森林信仰
 特定の樹木ではなく、複合体としての森に神々を見出している。細かく言えばそれらの信仰は少しずつ違いがあり、同じ信仰とは言い難いものの、森を維持するという点で共闘できるとして、林業が無秩序な伐採を行わないよう監視している。
 
 部品: 山岳信仰
 山林を管轄する森林組合に多い。山を守るという事は森を守ることと認識している。しかし、木材を使う事で木々の大切さを理解できるとも考えており、木材を使用することはよい事だと考えている。そのため、濫伐されないよう森を守った上で自分達が木材を提供していこうという考えて林業に携わる事になった。
 
 部品: 海神信仰
 森が海を作るという立場で活動しており、主に落ち葉になって水に影響をもたらす広葉樹林を守ろうとしている。
 
 部品: 林業者への許可について
 林業は100年単位で活動し、出荷まで早いものでも半世紀はかかるタイムスケールの大きな産業です。
 そのため、今あるのを切り倒して食いつなごうとするものが現れないように、業界参入の条件を厳しく制限する代わりに厚い支援を与えています。
 
 
 部品: 林業参入組織の制限
 林業は100年単位でサイクルしているため、生涯を費やす程度の覚悟の職員を集めても存続が危ういと考えられました。
 そのため、組織として信頼があり、十分な規模を持つものとして、半世紀以上の活動実績(複数の組織の複合体の場合は半数以上が半世紀以上活動していればよしとする)と100名以上の構成員を持つ組織であることを条件にしています。
 100名というのは規模がなければ100年経つ前に衰退してしまう可能性があるためで、職員をそれだけ要求しているわけではありません。
 
 部品: 林業参入許可組織への講習
 林業参入許可を受けた組織には5年ごとの定期講習と林業に影響を与える技術発展が起きた時の臨時講習が課されています。
 
 部品: 許可の取り消しについて
 森林組合として問題を起こした場合、その程度によって罰則を受けます。この時森林組合として認める事が出来ないくらいの問題であった場合は林業を行う権利がはく奪されます。
 また、構成員が少なくなった場合、具体的には50名を切ると増員するよう勧告し、30名を切ると募集を義務付けられ、10名を切ると存続は無理として別の組織に引継ぎをしてもらう事になっています。
 
 
 部品: 苗木作り
 植林する予定の木の種を採取し、畑にまきます。まきつけの時期や畑の様子に関しては各組織や種の種類、地域によって異なるものの、この段階に関しては農業との違いはほとんどありません。そのため、この段階に関しては委託する場合もあります。
 
 部品: 植林
 雑草や枝などを取り除き、苗木を植える場所づくりをします。その後必要に応じて土をやわらかくほぐし苗木を植えます。
 
 
 部品: 下草刈り
 苗木が小さいうちは草の方が成長速度が速いため、苗木の成長の妨げになるだけでなく枯らせてしまう可能性があります。
 それを防ぐために苗木近くに生えてくる雑草を刈り取る作業を行います。
 
 部品: つる刈り
 下草刈りの負担が減った後もつる性植物が植林した木の生育を妨げ、枯らしてしまう事を防ぐために定期的に刈り取りを行う必要があります。
 
 部品: 除伐
 育成途中の木をより育てるために他の木を伐採すること。除伐した木はまだ幼すぎて利用するのも難しく基本的に廃棄されています。
 
 部品: 枝打ち
 材木として使うため、また周囲の木との関わりから必要ない枝を落とします。これは枝を落とすために木に登る事もある作業です。
 
 部品: 間伐
 木材として優れた木を育てるためという点では除伐と一緒ですが、木材のためだけでなく表土の流出を防ぐためや水源涵養機能が落ちるのを防ぐという役目もあります。
 また間伐材を活用するという事でも活用できない除伐と異なっています。
 
 部品: 伐採
 木材として使用するのに十分な大きさになった木を伐採します。ここまで育つのに短いもので60年から70年。長いものでは200年から300年ほどかかります。
 
 部品: 森林での犯罪捜査と逮捕
 密猟者の逮捕、環境汚染犯罪の捜査など森林内に限って警察に準じる捜査、逮捕権を持っている。
 ただし、この権限を有効なものとして使うためには警察での研修や定期的な合同訓練が要求されており、全ての組織が活用するわけではありません。
 
 部品: 森林内の保護活動
 絶滅危惧種の保護や山火事の予防および消火活動を行います。また、木々の異常な成長により環境が大幅に変化している場合は報告の上伐採し、環境維持を務める事もあります。
 
 部品: 乾燥場
 伐採した木材を出荷、もしくは製材する前に乾燥させる場所。また倉庫から加工、もしくは出荷のために持ち出すまでの一時置き場としての役割も担っている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 42909,
     "title": "巫森林組合",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-08-23 09:27:58.739611",
     "updated_at": "2017-08-23 09:27:58.739611",
     "character_id": 594,
     "children": [
       {
         "id": 42910,
         "title": "信仰",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": 594,
         "children": [
           {
             "id": 42911,
             "title": "森林信仰",
             "description": "特定の樹木ではなく、複合体としての森に神々を見出している。細かく言えばそれらの信仰は少しずつ違いがあり、同じ信仰とは言い難いものの、森を維持するという点で共闘できるとして、林業が無秩序な伐採を行わないよう監視している。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 594,
             "children": []
           },
           {
             "id": 42912,
             "title": "山岳信仰",
             "description": "山林を管轄する森林組合に多い。山を守るという事は森を守ることと認識している。しかし、木材を使う事で木々の大切さを理解できるとも考えており、木材を使用することはよい事だと考えている。そのため、濫伐されないよう森を守った上で自分達が木材を提供していこうという考えて林業に携わる事になった。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 594,
             "children": []
           },
           {
             "id": 57217,
             "title": "海神信仰",
             "description": "森が海を作るという立場で活動しており、主に落ち葉になって水に影響をもたらす広葉樹林を守ろうとしている。",
             "part_type": "part",
             "character_id": null,
             "children": []
           }
         ]
       },
       {
         "id": 42913,
         "title": "神聖巫連盟の就業許可",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": 594,
         "children": [
           {
             "id": 42914,
             "title": "林業者への許可について",
             "description": "林業は100年単位で活動し、出荷まで早いものでも半世紀はかかるタイムスケールの大きな産業です。\nそのため、今あるのを切り倒して食いつなごうとするものが現れないように、業界参入の条件を厳しく制限する代わりに厚い支援を与えています。\n",
             "part_type": "part",
             "character_id": 594,
             "children": []
           },
           {
             "id": 42915,
             "title": "林業参入組織の制限",
             "description": "林業は100年単位でサイクルしているため、生涯を費やす程度の覚悟の職員を集めても存続が危ういと考えられました。\nそのため、組織として信頼があり、十分な規模を持つものとして、半世紀以上の活動実績(複数の組織の複合体の場合は半数以上が半世紀以上活動していればよしとする)と100名以上の構成員を持つ組織であることを条件にしています。\n100名というのは規模がなければ100年経つ前に衰退してしまう可能性があるためで、職員をそれだけ要求しているわけではありません。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 594,
             "children": []
           },
           {
             "id": 42916,
             "title": "林業参入許可組織への講習",
             "description": "林業参入許可を受けた組織には5年ごとの定期講習と林業に影響を与える技術発展が起きた時の臨時講習が課されています。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 594,
             "children": []
           },
           {
             "id": 57218,
             "title": "許可の取り消しについて",
             "description": "森林組合として問題を起こした場合、その程度によって罰則を受けます。この時森林組合として認める事が出来ないくらいの問題であった場合は林業を行う権利がはく奪されます。\nまた、構成員が少なくなった場合、具体的には50名を切ると増員するよう勧告し、30名を切ると募集を義務付けられ、10名を切ると存続は無理として別の組織に引継ぎをしてもらう事になっています。\n",
             "part_type": "part",
             "character_id": null,
             "children": []
           }
         ]
       },
       {
         "id": 57219,
         "title": "森林組合職員",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": null,
         "children": [
           {
             "id": 57220,
             "title": "林業職としての職務内容",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "character_id": null,
             "children": [
               {
                 "id": 57221,
                 "title": "苗木作り",
                 "description": "植林する予定の木の種を採取し、畑にまきます。まきつけの時期や畑の様子に関しては各組織や種の種類、地域によって異なるものの、この段階に関しては農業との違いはほとんどありません。そのため、この段階に関しては委託する場合もあります。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": null,
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 57222,
                 "title": "植林",
                 "description": "雑草や枝などを取り除き、苗木を植える場所づくりをします。その後必要に応じて土をやわらかくほぐし苗木を植えます。\n",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": null,
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 57223,
                 "title": "下草刈り",
                 "description": "苗木が小さいうちは草の方が成長速度が速いため、苗木の成長の妨げになるだけでなく枯らせてしまう可能性があります。\nそれを防ぐために苗木近くに生えてくる雑草を刈り取る作業を行います。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": null,
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 57224,
                 "title": "つる刈り",
                 "description": "下草刈りの負担が減った後もつる性植物が植林した木の生育を妨げ、枯らしてしまう事を防ぐために定期的に刈り取りを行う必要があります。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": null,
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 57225,
                 "title": "除伐",
                 "description": "育成途中の木をより育てるために他の木を伐採すること。除伐した木はまだ幼すぎて利用するのも難しく基本的に廃棄されています。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": null,
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 57226,
                 "title": "枝打ち",
                 "description": "材木として使うため、また周囲の木との関わりから必要ない枝を落とします。これは枝を落とすために木に登る事もある作業です。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": null,
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 57227,
                 "title": "間伐",
                 "description": "木材として優れた木を育てるためという点では除伐と一緒ですが、木材のためだけでなく表土の流出を防ぐためや水源涵養機能が落ちるのを防ぐという役目もあります。\nまた間伐材を活用するという事でも活用できない除伐と異なっています。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": null,
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 57228,
                 "title": "伐採",
                 "description": "木材として使用するのに十分な大きさになった木を伐採します。ここまで育つのに短いもので60年から70年。長いものでは200年から300年ほどかかります。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": null,
                 "children": []
               }
             ]
           },
           {
             "id": 57229,
             "title": "森林警備の職務内容",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "character_id": null,
             "children": [
               {
                 "id": 57230,
                 "title": "森林での犯罪捜査と逮捕",
                 "description": "密猟者の逮捕、環境汚染犯罪の捜査など森林内に限って警察に準じる捜査、逮捕権を持っている。\nただし、この権限を有効なものとして使うためには警察での研修や定期的な合同訓練が要求されており、全ての組織が活用するわけではありません。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": null,
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 57231,
                 "title": "森林内の保護活動",
                 "description": "絶滅危惧種の保護や山火事の予防および消火活動を行います。また、木々の異常な成長により環境が大幅に変化している場合は報告の上伐採し、環境維持を務める事もあります。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": null,
                 "children": []
               }
             ]
           }
         ]
       },
       {
         "id": 57232,
         "title": "木材保管倉庫",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": null,
         "children": [
           {
             "id": 57233,
             "title": "乾燥場",
             "description": "伐採した木材を出荷、もしくは製材する前に乾燥させる場所。また倉庫から加工、もしくは出荷のために持ち出すまでの一時置き場としての役割も担っている。",
             "part_type": "part",
             "character_id": null,
             "children": []
           }
         ]
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]