※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 蕎麦畑(神聖巫連盟版) RD:11 評価値:5
    • 部品: 蕎麦畑とは
    • 部品: 蕎麦畑の視覚的特徴
    • 大部品: 蕎麦畑の経営手法(神聖) RD:1 評価値:0
      • 部品: 食用材料としてのアピール
    • 大部品: 蕎麦の特徴(神聖) RD:3 評価値:2
      • 部品: 生育環境と適性
      • 部品: 結実までの速度
      • 部品: 種まきの時期
    • 大部品: 農業技術(神聖巫連盟版) RD:5 評価値:3
      • 部品: 農地の土づくり
      • 部品: 施肥
      • 部品: 作物への水やりの知識
      • 部品: 連作に対する知識
      • 部品: 耕作地の休耕



部品定義


部品: 蕎麦畑とは

蕎麦畑とは、蕎麦を栽培する畑である。ここで栽培される蕎麦は、収穫後に主に食用として供給されるものである。

部品: 蕎麦畑の視覚的特徴

花が咲けば、(栽培品種にもよるが)白、淡紅、赤といった色の花が咲き、収穫期には黒、茶褐色などの実が畑を彩っている。

部品: 食用材料としてのアピール

食用に使われる種子は、挽いて粉にしたものを食材として使うことができるだけでなく、
水と麹を加えて発酵させることで飲用の焼酎にすることも可能であるため、食用として広く喧伝することができる。

部品: 生育環境と適性

痩せた土壌などの荒れた土地でも育てやすいが、湿潤に弱いため、比較的乾燥した場所で栽培することに向いている。

部品: 結実までの速度

種まきをしてから7-80日で収穫することができるという、収穫までの時間が短いことが最大の特徴である。

部品: 種まきの時期

夏に収穫するものや、秋に収穫するものといった、栽培する品種によって違うが、概ね春と夏に行うことになっている。

部品: 農地の土づくり

畑や水田などを作るに当たって、作物に適した土壌を作ることで、作物が生育しやすい環境を作る。
手法としては、石灰を撒いたり、腐葉土や堆肥を耕地に混ぜこむといった手法などが挙げられる。

部品: 施肥

作物のより良い生育と、収穫量を増やすため、耕作地に肥料を撒く。
鶏糞など、栽培する作物に適したものを使用する。

部品: 作物への水やりの知識

作物へ水を与えるに当たり、栽培しているものに適した水量を知ることは必要なことである。
与えすぎない方が良いものもあれば、多めの量を与えた方が生育しやすいものもあるからだ。

部品: 連作に対する知識

同じ耕作地で同じ作物を栽培する連作は、土壌環境のバランスを崩すといったことを引き起こすことを知らなくてはならない。
連作は、栽培する作物への被害の原因となることがあるからだ。
その為、次の種まきの時期には、別の作物を植えるなどの手法をとることもある。


部品: 耕作地の休耕

連作による影響を低減するため、定期的に作物などを栽培しない期間を設けたり、
作物ではない花や草を植えることで、土壌環境の回復を行っている。



提出書式


 大部品: 蕎麦畑(神聖巫連盟版) RD:11 評価値:5
 -部品: 蕎麦畑とは
 -部品: 蕎麦畑の視覚的特徴
 -大部品: 蕎麦畑の経営手法(神聖) RD:1 評価値:0
 --部品: 食用材料としてのアピール
 -大部品: 蕎麦の特徴(神聖) RD:3 評価値:2
 --部品: 生育環境と適性
 --部品: 結実までの速度
 --部品: 種まきの時期
 -大部品: 農業技術(神聖巫連盟版) RD:5 評価値:3
 --部品: 農地の土づくり
 --部品: 施肥
 --部品: 作物への水やりの知識
 --部品: 連作に対する知識
 --部品: 耕作地の休耕
 
 
 部品: 蕎麦畑とは
 蕎麦畑とは、蕎麦を栽培する畑である。ここで栽培される蕎麦は、収穫後に主に食用として供給されるものである。
 
 部品: 蕎麦畑の視覚的特徴
 花が咲けば、(栽培品種にもよるが)白、淡紅、赤といった色の花が咲き、収穫期には黒、茶褐色などの実が畑を彩っている。
 
 部品: 食用材料としてのアピール
 食用に使われる種子は、挽いて粉にしたものを食材として使うことができるだけでなく、
 水と麹を加えて発酵させることで飲用の焼酎にすることも可能であるため、食用として広く喧伝することができる。
 
 部品: 生育環境と適性
 痩せた土壌などの荒れた土地でも育てやすいが、湿潤に弱いため、比較的乾燥した場所で栽培することに向いている。
 
 部品: 結実までの速度
 種まきをしてから7-80日で収穫することができるという、収穫までの時間が短いことが最大の特徴である。
 
 部品: 種まきの時期
 夏に収穫するものや、秋に収穫するものといった、栽培する品種によって違うが、概ね春と夏に行うことになっている。
 
 部品: 農地の土づくり
 畑や水田などを作るに当たって、作物に適した土壌を作ることで、作物が生育しやすい環境を作る。
 手法としては、石灰を撒いたり、腐葉土や堆肥を耕地に混ぜこむといった手法などが挙げられる。
 
 部品: 施肥
 作物のより良い生育と、収穫量を増やすため、耕作地に肥料を撒く。
 鶏糞など、栽培する作物に適したものを使用する。
 
 部品: 作物への水やりの知識
 作物へ水を与えるに当たり、栽培しているものに適した水量を知ることは必要なことである。
 与えすぎない方が良いものもあれば、多めの量を与えた方が生育しやすいものもあるからだ。
 
 部品: 連作に対する知識
 同じ耕作地で同じ作物を栽培する連作は、土壌環境のバランスを崩すといったことを引き起こすことを知らなくてはならない。
 連作は、栽培する作物への被害の原因となることがあるからだ。
 その為、次の種まきの時期には、別の作物を植えるなどの手法をとることもある。
 
 
 部品: 耕作地の休耕
 連作による影響を低減するため、定期的に作物などを栽培しない期間を設けたり、
 作物ではない花や草を植えることで、土壌環境の回復を行っている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 97309,
     "title": "蕎麦畑(神聖巫連盟版)",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-09-07 01:46:12.433706",
     "updated_at": "2017-09-07 01:46:12.433706",
     "children": [
       {
         "id": 97300,
         "title": "蕎麦畑とは",
         "description": "蕎麦畑とは、蕎麦を栽培する畑である。ここで栽培される蕎麦は、収穫後に主に食用として供給されるものである。",
         "part_type": "part",
         "created_at": "2017-09-07 01:46:12.210383",
         "updated_at": "2017-09-07 01:46:12.210383",
         "children": [],
         "character": {
           "id": 1977,
           "name": "犬村葉雪"
         },
         "localID": 1
       },
       {
         "id": 97301,
         "title": "蕎麦畑の視覚的特徴",
         "description": "花が咲けば、(栽培品種にもよるが)白、淡紅、赤といった色の花が咲き、収穫期には黒、茶褐色などの実が畑を彩っている。",
         "part_type": "part",
         "created_at": "2017-09-07 01:46:12.236308",
         "updated_at": "2017-09-07 01:46:12.236308",
         "children": [],
         "character": {
           "id": 1977,
           "name": "犬村葉雪"
         },
         "localID": 2
       },
       {
         "id": 97304,
         "title": "蕎麦畑の経営手法(神聖)",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-09-07 01:46:12.247304",
         "updated_at": "2017-09-07 10:23:25.825286",
         "children": [
           {
             "id": 97302,
             "title": "食用材料としてのアピール",
             "description": "食用に使われる種子は、挽いて粉にしたものを食材として使うことができるだけでなく、\n水と麹を加えて発酵させることで飲用の焼酎にすることも可能であるため、食用として広く喧伝することができる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-07 01:46:12.239775",
             "updated_at": "2017-09-07 10:23:30.015405",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1977,
               "name": "犬村葉雪"
             },
             "localID": 4
           }
         ],
         "character": {
           "id": 1977,
           "name": "犬村葉雪"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 3
       },
       {
         "id": 97308,
         "title": "蕎麦の特徴(神聖)",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-09-07 01:46:12.321425",
         "updated_at": "2017-09-07 10:23:30.051002",
         "children": [
           {
             "id": 97305,
             "title": "生育環境と適性",
             "description": "痩せた土壌などの荒れた土地でも育てやすいが、湿潤に弱いため、比較的乾燥した場所で栽培することに向いている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-07 01:46:12.310188",
             "updated_at": "2017-09-07 01:46:12.310188",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1977,
               "name": "犬村葉雪"
             },
             "localID": 6
           },
           {
             "id": 97306,
             "title": "結実までの速度",
             "description": "種まきをしてから7-80日で収穫することができるという、収穫までの時間が短いことが最大の特徴である。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-07 01:46:12.312491",
             "updated_at": "2017-09-07 01:46:12.312491",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1977,
               "name": "犬村葉雪"
             },
             "localID": 7
           },
           {
             "id": 97307,
             "title": "種まきの時期",
             "description": "夏に収穫するものや、秋に収穫するものといった、栽培する品種によって違うが、概ね春と夏に行うことになっている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-07 01:46:12.315152",
             "updated_at": "2017-09-07 01:46:12.315152",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1977,
               "name": "犬村葉雪"
             },
             "localID": 8
           }
         ],
         "character": {
           "id": 1977,
           "name": "犬村葉雪"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 5
       },
       {
         "id": 97299,
         "title": "農業技術(神聖巫連盟版)",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-09-07 01:21:39.380076",
         "updated_at": "2017-09-07 01:21:39.380076",
         "children": [
           {
             "id": 97295,
             "title": "農地の土づくり",
             "description": "畑や水田などを作るに当たって、作物に適した土壌を作ることで、作物が生育しやすい環境を作る。\n手法としては、石灰を撒いたり、腐葉土や堆肥を耕地に混ぜこむといった手法などが挙げられる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-07 01:21:39.293106",
             "updated_at": "2017-09-07 01:21:39.293106",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1977,
               "name": "犬村葉雪"
             },
             "localID": 10
           },
           {
             "id": 97296,
             "title": "施肥",
             "description": "作物のより良い生育と、収穫量を増やすため、耕作地に肥料を撒く。\n鶏糞など、栽培する作物に適したものを使用する。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-07 01:21:39.341139",
             "updated_at": "2017-09-07 01:21:39.341139",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1977,
               "name": "犬村葉雪"
             },
             "localID": 11
           },
           {
             "id": 97297,
             "title": "作物への水やりの知識",
             "description": "作物へ水を与えるに当たり、栽培しているものに適した水量を知ることは必要なことである。\n与えすぎない方が良いものもあれば、多めの量を与えた方が生育しやすいものもあるからだ。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-07 01:21:39.348271",
             "updated_at": "2017-09-07 01:21:39.348271",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1977,
               "name": "犬村葉雪"
             },
             "localID": 12
           },
           {
             "id": 97517,
             "title": "連作に対する知識",
             "description": "同じ耕作地で同じ作物を栽培する連作は、土壌環境のバランスを崩すといったことを引き起こすことを知らなくてはならない。\n連作は、栽培する作物への被害の原因となることがあるからだ。\nその為、次の種まきの時期には、別の作物を植えるなどの手法をとることもある。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-07 10:20:04.823711",
             "updated_at": "2017-09-07 10:20:04.823711",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1977,
               "name": "犬村葉雪"
             },
             "localID": 13
           },
           {
             "id": 97518,
             "title": "耕作地の休耕",
             "description": "連作による影響を低減するため、定期的に作物などを栽培しない期間を設けたり、\n作物ではない花や草を植えることで、土壌環境の回復を行っている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-07 10:20:04.907718",
             "updated_at": "2017-09-07 10:20:04.907718",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1977,
               "name": "犬村葉雪"
             },
             "localID": 14
           }
         ],
         "character": {
           "id": 1977,
           "name": "犬村葉雪"
         },
         "expanded": true,
         "localID": 9
       }
     ],
     "character": {
       "id": 1977,
       "name": "犬村葉雪"
     },
     "expanded": true,
     "localID": 0
   }
 ]