※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 製材所(神聖巫連盟版) RD:19 評価値:7
    • 部品: 製材所とは
    • 大部品: 製材施設(製材所・神聖) RD:12 評価値:6
      • 部品: 加工前材保管場
      • 大部品: 木材加工場(神聖) RD:6 評価値:4
        • 部品: 木材加工場とは
        • 大部品: 木材加工用機材 RD:5 評価値:3
          • 部品: 2人挽きの裁断用ノコギリ
          • 大部品: 加工用ノコギリ(水車動力式) RD:3 評価値:2
            • 部品: 動力用水車
            • 部品: 動力伝達用歯車
            • 部品: 動力式ノコギリ
          • 部品: 加工用手持ちノコギリ
      • 部品: 出荷前検品場
      • 部品: 加工済材保管場
      • 部品: 資材保管庫
      • 大部品: 外構部(製材所・神聖) RD:2 評価値:1
        • 部品: 外壁部(製材所)
        • 部品: 船着き場(製材所)
    • 大部品: 作業上の安全に関する事項 RD:5 評価値:3
      • 部品: 機材の確認と補修・修理に関する事項
      • 部品: 巻き込み注意
      • 部品: 熟練者による教育
      • 部品: 異常発生時の情報伝達に関する事項
      • 部品: 作業後の道具の管理に関する事項
    • 部品: 製材所の立ち入りに関する制限



部品定義


部品: 製材所とは

製材所とは、切り出された丸太などを、木材に加工する場所である。
ここで加工された木材は、建築に使用するものや、日用品の材料になるものなど、多様なものに使用される。
水車を動力として一部利用する関係上、河川の流域付近に建設される。

部品: 加工前材保管場

丸太や間伐された枝など、木材として加工される前のものが、ここに最初に運び込まれ、保管される。
保管時は積まれたものが崩れないよう、束ねられている。
材料となる木の種類や大きさなどを基に、分類・配置されており、加工することになった木材は、木材加工場へと運ばれる。

部品: 木材加工場とは

加工前材保管場から運び込まれたものを、木材に加工する場所である。
ここで角材などに加工し、建築用途資材などに使用することができるようにする。加工が完了したものは、出荷前検品場に運ばれる。
また、水車の動力を確保する関係上、河川の近くに建設される

部品: 2人挽きの裁断用ノコギリ

材料が大型の丸太であった場合、指定されたサイズまで裁断する必要がある。そこで使われるのが、この大型のノコギリである。
両端を一人ずつ持ち、タイミングを合わせて挽くことで、丸太を裁断する。


部品: 動力用水車

木材加工場が建設された場所の付近を流れる河川を利用する、円形の水車。
河川の水の流れを利用し、回転することで、動力を生み出すことができる。

部品: 動力伝達用歯車

水車の回転によって生み出された動力を、動力式ノコギリに伝達するための歯車。レバーによって動力伝達のon/offが可能。

部品: 動力式ノコギリ

角材など、曲面をそぎ落とす加工が必要となる材の加工に使用される大型のノコギリ。
動力伝達用歯車によって送られる動力で稼働し、木材を加工する。

部品: 加工用手持ちノコギリ

小型のものを加工する場合に使用されるノコギリ。片手に1本しか持てず、使用するときは木材を片方の手で固定するため、一本しか使えない。
木材を切断する道具。繊維に対してどう切るのに適しているかによって縦挽、横挽のものがある。また斜め方向に切るのに適した茨目と呼ばれる刃の形もある。


部品: 出荷前検品場

木材加工場で加工された木材は、ここで品質チェックを行われる。出荷基準に満たないものは規格外品に分類されることになる。

部品: 加工済材保管場

出荷前検品場から運ばれてきた、検品済の木材はここで保管されることになる。
木の種類や大きさだけでなく、形状や品質などによっても分類される。出荷される場合は、ここから運び出されることになる。
保管時は積まれた木材が崩れないように、束ねて固定されている。
検品済みの木材が泥や雨水などで汚れないように、屋根や壁のある倉庫状のものが建てられている。

部品: 資材保管庫

機材の簡易的な補修に関するものや、ノコギリなどの交換部品、ケガをした時に使用する応急医療品などを収めた倉庫。
河川の増水による冠水などに備えて、土嚢も保管されている。
通常は施錠されており、勤務する職員にしか開けられないようになっている。

部品: 外壁部(製材所)

施設を囲むように木の杭や板で出来た柵が配置されており、作業員や搬入用の出入口が設けられている。
搬入出用の船着き場部分は、搬入出に十分なスペースが確保されている。

部品: 船着き場(製材所)

木材を河川を利用して運び出す場合に使用される、船着き場。川岸部分に設置されている。
大型の貨物船は係留できない。交換用の係留ロープの保管庫も併設されており、この保管庫は職員しか立ち入ることができない。

部品: 機材の確認と補修・修理に関する事項

ノコギリなどの刃物を扱うため、作業前・作業後には、機材の確認を行う。
動作の確認や、交換が必要な部分や故障の有無などを確認だけでなく、ノコギリの刃こぼれなども確認することになっている。
機材の確認によって特定された部分で、簡易的な補修で済む場合は補修を行う。
修理が必要と判断された場合は、業者を呼ぶことで対処する。

部品: 巻き込み注意

大型の刃物を扱う関係上、手や服の袖、足などが巻き込まれ、大きなケガをすることがある。
そのような巻き込み事故を防止するため、作業時は注意することを義務付けられている。

部品: 熟練者による教育

作業に慣れていない新人の作業者が加工に携わる場合、必ず作業の熟練者と組み、教育を施されることになっている。
これにより、安全に作業をする上での注意点や、機材の正しい扱い方などを学ぶことができる。

部品: 異常発生時の情報伝達に関する事項

製材所で扱うのは、加工用の機材だけでなく、大型の丸太なども扱うことがあるため、安全には気を配らなくてはならない。
そのため、不測の事態が発生したり、何らかの異常が発生した場合などに備え、報告・連絡・相談の情報伝達が徹底されている。

部品: 作業後の道具の管理に関する事項

作業終了時は、使用した道具を片付けることが義務付けられている。道具の紛失や不慮の事故を防ぐためである。


部品: 製材所の立ち入りに関する制限

製材所への立ち入りは、勤務する職員や搬入出に携わる業者など、許可された者以外は立ち入りを許可されていない。



提出書式


 大部品: 製材所(神聖巫連盟版) RD:19 評価値:7
 -部品: 製材所とは
 -大部品: 製材施設(製材所・神聖) RD:12 評価値:6
 --部品: 加工前材保管場
 --大部品: 木材加工場(神聖) RD:6 評価値:4
 ---部品: 木材加工場とは
 ---大部品: 木材加工用機材 RD:5 評価値:3
 ----部品: 2人挽きの裁断用ノコギリ
 ----大部品: 加工用ノコギリ(水車動力式) RD:3 評価値:2
 -----部品: 動力用水車
 -----部品: 動力伝達用歯車
 -----部品: 動力式ノコギリ
 ----部品: 加工用手持ちノコギリ
 --部品: 出荷前検品場
 --部品: 加工済材保管場
 --部品: 資材保管庫
 --大部品: 外構部(製材所・神聖) RD:2 評価値:1
 ---部品: 外壁部(製材所)
 ---部品: 船着き場(製材所)
 -大部品: 作業上の安全に関する事項 RD:5 評価値:3
 --部品: 機材の確認と補修・修理に関する事項
 --部品: 巻き込み注意
 --部品: 熟練者による教育
 --部品: 異常発生時の情報伝達に関する事項
 --部品: 作業後の道具の管理に関する事項
 -部品: 製材所の立ち入りに関する制限
 
 
 部品: 製材所とは
 製材所とは、切り出された丸太などを、木材に加工する場所である。
 ここで加工された木材は、建築に使用するものや、日用品の材料になるものなど、多様なものに使用される。
 水車を動力として一部利用する関係上、河川の流域付近に建設される。
 
 部品: 加工前材保管場
 丸太や間伐された枝など、木材として加工される前のものが、ここに最初に運び込まれ、保管される。
 保管時は積まれたものが崩れないよう、束ねられている。
 材料となる木の種類や大きさなどを基に、分類・配置されており、加工することになった木材は、木材加工場へと運ばれる。
 
 部品: 木材加工場とは
 加工前材保管場から運び込まれたものを、木材に加工する場所である。
 ここで角材などに加工し、建築用途資材などに使用することができるようにする。加工が完了したものは、出荷前検品場に運ばれる。
 また、水車の動力を確保する関係上、河川の近くに建設される
 
 部品: 2人挽きの裁断用ノコギリ
 材料が大型の丸太であった場合、指定されたサイズまで裁断する必要がある。そこで使われるのが、この大型のノコギリである。
 両端を一人ずつ持ち、タイミングを合わせて挽くことで、丸太を裁断する。
 
 
 部品: 動力用水車
 木材加工場が建設された場所の付近を流れる河川を利用する、円形の水車。
 河川の水の流れを利用し、回転することで、動力を生み出すことができる。
 
 部品: 動力伝達用歯車
 水車の回転によって生み出された動力を、動力式ノコギリに伝達するための歯車。レバーによって動力伝達のon/offが可能。
 
 部品: 動力式ノコギリ
 角材など、曲面をそぎ落とす加工が必要となる材の加工に使用される大型のノコギリ。
 動力伝達用歯車によって送られる動力で稼働し、木材を加工する。
 
 部品: 加工用手持ちノコギリ
 小型のものを加工する場合に使用されるノコギリ。片手に1本しか持てず、使用するときは木材を片方の手で固定するため、一本しか使えない。
 木材を切断する道具。繊維に対してどう切るのに適しているかによって縦挽、横挽のものがある。また斜め方向に切るのに適した茨目と呼ばれる刃の形もある。
 
 
 部品: 出荷前検品場
 木材加工場で加工された木材は、ここで品質チェックを行われる。出荷基準に満たないものは規格外品に分類されることになる。
 
 部品: 加工済材保管場
 出荷前検品場から運ばれてきた、検品済の木材はここで保管されることになる。
 木の種類や大きさだけでなく、形状や品質などによっても分類される。出荷される場合は、ここから運び出されることになる。
 保管時は積まれた木材が崩れないように、束ねて固定されている。
 検品済みの木材が泥や雨水などで汚れないように、屋根や壁のある倉庫状のものが建てられている。
 
 部品: 資材保管庫
 機材の簡易的な補修に関するものや、ノコギリなどの交換部品、ケガをした時に使用する応急医療品などを収めた倉庫。
 河川の増水による冠水などに備えて、土嚢も保管されている。
 通常は施錠されており、勤務する職員にしか開けられないようになっている。
 
 部品: 外壁部(製材所)
 施設を囲むように木の杭や板で出来た柵が配置されており、作業員や搬入用の出入口が設けられている。
 搬入出用の船着き場部分は、搬入出に十分なスペースが確保されている。
 
 部品: 船着き場(製材所)
 木材を河川を利用して運び出す場合に使用される、船着き場。川岸部分に設置されている。
 大型の貨物船は係留できない。交換用の係留ロープの保管庫も併設されており、この保管庫は職員しか立ち入ることができない。
 
 部品: 機材の確認と補修・修理に関する事項
 ノコギリなどの刃物を扱うため、作業前・作業後には、機材の確認を行う。
 動作の確認や、交換が必要な部分や故障の有無などを確認だけでなく、ノコギリの刃こぼれなども確認することになっている。
 機材の確認によって特定された部分で、簡易的な補修で済む場合は補修を行う。
 修理が必要と判断された場合は、業者を呼ぶことで対処する。
 
 部品: 巻き込み注意
 大型の刃物を扱う関係上、手や服の袖、足などが巻き込まれ、大きなケガをすることがある。
 そのような巻き込み事故を防止するため、作業時は注意することを義務付けられている。
 
 部品: 熟練者による教育
 作業に慣れていない新人の作業者が加工に携わる場合、必ず作業の熟練者と組み、教育を施されることになっている。
 これにより、安全に作業をする上での注意点や、機材の正しい扱い方などを学ぶことができる。
 
 部品: 異常発生時の情報伝達に関する事項
 製材所で扱うのは、加工用の機材だけでなく、大型の丸太なども扱うことがあるため、安全には気を配らなくてはならない。
 そのため、不測の事態が発生したり、何らかの異常が発生した場合などに備え、報告・連絡・相談の情報伝達が徹底されている。
 
 部品: 作業後の道具の管理に関する事項
 作業終了時は、使用した道具を片付けることが義務付けられている。道具の紛失や不慮の事故を防ぐためである。
 
 
 部品: 製材所の立ち入りに関する制限
 製材所への立ち入りは、勤務する職員や搬入出に携わる業者など、許可された者以外は立ち入りを許可されていない。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "製材所(神聖巫連盟版)",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "製材所とは",
         "description": "製材所とは、切り出された丸太などを、木材に加工する場所である。\nここで加工された木材は、建築に使用するものや、日用品の材料になるものなど、多様なものに使用される。\n水車を動力として一部利用する関係上、河川の流域付近に建設される。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "製材施設(製材所・神聖)",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "加工前材保管場",
             "description": "丸太や間伐された枝など、木材として加工される前のものが、ここに最初に運び込まれ、保管される。\n保管時は積まれたものが崩れないよう、束ねられている。\n材料となる木の種類や大きさなどを基に、分類・配置されており、加工することになった木材は、木材加工場へと運ばれる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "木材加工場(神聖)",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "木材加工場とは",
                 "description": "加工前材保管場から運び込まれたものを、木材に加工する場所である。\nここで角材などに加工し、建築用途資材などに使用することができるようにする。加工が完了したものは、出荷前検品場に運ばれる。\nまた、水車の動力を確保する関係上、河川の近くに建設される",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "木材加工用機材",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "2人挽きの裁断用ノコギリ",
                     "description": "材料が大型の丸太であった場合、指定されたサイズまで裁断する必要がある。そこで使われるのが、この大型のノコギリである。\n両端を一人ずつ持ち、タイミングを合わせて挽くことで、丸太を裁断する。\n",
                     "part_type": "part",
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "加工用ノコギリ(水車動力式)",
                     "part_type": "group",
                     "children": [
                       {
                         "title": "動力用水車",
                         "description": "木材加工場が建設された場所の付近を流れる河川を利用する、円形の水車。\n河川の水の流れを利用し、回転することで、動力を生み出すことができる。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "動力伝達用歯車",
                         "description": "水車の回転によって生み出された動力を、動力式ノコギリに伝達するための歯車。レバーによって動力伝達のon/offが可能。",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "動力式ノコギリ",
                         "description": "角材など、曲面をそぎ落とす加工が必要となる材の加工に使用される大型のノコギリ。\n動力伝達用歯車によって送られる動力で稼働し、木材を加工する。",
                         "part_type": "part"
                       }
                     ],
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "加工用手持ちノコギリ",
                     "description": "小型のものを加工する場合に使用されるノコギリ。片手に1本しか持てず、使用するときは木材を片方の手で固定するため、一本しか使えない。\n木材を切断する道具。繊維に対してどう切るのに適しているかによって縦挽、横挽のものがある。また斜め方向に切るのに適した茨目と呼ばれる刃の形もある。\n",
                     "part_type": "part",
                     "expanded": true
                   }
                 ],
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "出荷前検品場",
             "description": "木材加工場で加工された木材は、ここで品質チェックを行われる。出荷基準に満たないものは規格外品に分類されることになる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "加工済材保管場",
             "description": "出荷前検品場から運ばれてきた、検品済の木材はここで保管されることになる。\n木の種類や大きさだけでなく、形状や品質などによっても分類される。出荷される場合は、ここから運び出されることになる。\n保管時は積まれた木材が崩れないように、束ねて固定されている。\n検品済みの木材が泥や雨水などで汚れないように、屋根や壁のある倉庫状のものが建てられている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "資材保管庫",
             "description": "機材の簡易的な補修に関するものや、ノコギリなどの交換部品、ケガをした時に使用する応急医療品などを収めた倉庫。\n河川の増水による冠水などに備えて、土嚢も保管されている。\n通常は施錠されており、勤務する職員にしか開けられないようになっている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "外構部(製材所・神聖)",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "外壁部(製材所)",
                 "description": "施設を囲むように木の杭や板で出来た柵が配置されており、作業員や搬入用の出入口が設けられている。\n搬入出用の船着き場部分は、搬入出に十分なスペースが確保されている。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "船着き場(製材所)",
                 "description": "木材を河川を利用して運び出す場合に使用される、船着き場。川岸部分に設置されている。\n大型の貨物船は係留できない。交換用の係留ロープの保管庫も併設されており、この保管庫は職員しか立ち入ることができない。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "作業上の安全に関する事項",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "機材の確認と補修・修理に関する事項",
             "description": "ノコギリなどの刃物を扱うため、作業前・作業後には、機材の確認を行う。\n動作の確認や、交換が必要な部分や故障の有無などを確認だけでなく、ノコギリの刃こぼれなども確認することになっている。\n機材の確認によって特定された部分で、簡易的な補修で済む場合は補修を行う。\n修理が必要と判断された場合は、業者を呼ぶことで対処する。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "巻き込み注意",
             "description": "大型の刃物を扱う関係上、手や服の袖、足などが巻き込まれ、大きなケガをすることがある。\nそのような巻き込み事故を防止するため、作業時は注意することを義務付けられている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "熟練者による教育",
             "description": "作業に慣れていない新人の作業者が加工に携わる場合、必ず作業の熟練者と組み、教育を施されることになっている。\nこれにより、安全に作業をする上での注意点や、機材の正しい扱い方などを学ぶことができる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "異常発生時の情報伝達に関する事項",
             "description": "製材所で扱うのは、加工用の機材だけでなく、大型の丸太なども扱うことがあるため、安全には気を配らなくてはならない。\nそのため、不測の事態が発生したり、何らかの異常が発生した場合などに備え、報告・連絡・相談の情報伝達が徹底されている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "作業後の道具の管理に関する事項",
             "description": "作業終了時は、使用した道具を片付けることが義務付けられている。道具の紛失や不慮の事故を防ぐためである。\n",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "製材所の立ち入りに関する制限",
         "description": "製材所への立ち入りは、勤務する職員や搬入出に携わる業者など、許可された者以外は立ち入りを許可されていない。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]