※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 児童養護施設 RD:26 評価値:8
    • 大部品: 設備 RD:5 評価値:3
      • 部品: 体育館
      • 部品: 庭
      • 部品: 客室
      • 部品: 図書室
      • 部品: 寝室
    • 大部品: 児童養護施設の目的 RD:2 評価値:1
      • 部品: 目的
      • 部品: 設立の経緯
    • 大部品: 施設の建設 RD:11 評価値:5
      • 部品: 建築家による建設
      • 大部品: 地鎮祭(仏式) RD:10 評価値:5
        • 部品: お供え物
        • 部品: 法話
        • 部品: 合掌礼拝
        • 部品: 三奉請
        • 部品: 地鎮祭
        • 部品: 表白
        • 部品: 讃仏偈
        • 部品: 短念仏、回向句
        • 部品: 浄地鍬入
        • 部品: 終わりの合掌礼拝
    • 大部品: 関連事業 RD:2 評価値:1
      • 部品: 子育て相談
      • 部品: 子ども悩み相談
    • 大部品: 所属職員の職業 RD:2 評価値:1
      • 部品: 保育士
      • 部品: 巫の調理師
    • 大部品: 里親について RD:3 評価値:2
      • 部品: 里親候補の調査
      • 部品: 里親候補との面談
      • 部品: 短期委託
    • 大部品: 所在地 RD:1 評価値:0
      • 部品: 太陽都市西部



部品定義


部品: 体育館

雨の日にも身体を動かせるように体育館が併設されています。
普段は施設の子ども達が利用していますが、それ以外にも地域のレクリエーションや、演奏会、人形劇なども開催されています。
また施設を卒業する時にもここで卒業式を執り行います。

部品: 庭

川を引き込んだ小さな流れが庭を流れるようにしてその名に恥じないように蛍が舞えるようにしているほか、庭にも草花が植えられているがどれも際立った彩りではないため寂しそうに見える。
けれど、蝶たちが舞い、鳥が歌っているため落ち着いて見渡せば賑やかな事に気づくでしょう。

部品: 客室

ボランティアの方が利用するほか、施設を卒業していった子が里帰りに来たときに泊まっていく時にも利用されています。

部品: 図書室

絵本や紙芝居からおおきな子達の勉強のために地図や図鑑、辞典も置いてあります。
ただ、蔵書を優先したので図書室内で本を読むのには適していません。
ただ学習室や自室に持ち帰って読めるのでさほど問題になっているわけではありません。
また、施設の完成祝いとしてもいくつか本が贈られています。

部品: 寝室

部屋の数も限られるため、一定年齢以下の子どもと一定年齢以上の子ども以外は大部屋で寝起きしています。
一定年齢以上の子どもが部屋を持たせられる理由は養子として引き取られる、寮のある学校に通うといった理由で施設を出ていくため最後まで施設に残るのは僅かであるため。

部品: 目的

子ども達の可能性を伸ばす事ができるよう、子ども達全員が教育を受けることができるようにする事を目的としています。
教育と言っても小学校からというわけではなく、他の子ども達と一緒に保育園にも通っています。
国としては大学や専門学校などより上の勉強をしたい人たちも援助しますが、施設としては収容人数などの問題から18歳で卒業となっています。
そのため、進学を希望する子に対しては受験費用は免除とし、学費は奨学金と言う形で援助しています。
なお、勉学ではなく子どもの心を癒すという部分に関してですが、これは学業以上に重んじており、子どもの権利に関する法律を例に挙げるまでもなく職員も国も全力で対応しています。
そのため、この施設で特別というわけではありません。

部品: 設立の経緯

未来に希望を託すためには未来を担う子ども達が力を持つ必要があります。
身体能力であれば積み重ねていくのも難しいでしょう。
しかし、知識ならば年月を積み重ねる事で強くなっていけます。
何より真理がわれらを自由にするという言葉があるように、子ども達が多くを知る事で沢山の可能性を見い出せるようになる事を期待されました。


部品: 建築家による建設

国の方針を示す重要な施設であるため、建築家にもその事を意識して作ってもらいました。他国からも仕事を得られるように少々洋風な作りになっています。

部品: お供え物

仏棚に奉納品が供えられます。このお供えは宗派やお寺によって異なるため、確認が必要です。
一例を挙げると果物、野菜、乾燥の海産物を三種ずつ、それに花束と塩が用いられます。

部品: 法話

仏式の地鎮祭は神式と異なり、土地ではなく人を浄めるために行われます。法話の内容はその時々で変えられていますが、目的は変わらず人々を浄めるために行われます。

部品: 合掌礼拝

仏様への敬意や感謝を示すものであり、地鎮祭の始まりを伝えるものでもあります。細かなやり方は宗派により異なります。また地鎮祭の特徴から全ての人が同じ宗派とも限らないため、厳しく決まりを守る必要がない場合が多いです。

部品: 三奉請

「請じたてまつる弥陀世尊、道場に入りたまえ
 請じたてまつる釈迦如来、道場に入りたまえ
 請じたてまつる十方如来、道場に入りたまえ」
という意味で仏さまをお招きするためのものです。

部品: 地鎮祭

仏式の地鎮祭もまた宗派により大きく異なる事があります。そのため、ここに挙げた例とは異なる地鎮祭を行う場合もあるため注意が必要です

部品: 表白

起工式を誰によって行われるか仏様に伝え、起工式に至れた仏さまの加護に感謝し、つつがなく工事が終わる事を願うものです。

部品: 讃仏偈

これは法蔵菩薩が世自在王如来の威徳を讃え、自身の願いを告げた偈です。
これが行われている間に参列者が焼香を行います。

部品: 短念仏、回向句

短念仏とは念仏を10回唱えるものであり、回向句は宗派によって内容は違っているものの、仏様や経典の功徳を他に振り向けようと願うことです。


部品: 浄地鍬入

神式の鍬入れの儀と同じく鍬を使った儀式。宗派により細かな違いはあるものの、神式と違い、参列者全員が鍬入れに参加することもあります。

部品: 終わりの合掌礼拝

合掌礼拝とは仏様への敬意や感謝を示すものであり、これは無事に地鎮祭が終えられたことを伝えるものでもあります。

部品: 子育て相談

子育ての悩みの相談を受け付けています。直接訪問でも手紙でも相談方法は問いません。
これもまた子ども達がより幸せに暮らせるようにするための活動の一環です。

部品: 子ども悩み相談

子ども達の悩みの相談を受け付けています。直接訪問でも手紙でも相談方法は問いません。
子ども達も一人の人間として真摯に子ども達の悩みと向き合うようにされています。

部品: 保育士

帝国での基準ではなく神聖巫連盟の基準に合致するより水準の高い保育士が所属しています。
彼らに憧れ施設を卒業した者で保育士を目指す者も大勢います。


部品: 巫の調理師

大勢の子ども達の食事を用意するために専門の調理師を確保しています。大勢の食事を一度に用意するため、個人経営の料理店と比べても大きな鍋を用いて料理しています。

部品: 里親候補の調査

児童の権利に関する法律に従い、子どもが里親の元で育つことが子どもの益になるか里親の素性を調査し、問題ないか判断されます。

部品: 里親候補との面談

職員と里親で面談し、子どもを託せるほど信頼が出来そうか面談をします。その後子どもも交えて面談をし、信頼がおけそうだと判断された場合に里親の元へ向かいます。

部品: 短期委託

調査と面談だけで生涯を託すのは不安がある場合は短期委託という形で様子を見る場合があります。また短期ではなく託した場合であっても手紙などで施設とのやり取りを続けています。

部品: 太陽都市西部

周囲は田畑であり、その影響で施設でも田畑を育てている。これは少しでも他所からの支援への依存を減らす努力ですが、この経験から農家の道を目指す者も出ているなど影響力もあるようです。



提出書式


 大部品: 児童養護施設 RD:26 評価値:8
 -大部品: 設備 RD:5 評価値:3
 --部品: 体育館
 --部品: 庭
 --部品: 客室
 --部品: 図書室
 --部品: 寝室
 -大部品: 児童養護施設の目的 RD:2 評価値:1
 --部品: 目的
 --部品: 設立の経緯
 -大部品: 施設の建設 RD:11 評価値:5
 --部品: 建築家による建設
 --大部品: 地鎮祭(仏式) RD:10 評価値:5
 ---部品: お供え物
 ---部品: 法話
 ---部品: 合掌礼拝
 ---部品: 三奉請
 ---部品: 地鎮祭
 ---部品: 表白
 ---部品: 讃仏偈
 ---部品: 短念仏、回向句
 ---部品: 浄地鍬入
 ---部品: 終わりの合掌礼拝
 -大部品: 関連事業 RD:2 評価値:1
 --部品: 子育て相談
 --部品: 子ども悩み相談
 -大部品: 所属職員の職業 RD:2 評価値:1
 --部品: 保育士
 --部品: 巫の調理師
 -大部品: 里親について RD:3 評価値:2
 --部品: 里親候補の調査
 --部品: 里親候補との面談
 --部品: 短期委託
 -大部品: 所在地 RD:1 評価値:0
 --部品: 太陽都市西部
 
 
 部品: 体育館
 雨の日にも身体を動かせるように体育館が併設されています。 
 普段は施設の子ども達が利用していますが、それ以外にも地域のレクリエーションや、演奏会、人形劇なども開催されています。 
 また施設を卒業する時にもここで卒業式を執り行います。
 
 部品: 庭
 川を引き込んだ小さな流れが庭を流れるようにしてその名に恥じないように蛍が舞えるようにしているほか、庭にも草花が植えられているがどれも際立った彩りではないため寂しそうに見える。 
 けれど、蝶たちが舞い、鳥が歌っているため落ち着いて見渡せば賑やかな事に気づくでしょう。
 
 部品: 客室
 ボランティアの方が利用するほか、施設を卒業していった子が里帰りに来たときに泊まっていく時にも利用されています。
 
 部品: 図書室
 絵本や紙芝居からおおきな子達の勉強のために地図や図鑑、辞典も置いてあります。 
 ただ、蔵書を優先したので図書室内で本を読むのには適していません。 
 ただ学習室や自室に持ち帰って読めるのでさほど問題になっているわけではありません。 
 また、施設の完成祝いとしてもいくつか本が贈られています。 
 
 部品: 寝室
 部屋の数も限られるため、一定年齢以下の子どもと一定年齢以上の子ども以外は大部屋で寝起きしています。
 一定年齢以上の子どもが部屋を持たせられる理由は養子として引き取られる、寮のある学校に通うといった理由で施設を出ていくため最後まで施設に残るのは僅かであるため。
 
 部品: 目的
 子ども達の可能性を伸ばす事ができるよう、子ども達全員が教育を受けることができるようにする事を目的としています。 
 教育と言っても小学校からというわけではなく、他の子ども達と一緒に保育園にも通っています。 
 国としては大学や専門学校などより上の勉強をしたい人たちも援助しますが、施設としては収容人数などの問題から18歳で卒業となっています。 
 そのため、進学を希望する子に対しては受験費用は免除とし、学費は奨学金と言う形で援助しています。 
 なお、勉学ではなく子どもの心を癒すという部分に関してですが、これは学業以上に重んじており、子どもの権利に関する法律を例に挙げるまでもなく職員も国も全力で対応しています。
 そのため、この施設で特別というわけではありません。
 
 部品: 設立の経緯
 未来に希望を託すためには未来を担う子ども達が力を持つ必要があります。
 身体能力であれば積み重ねていくのも難しいでしょう。
 しかし、知識ならば年月を積み重ねる事で強くなっていけます。
 何より真理がわれらを自由にするという言葉があるように、子ども達が多くを知る事で沢山の可能性を見い出せるようになる事を期待されました。
 
 
 部品: 建築家による建設
 国の方針を示す重要な施設であるため、建築家にもその事を意識して作ってもらいました。他国からも仕事を得られるように少々洋風な作りになっています。
 
 部品: お供え物
 仏棚に奉納品が供えられます。このお供えは宗派やお寺によって異なるため、確認が必要です。
 一例を挙げると果物、野菜、乾燥の海産物を三種ずつ、それに花束と塩が用いられます。
 
 部品: 法話
 仏式の地鎮祭は神式と異なり、土地ではなく人を浄めるために行われます。法話の内容はその時々で変えられていますが、目的は変わらず人々を浄めるために行われます。
 
 部品: 合掌礼拝
 仏様への敬意や感謝を示すものであり、地鎮祭の始まりを伝えるものでもあります。細かなやり方は宗派により異なります。また地鎮祭の特徴から全ての人が同じ宗派とも限らないため、厳しく決まりを守る必要がない場合が多いです。
 
 部品: 三奉請
 「請じたてまつる弥陀世尊、道場に入りたまえ
  請じたてまつる釈迦如来、道場に入りたまえ
  請じたてまつる十方如来、道場に入りたまえ」
 という意味で仏さまをお招きするためのものです。
 
 部品: 地鎮祭
 仏式の地鎮祭もまた宗派により大きく異なる事があります。そのため、ここに挙げた例とは異なる地鎮祭を行う場合もあるため注意が必要です
 
 部品: 表白
 起工式を誰によって行われるか仏様に伝え、起工式に至れた仏さまの加護に感謝し、つつがなく工事が終わる事を願うものです。
 
 部品: 讃仏偈
 これは法蔵菩薩が世自在王如来の威徳を讃え、自身の願いを告げた偈です。
 これが行われている間に参列者が焼香を行います。
 
 部品: 短念仏、回向句
 短念仏とは念仏を10回唱えるものであり、回向句は宗派によって内容は違っているものの、仏様や経典の功徳を他に振り向けようと願うことです。
 
 
 部品: 浄地鍬入
 神式の鍬入れの儀と同じく鍬を使った儀式。宗派により細かな違いはあるものの、神式と違い、参列者全員が鍬入れに参加することもあります。
 
 部品: 終わりの合掌礼拝
 合掌礼拝とは仏様への敬意や感謝を示すものであり、これは無事に地鎮祭が終えられたことを伝えるものでもあります。
 
 部品: 子育て相談
 子育ての悩みの相談を受け付けています。直接訪問でも手紙でも相談方法は問いません。
 これもまた子ども達がより幸せに暮らせるようにするための活動の一環です。
 
 部品: 子ども悩み相談
 子ども達の悩みの相談を受け付けています。直接訪問でも手紙でも相談方法は問いません。
 子ども達も一人の人間として真摯に子ども達の悩みと向き合うようにされています。
 
 部品: 保育士
 帝国での基準ではなく神聖巫連盟の基準に合致するより水準の高い保育士が所属しています。
 彼らに憧れ施設を卒業した者で保育士を目指す者も大勢います。
 
 
 部品: 巫の調理師
 大勢の子ども達の食事を用意するために専門の調理師を確保しています。大勢の食事を一度に用意するため、個人経営の料理店と比べても大きな鍋を用いて料理しています。
 
 部品: 里親候補の調査
 児童の権利に関する法律に従い、子どもが里親の元で育つことが子どもの益になるか里親の素性を調査し、問題ないか判断されます。
 
 部品: 里親候補との面談
 職員と里親で面談し、子どもを託せるほど信頼が出来そうか面談をします。その後子どもも交えて面談をし、信頼がおけそうだと判断された場合に里親の元へ向かいます。
 
 部品: 短期委託
 調査と面談だけで生涯を託すのは不安がある場合は短期委託という形で様子を見る場合があります。また短期ではなく託した場合であっても手紙などで施設とのやり取りを続けています。
 
 部品: 太陽都市西部
 周囲は田畑であり、その影響で施設でも田畑を育てている。これは少しでも他所からの支援への依存を減らす努力ですが、この経験から農家の道を目指す者も出ているなど影響力もあるようです。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 68463,
     "title": "児童養護施設",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-08-24 16:37:17.259943",
     "updated_at": "2017-08-24 16:37:17.259943",
     "children": [
       {
         "id": 68464,
         "title": "設備",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-24 16:37:17.265898",
         "updated_at": "2017-08-24 16:37:17.265898",
         "children": [
           {
             "id": 68465,
             "title": "体育館",
             "description": "雨の日にも身体を動かせるように体育館が併設されています。 \n普段は施設の子ども達が利用していますが、それ以外にも地域のレクリエーションや、演奏会、人形劇なども開催されています。 \nまた施設を卒業する時にもここで卒業式を執り行います。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 16:37:17.268244",
             "updated_at": "2017-08-24 16:37:17.268244",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 594,
               "name": "藻女"
             }
           },
           {
             "id": 68466,
             "title": "庭",
             "description": "川を引き込んだ小さな流れが庭を流れるようにしてその名に恥じないように蛍が舞えるようにしているほか、庭にも草花が植えられているがどれも際立った彩りではないため寂しそうに見える。 \nけれど、蝶たちが舞い、鳥が歌っているため落ち着いて見渡せば賑やかな事に気づくでしょう。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 16:37:17.297209",
             "updated_at": "2017-08-24 16:37:17.297209",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 594,
               "name": "藻女"
             }
           },
           {
             "id": 68467,
             "title": "客室",
             "description": "ボランティアの方が利用するほか、施設を卒業していった子が里帰りに来たときに泊まっていく時にも利用されています。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 16:37:17.318534",
             "updated_at": "2017-08-24 16:37:17.318534",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 594,
               "name": "藻女"
             }
           },
           {
             "id": 68468,
             "title": "図書室",
             "description": "絵本や紙芝居からおおきな子達の勉強のために地図や図鑑、辞典も置いてあります。 \nただ、蔵書を優先したので図書室内で本を読むのには適していません。 \nただ学習室や自室に持ち帰って読めるのでさほど問題になっているわけではありません。 \nまた、施設の完成祝いとしてもいくつか本が贈られています。 ",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 16:37:17.337776",
             "updated_at": "2017-08-24 16:37:17.337776",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 594,
               "name": "藻女"
             }
           },
           {
             "id": 80501,
             "title": "寝室",
             "description": "部屋の数も限られるため、一定年齢以下の子どもと一定年齢以上の子ども以外は大部屋で寝起きしています。\n一定年齢以上の子どもが部屋を持たせられる理由は養子として引き取られる、寮のある学校に通うといった理由で施設を出ていくため最後まで施設に残るのは僅かであるため。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-27 05:09:10.276843",
             "updated_at": "2017-08-27 05:09:10.276843",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 594,
               "name": "藻女"
             }
           }
         ],
         "character": {
           "id": 594,
           "name": "藻女"
         },
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 68469,
         "title": "児童養護施設の目的",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-24 16:37:17.382046",
         "updated_at": "2017-08-24 16:37:17.382046",
         "children": [
           {
             "id": 68470,
             "title": "目的",
             "description": "子ども達の可能性を伸ばす事ができるよう、子ども達全員が教育を受けることができるようにする事を目的としています。 \n教育と言っても小学校からというわけではなく、他の子ども達と一緒に保育園にも通っています。 \n国としては大学や専門学校などより上の勉強をしたい人たちも援助しますが、施設としては収容人数などの問題から18歳で卒業となっています。 \nそのため、進学を希望する子に対しては受験費用は免除とし、学費は奨学金と言う形で援助しています。 \nなお、勉学ではなく子どもの心を癒すという部分に関してですが、これは学業以上に重んじており、子どもの権利に関する法律を例に挙げるまでもなく職員も国も全力で対応しています。\nそのため、この施設で特別というわけではありません。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 16:37:17.383201",
             "updated_at": "2017-08-24 16:37:17.383201",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 594,
               "name": "藻女"
             }
           },
           {
             "id": 68471,
             "title": "設立の経緯",
             "description": "未来に希望を託すためには未来を担う子ども達が力を持つ必要があります。\n身体能力であれば積み重ねていくのも難しいでしょう。\nしかし、知識ならば年月を積み重ねる事で強くなっていけます。\n何より真理がわれらを自由にするという言葉があるように、子ども達が多くを知る事で沢山の可能性を見い出せるようになる事を期待されました。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 16:37:17.405343",
             "updated_at": "2017-08-24 16:37:17.405343",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 594,
               "name": "藻女"
             }
           }
         ],
         "character": {
           "id": 594,
           "name": "藻女"
         },
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 68472,
         "title": "施設の建設",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-24 16:37:17.445447",
         "updated_at": "2017-08-24 16:37:17.445447",
         "children": [
           {
             "id": 68473,
             "title": "建築家による建設",
             "description": "国の方針を示す重要な施設であるため、建築家にもその事を意識して作ってもらいました。他国からも仕事を得られるように少々洋風な作りになっています。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 16:37:17.44823",
             "updated_at": "2017-08-24 16:37:17.44823",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 594,
               "name": "藻女"
             }
           },
           {
             "id": 68474,
             "title": "地鎮祭(仏式)",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "created_at": "2017-08-24 16:37:17.468921",
             "updated_at": "2017-08-24 16:37:17.468921",
             "children": [
               {
                 "id": 68475,
                 "title": "お供え物",
                 "description": "仏棚に奉納品が供えられます。このお供えは宗派やお寺によって異なるため、確認が必要です。\n一例を挙げると果物、野菜、乾燥の海産物を三種ずつ、それに花束と塩が用いられます。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-24 16:37:17.470743",
                 "updated_at": "2017-08-24 16:37:17.470743",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 594,
                   "name": "藻女"
                 }
               },
               {
                 "id": 68476,
                 "title": "法話",
                 "description": "仏式の地鎮祭は神式と異なり、土地ではなく人を浄めるために行われます。法話の内容はその時々で変えられていますが、目的は変わらず人々を浄めるために行われます。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-24 16:37:17.489862",
                 "updated_at": "2017-08-24 16:37:17.489862",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 594,
                   "name": "藻女"
                 }
               },
               {
                 "id": 68477,
                 "title": "合掌礼拝",
                 "description": "仏様への敬意や感謝を示すものであり、地鎮祭の始まりを伝えるものでもあります。細かなやり方は宗派により異なります。また地鎮祭の特徴から全ての人が同じ宗派とも限らないため、厳しく決まりを守る必要がない場合が多いです。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-24 16:37:17.510341",
                 "updated_at": "2017-08-24 17:33:32.111059",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 594,
                   "name": "藻女"
                 }
               },
               {
                 "id": 68478,
                 "title": "三奉請",
                 "description": "「請じたてまつる弥陀世尊、道場に入りたまえ\n 請じたてまつる釈迦如来、道場に入りたまえ\n 請じたてまつる十方如来、道場に入りたまえ」\nという意味で仏さまをお招きするためのものです。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-24 16:37:17.542956",
                 "updated_at": "2017-08-24 16:37:17.542956",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 594,
                   "name": "藻女"
                 }
               },
               {
                 "id": 69591,
                 "title": "地鎮祭",
                 "description": "仏式の地鎮祭もまた宗派により大きく異なる事があります。そのため、ここに挙げた例とは異なる地鎮祭を行う場合もあるため注意が必要です",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-24 17:52:48.782421",
                 "updated_at": "2017-08-24 17:52:48.782421",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 594,
                   "name": "藻女"
                 }
               },
               {
                 "id": 69592,
                 "title": "表白",
                 "description": "起工式を誰によって行われるか仏様に伝え、起工式に至れた仏さまの加護に感謝し、つつがなく工事が終わる事を願うものです。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-24 17:52:48.81529",
                 "updated_at": "2017-08-24 17:52:48.81529",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 594,
                   "name": "藻女"
                 }
               },
               {
                 "id": 69593,
                 "title": "讃仏偈",
                 "description": "これは法蔵菩薩が世自在王如来の威徳を讃え、自身の願いを告げた偈です。\nこれが行われている間に参列者が焼香を行います。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-24 17:52:48.836373",
                 "updated_at": "2017-08-24 17:52:48.836373",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 594,
                   "name": "藻女"
                 }
               },
               {
                 "id": 69594,
                 "title": "短念仏、回向句",
                 "description": "短念仏とは念仏を10回唱えるものであり、回向句は宗派によって内容は違っているものの、仏様や経典の功徳を他に振り向けようと願うことです。\n",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-24 17:52:48.854973",
                 "updated_at": "2017-08-24 17:52:48.854973",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 594,
                   "name": "藻女"
                 }
               },
               {
                 "id": 69595,
                 "title": "浄地鍬入",
                 "description": "神式の鍬入れの儀と同じく鍬を使った儀式。宗派により細かな違いはあるものの、神式と違い、参列者全員が鍬入れに参加することもあります。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-24 17:52:48.886485",
                 "updated_at": "2017-08-24 17:52:48.886485",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 594,
                   "name": "藻女"
                 }
               },
               {
                 "id": 69596,
                 "title": "終わりの合掌礼拝",
                 "description": "合掌礼拝とは仏様への敬意や感謝を示すものであり、これは無事に地鎮祭が終えられたことを伝えるものでもあります。",
                 "part_type": "part",
                 "created_at": "2017-08-24 17:52:48.906487",
                 "updated_at": "2017-08-24 17:52:48.906487",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 594,
                   "name": "藻女"
                 }
               }
             ],
             "character": {
               "id": 594,
               "name": "藻女"
             },
             "expanded": true
           }
         ],
         "character": {
           "id": 594,
           "name": "藻女"
         },
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 69597,
         "title": "関連事業",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-24 17:52:48.927851",
         "updated_at": "2017-08-24 17:52:48.927851",
         "children": [
           {
             "id": 69598,
             "title": "子育て相談",
             "description": "子育ての悩みの相談を受け付けています。直接訪問でも手紙でも相談方法は問いません。\nこれもまた子ども達がより幸せに暮らせるようにするための活動の一環です。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 17:52:48.928962",
             "updated_at": "2017-08-24 17:52:48.928962",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 594,
               "name": "藻女"
             }
           },
           {
             "id": 69599,
             "title": "子ども悩み相談",
             "description": "子ども達の悩みの相談を受け付けています。直接訪問でも手紙でも相談方法は問いません。\n子ども達も一人の人間として真摯に子ども達の悩みと向き合うようにされています。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-24 17:52:48.946977",
             "updated_at": "2017-08-24 17:52:48.946977",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 594,
               "name": "藻女"
             }
           }
         ],
         "character": {
           "id": 594,
           "name": "藻女"
         },
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 80502,
         "title": "所属職員の職業",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-27 05:09:10.469349",
         "updated_at": "2017-08-27 05:09:10.469349",
         "children": [
           {
             "id": 80503,
             "title": "保育士",
             "description": "帝国での基準ではなく神聖巫連盟の基準に合致するより水準の高い保育士が所属しています。\n彼らに憧れ施設を卒業した者で保育士を目指す者も大勢います。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-27 05:09:10.472167",
             "updated_at": "2017-08-27 05:09:10.472167",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 594,
               "name": "藻女"
             }
           },
           {
             "id": 80504,
             "title": "巫の調理師",
             "description": "大勢の子ども達の食事を用意するために専門の調理師を確保しています。大勢の食事を一度に用意するため、個人経営の料理店と比べても大きな鍋を用いて料理しています。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-27 05:09:10.499193",
             "updated_at": "2017-08-27 05:09:10.499193",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 594,
               "name": "藻女"
             }
           }
         ],
         "character": {
           "id": 594,
           "name": "藻女"
         },
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 80505,
         "title": "里親について",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-27 05:09:10.553809",
         "updated_at": "2017-08-27 05:09:10.553809",
         "children": [
           {
             "id": 80506,
             "title": "里親候補の調査",
             "description": "児童の権利に関する法律に従い、子どもが里親の元で育つことが子どもの益になるか里親の素性を調査し、問題ないか判断されます。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-27 05:09:10.555714",
             "updated_at": "2017-08-27 05:09:10.555714",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 594,
               "name": "藻女"
             }
           },
           {
             "id": 80507,
             "title": "里親候補との面談",
             "description": "職員と里親で面談し、子どもを託せるほど信頼が出来そうか面談をします。その後子どもも交えて面談をし、信頼がおけそうだと判断された場合に里親の元へ向かいます。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-27 05:09:10.578159",
             "updated_at": "2017-08-27 05:09:10.578159",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 594,
               "name": "藻女"
             }
           },
           {
             "id": 80508,
             "title": "短期委託",
             "description": "調査と面談だけで生涯を託すのは不安がある場合は短期委託という形で様子を見る場合があります。また短期ではなく託した場合であっても手紙などで施設とのやり取りを続けています。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-27 05:09:10.601419",
             "updated_at": "2017-08-27 05:09:10.601419",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 594,
               "name": "藻女"
             }
           }
         ],
         "character": {
           "id": 594,
           "name": "藻女"
         },
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 82269,
         "title": "所在地",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-27 12:33:16.25029",
         "updated_at": "2017-08-27 12:33:16.25029",
         "children": [
           {
             "id": 82270,
             "title": "太陽都市西部",
             "description": "周囲は田畑であり、その影響で施設でも田畑を育てている。これは少しでも他所からの支援への依存を減らす努力ですが、この経験から農家の道を目指す者も出ているなど影響力もあるようです。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-27 12:33:16.282574",
             "updated_at": "2017-08-27 12:33:16.282574",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 594,
               "name": "藻女"
             }
           }
         ],
         "character": {
           "id": 594,
           "name": "藻女"
         },
         "expanded": true
       }
     ],
     "character": {
       "id": 594,
       "name": "藻女"
     },
     "expanded": true
   }
 ]