※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 卸売会社(低物理版) RD:8 評価値:5
    • 大部品: 来歴 RD:2 評価値:1
      • 部品: 卸売業の誕生(低物理版)
      • 部品: 交通手段の商業利用(低物理版)
    • 大部品: 経営形態 RD:6 評価値:4
      • 部品: 事業内容
      • 部品: 卸売業の社会に対する役割
      • 部品: 就業認可と義務
      • 部品: 取り扱い品目
      • 部品: 組織規模
      • 部品: 禁止事項



部品定義


部品: 卸売業の誕生(低物理版)

馬車などの交通手段の普及は、交通量の増加だけでなく、商取引の増加も促した。
その結果、生産業者と販売業者を繋ぐ業態として、卸売業が生まれることとなる。

部品: 交通手段の商業利用(低物理版)

馬車に始まる低物理域の交通手段の誕生は、ヒトを運ぶだけでなく、モノを運ぶことにも使用されるようになっていった。
その結果、「運ぶこと」を利用した企業形態が生まれることになる

部品: 事業内容

工場や農耕地などで生産されたものを買い付け、それを小売業者へ販売することを業務としている。
取引先は、大手企業から個人商店まで、幅広く行う。

部品: 卸売業の社会に対する役割

卸売業は生産側と小売側の中間に位置するため、必要以上に利益を追求しすぎれば、物価の高騰を招いてしまう危険性を孕んでいる。
そのため、必要最低源の利益での卸売を行うことで、物価が上がり過ぎないように調整する役割も持つ。

部品: 就業認可と義務

卸売事業を行う場合は、国からの認可を必要とする。認可前に申請を行い、企業としての信頼性が得られるのであれば認可され、操業が可能となる。年に2回、上下半期に決算を行い、経営状態の報告を義務付けられている。
また、仕入れ先からの購入取引、小売業者への販売取引に関する記録台帳は、それぞれ5年の保持が義務付けられており、場合によっては国からの情報開示を求められることもあり、その場合は開示する義務を負う。

部品: 取り扱い品目

多くの場合、卸売業で取り扱う商品は、企業によって異なることが多い。果実などの生鮮食品に強い業者もあれば、一般雑貨に強い業者もあるように、それぞれ得意な品目が異なるのだ。

部品: 組織規模

会社、事業所の規模によって変わるが、小売業者への運送、事務作業を行うための人員や、馬などの世話を行う者も含めて30人程度が在籍する企業が多く、社屋には運送に必要な荷車を収める車庫、引くための馬のための厩舎、商品を収める倉庫が併設されることが多い。

部品: 禁止事項

国によって取扱が禁止されているモノ(例:麻薬性の強い薬物や、人間に代表される生物、爆発の危険性が高いものなど)の取扱は禁止されている。
馬車や荷車だけでなく、環境を汚染する品の取り扱いも禁止されている。同一国家内の卸売業者間取引も、物価の高騰を招く可能性があるため、禁止されている。
運送作業中の泥酔や暴力行為、同業他社や取引先への営業妨害も禁止されている。



提出書式


 大部品: 卸売会社(低物理版) RD:8 評価値:5
 -大部品: 来歴 RD:2 評価値:1
 --部品: 卸売業の誕生(低物理版)
 --部品: 交通手段の商業利用(低物理版)
 -大部品: 経営形態 RD:6 評価値:4
 --部品: 事業内容
 --部品: 卸売業の社会に対する役割
 --部品: 就業認可と義務
 --部品: 取り扱い品目
 --部品: 組織規模
 --部品: 禁止事項
 
 
 部品: 卸売業の誕生(低物理版)
 馬車などの交通手段の普及は、交通量の増加だけでなく、商取引の増加も促した。
 その結果、生産業者と販売業者を繋ぐ業態として、卸売業が生まれることとなる。
 
 部品: 交通手段の商業利用(低物理版)
 馬車に始まる低物理域の交通手段の誕生は、ヒトを運ぶだけでなく、モノを運ぶことにも使用されるようになっていった。
 その結果、「運ぶこと」を利用した企業形態が生まれることになる
 
 部品: 事業内容
 工場や農耕地などで生産されたものを買い付け、それを小売業者へ販売することを業務としている。
 取引先は、大手企業から個人商店まで、幅広く行う。
 
 部品: 卸売業の社会に対する役割
 卸売業は生産側と小売側の中間に位置するため、必要以上に利益を追求しすぎれば、物価の高騰を招いてしまう危険性を孕んでいる。
 そのため、必要最低源の利益での卸売を行うことで、物価が上がり過ぎないように調整する役割も持つ。
 
 部品: 就業認可と義務
 卸売事業を行う場合は、国からの認可を必要とする。認可前に申請を行い、企業としての信頼性が得られるのであれば認可され、操業が可能となる。年に2回、上下半期に決算を行い、経営状態の報告を義務付けられている。
 また、仕入れ先からの購入取引、小売業者への販売取引に関する記録台帳は、それぞれ5年の保持が義務付けられており、場合によっては国からの情報開示を求められることもあり、その場合は開示する義務を負う。
 
 部品: 取り扱い品目
 多くの場合、卸売業で取り扱う商品は、企業によって異なることが多い。果実などの生鮮食品に強い業者もあれば、一般雑貨に強い業者もあるように、それぞれ得意な品目が異なるのだ。
 
 部品: 組織規模
 会社、事業所の規模によって変わるが、小売業者への運送、事務作業を行うための人員や、馬などの世話を行う者も含めて30人程度が在籍する企業が多く、社屋には運送に必要な荷車を収める車庫、引くための馬のための厩舎、商品を収める倉庫が併設されることが多い。
 
 部品: 禁止事項
 国によって取扱が禁止されているモノ(例:麻薬性の強い薬物や、人間に代表される生物、爆発の危険性が高いものなど)の取扱は禁止されている。
 馬車や荷車だけでなく、環境を汚染する品の取り扱いも禁止されている。同一国家内の卸売業者間取引も、物価の高騰を招く可能性があるため、禁止されている。
 運送作業中の泥酔や暴力行為、同業他社や取引先への営業妨害も禁止されている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "卸売会社(低物理版)",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "来歴",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "卸売業の誕生(低物理版)",
             "description": "馬車などの交通手段の普及は、交通量の増加だけでなく、商取引の増加も促した。\nその結果、生産業者と販売業者を繋ぐ業態として、卸売業が生まれることとなる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "交通手段の商業利用(低物理版)",
             "description": "馬車に始まる低物理域の交通手段の誕生は、ヒトを運ぶだけでなく、モノを運ぶことにも使用されるようになっていった。\nその結果、「運ぶこと」を利用した企業形態が生まれることになる",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "経営形態",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "事業内容",
             "description": "工場や農耕地などで生産されたものを買い付け、それを小売業者へ販売することを業務としている。\n取引先は、大手企業から個人商店まで、幅広く行う。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "卸売業の社会に対する役割",
             "description": "卸売業は生産側と小売側の中間に位置するため、必要以上に利益を追求しすぎれば、物価の高騰を招いてしまう危険性を孕んでいる。\nそのため、必要最低源の利益での卸売を行うことで、物価が上がり過ぎないように調整する役割も持つ。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "就業認可と義務",
             "description": "卸売事業を行う場合は、国からの認可を必要とする。認可前に申請を行い、企業としての信頼性が得られるのであれば認可され、操業が可能となる。年に2回、上下半期に決算を行い、経営状態の報告を義務付けられている。\nまた、仕入れ先からの購入取引、小売業者への販売取引に関する記録台帳は、それぞれ5年の保持が義務付けられており、場合によっては国からの情報開示を求められることもあり、その場合は開示する義務を負う。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "取り扱い品目",
             "description": "多くの場合、卸売業で取り扱う商品は、企業によって異なることが多い。果実などの生鮮食品に強い業者もあれば、一般雑貨に強い業者もあるように、それぞれ得意な品目が異なるのだ。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "組織規模",
             "description": "会社、事業所の規模によって変わるが、小売業者への運送、事務作業を行うための人員や、馬などの世話を行う者も含めて30人程度が在籍する企業が多く、社屋には運送に必要な荷車を収める車庫、引くための馬のための厩舎、商品を収める倉庫が併設されることが多い。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "禁止事項",
             "description": "国によって取扱が禁止されているモノ(例:麻薬性の強い薬物や、人間に代表される生物、爆発の危険性が高いものなど)の取扱は禁止されている。\n馬車や荷車だけでなく、環境を汚染する品の取り扱いも禁止されている。同一国家内の卸売業者間取引も、物価の高騰を招く可能性があるため、禁止されている。\n運送作業中の泥酔や暴力行為、同業他社や取引先への営業妨害も禁止されている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]