※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 神聖巫連盟の一般的な住居 RD:14 評価値:6
    • 大部品: 寮 RD:2 評価値:1
      • 部品: 職員寮
      • 部品: 学生寮
    • 大部品: 長屋 RD:4 評価値:3
      • 部品: 窓が少ない
      • 部品: 共同トイレ
      • 部品: 共同井戸
      • 部品: 長屋の材料
    • 大部品: 曲り家 RD:3 評価値:2
      • 部品: 曲り家の特徴
      • 部品: 厩
      • 部品: 暖房
    • 大部品: 舟屋 RD:2 評価値:1
      • 部品: 舟置き場
      • 部品: 舟屋の特徴
    • 大部品: 家のようなもの RD:3 評価値:2
      • 部品: 簡素な材質
      • 部品: 僅かな耐久性
      • 部品: 創意工夫



部品定義


部品: 職員寮

職員を職場近くに住まわせるために作られた住居。その職場の組織によって独身者限定などの条件が付く場合もある。
主に木造二階建。

部品: 学生寮

高等教育を受けるための教育施設の近くに作られる寮。職員寮との違いは入寮の対象者が職員か学生かという点です。また、学生が対象という特徴から入寮している期間は長くても10年を超えない。

部品: 窓が少ない

両端の部屋以外では四方のうち二面を隣家と接しているため、窓は残りの二方面にしか用意できず、明り取りは一軒家と比べて不便になっています。
風は夏の涼しさを確保しようとした設計のため見た目と異なり風通しはよくなっています。

部品: 共同トイレ

個別のトイレはなく共同トイレがあるのみです。汲み取り業者が定期的に訪れて買い取っていき、清潔を保っています。

部品: 共同井戸

地下水をくみ上げるもので、朝の水汲みは朝の風物詩となっています。共同井戸のため、長屋のみんなで協力して定期的に掃除も行っています。

部品: 長屋の材料

長屋は木造家屋です。災害時には耐えるよりも倒れてもまた作り直すことを念頭に作られています。そのため、火災の時などは貴重品を持ち出せるように普段から用意されています。


部品: 曲り家の特徴

母屋と馬屋が一体となったL字型の木造の住宅。馬と共に暮らす地方での住宅であり、都市部ではなく山間の田舎の村や町に存在する。

部品: 厩

雪が積もって外出が難しい場合であっても厩と母屋がつながっているために変わらずお世話ができます。距離が近い事から他の地域以上に馬が大切にされている。

部品: 暖房

竈の暖気が厩に流れ込むようになっています。これにより母屋と異なり囲炉裏もない厩であっても馬が凍える事はありません。

部品: 舟置き場

舟屋の一番の特徴。一階には舟置き場があり、海、もしくは湖に面しており、そのまま水上を移動できるようになっている。

部品: 舟屋の特徴

一階の舟置き場であり、作業場であり倉庫となっています。そして住居としての空間は2階に集約されています。
潮につよい建材を使った木造建築となっています。

部品: 簡素な材質

家のようなもの。つまり家ではない。藁や草、布や石、トタンやレンガ、や段ボール、とにかくなにか遮蔽できそうなものを積み重ねて屋根を作っただけのもの。作るのは簡単ではあるものの、耐久性は期待できない。

部品: 僅かな耐久性

弱い雨風を耐える事は出来るものの、強い風が吹くだけで吹き飛ぶ儚い存在。そのため、増水時には水底に沈むため居住が認められない河川の橋の下などで暮らすものもいる。

部品: 創意工夫

巫の民ではあるため、どれほど堕ちようとも物作りに拘りを入れてしまう性からは逃げられない。
使う素材も道具も大したものではないものの、時に人の目を奪う魅力的な作品に仕上げてしまう事もある。



提出書式


 大部品: 神聖巫連盟の一般的な住居 RD:14 評価値:6
 -大部品: 寮 RD:2 評価値:1
 --部品: 職員寮
 --部品: 学生寮
 -大部品: 長屋 RD:4 評価値:3
 --部品: 窓が少ない
 --部品: 共同トイレ
 --部品: 共同井戸
 --部品: 長屋の材料
 -大部品: 曲り家 RD:3 評価値:2
 --部品: 曲り家の特徴
 --部品: 厩
 --部品: 暖房
 -大部品: 舟屋 RD:2 評価値:1
 --部品: 舟置き場
 --部品: 舟屋の特徴
 -大部品: 家のようなもの RD:3 評価値:2
 --部品: 簡素な材質
 --部品: 僅かな耐久性
 --部品: 創意工夫
 
 
 部品: 職員寮
 職員を職場近くに住まわせるために作られた住居。その職場の組織によって独身者限定などの条件が付く場合もある。
 主に木造二階建。
 
 部品: 学生寮
 高等教育を受けるための教育施設の近くに作られる寮。職員寮との違いは入寮の対象者が職員か学生かという点です。また、学生が対象という特徴から入寮している期間は長くても10年を超えない。
 
 部品: 窓が少ない
 両端の部屋以外では四方のうち二面を隣家と接しているため、窓は残りの二方面にしか用意できず、明り取りは一軒家と比べて不便になっています。
 風は夏の涼しさを確保しようとした設計のため見た目と異なり風通しはよくなっています。
 
 部品: 共同トイレ
 個別のトイレはなく共同トイレがあるのみです。汲み取り業者が定期的に訪れて買い取っていき、清潔を保っています。
 
 部品: 共同井戸
 地下水をくみ上げるもので、朝の水汲みは朝の風物詩となっています。共同井戸のため、長屋のみんなで協力して定期的に掃除も行っています。
 
 部品: 長屋の材料
 長屋は木造家屋です。災害時には耐えるよりも倒れてもまた作り直すことを念頭に作られています。そのため、火災の時などは貴重品を持ち出せるように普段から用意されています。
 
 
 部品: 曲り家の特徴
 母屋と馬屋が一体となったL字型の木造の住宅。馬と共に暮らす地方での住宅であり、都市部ではなく山間の田舎の村や町に存在する。
 
 部品: 厩
 雪が積もって外出が難しい場合であっても厩と母屋がつながっているために変わらずお世話ができます。距離が近い事から他の地域以上に馬が大切にされている。
 
 部品: 暖房
 竈の暖気が厩に流れ込むようになっています。これにより母屋と異なり囲炉裏もない厩であっても馬が凍える事はありません。
 
 部品: 舟置き場
 舟屋の一番の特徴。一階には舟置き場があり、海、もしくは湖に面しており、そのまま水上を移動できるようになっている。
 
 部品: 舟屋の特徴
 一階の舟置き場であり、作業場であり倉庫となっています。そして住居としての空間は2階に集約されています。
 潮につよい建材を使った木造建築となっています。
 
 部品: 簡素な材質
 家のようなもの。つまり家ではない。藁や草、布や石、トタンやレンガ、や段ボール、とにかくなにか遮蔽できそうなものを積み重ねて屋根を作っただけのもの。作るのは簡単ではあるものの、耐久性は期待できない。
 
 部品: 僅かな耐久性
 弱い雨風を耐える事は出来るものの、強い風が吹くだけで吹き飛ぶ儚い存在。そのため、増水時には水底に沈むため居住が認められない河川の橋の下などで暮らすものもいる。
 
 部品: 創意工夫
 巫の民ではあるため、どれほど堕ちようとも物作りに拘りを入れてしまう性からは逃げられない。
 使う素材も道具も大したものではないものの、時に人の目を奪う魅力的な作品に仕上げてしまう事もある。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 72000,
     "title": "神聖巫連盟の一般的な住居",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-08-25 11:30:42.676206",
     "updated_at": "2017-08-25 11:30:42.676206",
     "character_id": 594,
     "children": [
       {
         "id": 72001,
         "title": "寮",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": 594,
         "children": [
           {
             "id": 72002,
             "title": "職員寮",
             "description": "職員を職場近くに住まわせるために作られた住居。その職場の組織によって独身者限定などの条件が付く場合もある。\n主に木造二階建。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 594,
             "children": []
           },
           {
             "id": 72003,
             "title": "学生寮",
             "description": "高等教育を受けるための教育施設の近くに作られる寮。職員寮との違いは入寮の対象者が職員か学生かという点です。また、学生が対象という特徴から入寮している期間は長くても10年を超えない。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 594,
             "children": []
           }
         ]
       },
       {
         "id": 72004,
         "title": "長屋",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": 594,
         "children": [
           {
             "id": 72005,
             "title": "窓が少ない",
             "description": "両端の部屋以外では四方のうち二面を隣家と接しているため、窓は残りの二方面にしか用意できず、明り取りは一軒家と比べて不便になっています。\n風は夏の涼しさを確保しようとした設計のため見た目と異なり風通しはよくなっています。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 594,
             "children": []
           },
           {
             "id": 72006,
             "title": "共同トイレ",
             "description": "個別のトイレはなく共同トイレがあるのみです。汲み取り業者が定期的に訪れて買い取っていき、清潔を保っています。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 594,
             "children": []
           },
           {
             "id": 72007,
             "title": "共同井戸",
             "description": "地下水をくみ上げるもので、朝の水汲みは朝の風物詩となっています。共同井戸のため、長屋のみんなで協力して定期的に掃除も行っています。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 594,
             "children": []
           },
           {
             "id": 72008,
             "title": "長屋の材料",
             "description": "長屋は木造家屋です。災害時には耐えるよりも倒れてもまた作り直すことを念頭に作られています。そのため、火災の時などは貴重品を持ち出せるように普段から用意されています。\n",
             "part_type": "part",
             "character_id": 594,
             "children": []
           }
         ]
       },
       {
         "id": 72009,
         "title": "曲り家",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": 594,
         "children": [
           {
             "id": 72010,
             "title": "曲り家の特徴",
             "description": "母屋と馬屋が一体となったL字型の木造の住宅。馬と共に暮らす地方での住宅であり、都市部ではなく山間の田舎の村や町に存在する。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 594,
             "children": []
           },
           {
             "id": 72011,
             "title": "厩",
             "description": "雪が積もって外出が難しい場合であっても厩と母屋がつながっているために変わらずお世話ができます。距離が近い事から他の地域以上に馬が大切にされている。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 594,
             "children": []
           },
           {
             "id": 72012,
             "title": "暖房",
             "description": "竈の暖気が厩に流れ込むようになっています。これにより母屋と異なり囲炉裏もない厩であっても馬が凍える事はありません。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 594,
             "children": []
           }
         ]
       },
       {
         "id": 72013,
         "title": "舟屋",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": 594,
         "children": [
           {
             "id": 72014,
             "title": "舟置き場",
             "description": "舟屋の一番の特徴。一階には舟置き場があり、海、もしくは湖に面しており、そのまま水上を移動できるようになっている。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 594,
             "children": []
           },
           {
             "id": 72015,
             "title": "舟屋の特徴",
             "description": "一階の舟置き場であり、作業場であり倉庫となっています。そして住居としての空間は2階に集約されています。\n潮につよい建材を使った木造建築となっています。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 594,
             "children": []
           }
         ]
       },
       {
         "id": 72016,
         "title": "家のようなもの",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": 594,
         "children": [
           {
             "id": 72017,
             "title": "簡素な材質",
             "description": "家のようなもの。つまり家ではない。藁や草、布や石、トタンやレンガ、や段ボール、とにかくなにか遮蔽できそうなものを積み重ねて屋根を作っただけのもの。作るのは簡単ではあるものの、耐久性は期待できない。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 594,
             "children": []
           },
           {
             "id": 72018,
             "title": "僅かな耐久性",
             "description": "弱い雨風を耐える事は出来るものの、強い風が吹くだけで吹き飛ぶ儚い存在。そのため、増水時には水底に沈むため居住が認められない河川の橋の下などで暮らすものもいる。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 594,
             "children": []
           },
           {
             "id": 72019,
             "title": "創意工夫",
             "description": "巫の民ではあるため、どれほど堕ちようとも物作りに拘りを入れてしまう性からは逃げられない。\n使う素材も道具も大したものではないものの、時に人の目を奪う魅力的な作品に仕上げてしまう事もある。",
             "part_type": "part",
             "character_id": 594,
             "children": []
           }
         ]
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]