※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

製作者:藻女

部品構造


  • 大部品: カウンセリング施設 RD:14 評価値:6
    • 大部品: 施設 RD:6 評価値:4
      • 大部品: カウンセリング室 RD:2 評価値:1
        • 部品: 複数の部屋
        • 部品: 明るい室内
      • 大部品: 待合室 RD:2 評価値:1
        • 部品: 広いスペース
        • 部品: 本棚
      • 大部品: 診察室 RD:2 評価値:1
        • 部品: 医者の診療
        • 部品: カルテ
    • 大部品: 職員 RD:6 評価値:4
      • 部品: 医者
      • 部品: 臨床心理士
      • 部品: 事務員
      • 部品: 薬剤師
      • 部品: 清掃人
      • 部品: 庭師
    • 大部品: 庭園 RD:2 評価値:1
      • 部品: 歩道
      • 部品: 内容



部品定義


部品: 複数の部屋

相手に合わせて複数の部屋を用意しています。外にカウンセリングの内容がもれないよう、防音には気を使っています。

部品: 明るい室内

防音には気を付けていますが、そのせいで暗くなりすぎないよう内装には工夫を凝らされています。
落ち着いた雰囲気でカウンセリングを受けられるようにするためです。

部品: 広いスペース

圧迫されないよう室内の空間を広く作り、また窓も大きくするなど広々としたゆとりのある空間を作り、負担を少しでも減らせるようにしています。

部品: 本棚

病気に関する資料や待合室で待っている間に読んでいられる本などが置かれています。本棚は蔵書が少ない事もあり大量に保管できるようにというよりは視認性を重視した造りになっています。

部品: 医者の診療

薬物療法を行う場合は薬を使用するという事で医者の診療が必要になります。
そのため医師による診療が行われます。

部品: カルテ

診療を受けた者の住所、氏名、性別及び年齢や病名及び主要症状、処方及び処置、診察の日付と時刻を記載したもの。
診療録とも言われるものです。
これにより別の施設で診察を受ける場合でも1から診察を始めなくてすむようになっています。

部品: 医者

病院に配属されている医師。一般的な病院の医師と異なり、身体ではなく心を癒す手伝いをするのが主な仕事となります。

部品: 臨床心理士

相談者が抱える種々の精神疾患や心身症、精神心理的問題・不適応行動などの援助、改善、予防、研究、あるいは人々の精神的健康の回復、保持、増進、教育への寄与を職務内容とする心理職専門家。
医師と異なり薬を処方する事は出来ないため薬物療法は行えないものの、病気とは言わないような心の問題の相談にも対応しています。

部品: 事務員

施設の受付、対応、案内、資料整理を行う大事な部署。施設利用者のプライバシーに触れる機会は多く、個人情報の漏洩を防ぐ上でも重要な仕事です。

部品: 薬剤師

施設の内容から一般的な病院よりも扱う薬剤が限られているもののそれ以外の違いはありません。
薬剤の管理、診療室からの処方箋による薬剤の受け渡しを行い、その際の薬剤のチェックも並行して行っています。


部品: 清掃人

施設に配属された清掃人。施設を清潔に、明るく保つため、主に施設の掃除全般を行っている。また用務員としての仕事も行っており、設備、備品で交換が必要になった場合の交換も行ってる。

部品: 庭師

施設の庭園を作り、整備する仕事をしている。剪定や草木を育てたり植えたりするだけでなく、庭石の配置や歩道をどう作るかといった事を含め庭園に関する事の全般を行っている。


部品: 歩道

施設利用者が見て回る事を想定されているため、移動しやすく作られている。
また心を少しでも癒せるように歩道から見られる事を前提に庭園は造られています。

部品: 内容

庭園は人工的に作られたものではありますが、人工物だからこそ安全に自然を感じさせる事が出来るものに仕上げられています。
また季節の移ろいを感じられるように草木も定期的に入れ替えられています。




提出書式


 大部品: カウンセリング施設 RD:14 評価値:6
 -大部品: 施設 RD:6 評価値:4
 --大部品: カウンセリング室 RD:2 評価値:1
 ---部品: 複数の部屋
 ---部品: 明るい室内
 --大部品: 待合室 RD:2 評価値:1
 ---部品: 広いスペース
 ---部品: 本棚
 --大部品: 診察室 RD:2 評価値:1
 ---部品: 医者の診療
 ---部品: カルテ
 -大部品: 職員 RD:6 評価値:4
 --部品: 医者
 --部品: 臨床心理士
 --部品: 事務員
 --部品: 薬剤師
 --部品: 清掃人
 --部品: 庭師
 -大部品: 庭園 RD:2 評価値:1
 --部品: 歩道
 --部品: 内容
 
 
 部品: 複数の部屋
 相手に合わせて複数の部屋を用意しています。外にカウンセリングの内容がもれないよう、防音には気を使っています。
 
 部品: 明るい室内
 防音には気を付けていますが、そのせいで暗くなりすぎないよう内装には工夫を凝らされています。
 落ち着いた雰囲気でカウンセリングを受けられるようにするためです。
 
 部品: 広いスペース
 圧迫されないよう室内の空間を広く作り、また窓も大きくするなど広々としたゆとりのある空間を作り、負担を少しでも減らせるようにしています。
 
 部品: 本棚
 病気に関する資料や待合室で待っている間に読んでいられる本などが置かれています。本棚は蔵書が少ない事もあり大量に保管できるようにというよりは視認性を重視した造りになっています。
 
 部品: 医者の診療
 薬物療法を行う場合は薬を使用するという事で医者の診療が必要になります。
 そのため医師による診療が行われます。
 
 部品: カルテ
 診療を受けた者の住所、氏名、性別及び年齢や病名及び主要症状、処方及び処置、診察の日付と時刻を記載したもの。
 診療録とも言われるものです。
 これにより別の施設で診察を受ける場合でも1から診察を始めなくてすむようになっています。
 
 部品: 医者
 病院に配属されている医師。一般的な病院の医師と異なり、身体ではなく心を癒す手伝いをするのが主な仕事となります。
 
 部品: 臨床心理士
 相談者が抱える種々の精神疾患や心身症、精神心理的問題・不適応行動などの援助、改善、予防、研究、あるいは人々の精神的健康の回復、保持、増進、教育への寄与を職務内容とする心理職専門家。
 医師と異なり薬を処方する事は出来ないため薬物療法は行えないものの、病気とは言わないような心の問題の相談にも対応しています。
 
 部品: 事務員
 施設の受付、対応、案内、資料整理を行う大事な部署。施設利用者のプライバシーに触れる機会は多く、個人情報の漏洩を防ぐ上でも重要な仕事です。
 
 部品: 薬剤師
 施設の内容から一般的な病院よりも扱う薬剤が限られているもののそれ以外の違いはありません。
 薬剤の管理、診療室からの処方箋による薬剤の受け渡しを行い、その際の薬剤のチェックも並行して行っています。
 
 
 部品: 清掃人
 施設に配属された清掃人。施設を清潔に、明るく保つため、主に施設の掃除全般を行っている。また用務員としての仕事も行っており、設備、備品で交換が必要になった場合の交換も行ってる。
 
 部品: 庭師
 施設の庭園を作り、整備する仕事をしている。剪定や草木を育てたり植えたりするだけでなく、庭石の配置や歩道をどう作るかといった事を含め庭園に関する事の全般を行っている。
 
 
 部品: 歩道
 施設利用者が見て回る事を想定されているため、移動しやすく作られている。
 また心を少しでも癒せるように歩道から見られる事を前提に庭園は造られています。
 
 部品: 内容
 庭園は人工的に作られたものではありますが、人工物だからこそ安全に自然を感じさせる事が出来るものに仕上げられています。
 また季節の移ろいを感じられるように草木も定期的に入れ替えられています。
 
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "カウンセリング施設",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "施設",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "カウンセリング室",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "複数の部屋",
                 "description": "相手に合わせて複数の部屋を用意しています。外にカウンセリングの内容がもれないよう、防音には気を使っています。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "明るい室内",
                 "description": "防音には気を付けていますが、そのせいで暗くなりすぎないよう内装には工夫を凝らされています。\n落ち着いた雰囲気でカウンセリングを受けられるようにするためです。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": false
           },
           {
             "title": "待合室",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "広いスペース",
                 "description": "圧迫されないよう室内の空間を広く作り、また窓も大きくするなど広々としたゆとりのある空間を作り、負担を少しでも減らせるようにしています。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "本棚",
                 "description": "病気に関する資料や待合室で待っている間に読んでいられる本などが置かれています。本棚は蔵書が少ない事もあり大量に保管できるようにというよりは視認性を重視した造りになっています。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": false
           },
           {
             "title": "診察室",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "医者の診療",
                 "description": "薬物療法を行う場合は薬を使用するという事で医者の診療が必要になります。\nそのため医師による診療が行われます。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "カルテ",
                 "description": "診療を受けた者の住所、氏名、性別及び年齢や病名及び主要症状、処方及び処置、診察の日付と時刻を記載したもの。\n診療録とも言われるものです。\nこれにより別の施設で診察を受ける場合でも1から診察を始めなくてすむようになっています。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": false
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "職員",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "医者",
             "description": "病院に配属されている医師。一般的な病院の医師と異なり、身体ではなく心を癒す手伝いをするのが主な仕事となります。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "臨床心理士",
             "description": "相談者が抱える種々の精神疾患や心身症、精神心理的問題・不適応行動などの援助、改善、予防、研究、あるいは人々の精神的健康の回復、保持、増進、教育への寄与を職務内容とする心理職専門家。\n医師と異なり薬を処方する事は出来ないため薬物療法は行えないものの、病気とは言わないような心の問題の相談にも対応しています。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "事務員",
             "description": "施設の受付、対応、案内、資料整理を行う大事な部署。施設利用者のプライバシーに触れる機会は多く、個人情報の漏洩を防ぐ上でも重要な仕事です。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "薬剤師",
             "description": "施設の内容から一般的な病院よりも扱う薬剤が限られているもののそれ以外の違いはありません。\n薬剤の管理、診療室からの処方箋による薬剤の受け渡しを行い、その際の薬剤のチェックも並行して行っています。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "清掃人",
             "description": "施設に配属された清掃人。施設を清潔に、明るく保つため、主に施設の掃除全般を行っている。また用務員としての仕事も行っており、設備、備品で交換が必要になった場合の交換も行ってる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "庭師",
             "description": "施設の庭園を作り、整備する仕事をしている。剪定や草木を育てたり植えたりするだけでなく、庭石の配置や歩道をどう作るかといった事を含め庭園に関する事の全般を行っている。\n",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "庭園",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "歩道",
             "description": "施設利用者が見て回る事を想定されているため、移動しやすく作られている。\nまた心を少しでも癒せるように歩道から見られる事を前提に庭園は造られています。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "内容",
             "description": "庭園は人工的に作られたものではありますが、人工物だからこそ安全に自然を感じさせる事が出来るものに仕上げられています。\nまた季節の移ろいを感じられるように草木も定期的に入れ替えられています。\n",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]