共有のお作法



唯一確定している村人です。
その万全の信頼を受け、まとめ役を果たしていきましょう。
あなたの質問と議題で、議論を活性化させるのです。 


初心者の立ち回り方

始まって自分が共有だと確認したらまずは緑ログで相方に挨拶しましょう。
ただし緑ログは1日に3回しか発言できず、とても貴重です。
なので1発言ごとの内容を増やすためにも、最初の挨拶と同時に「自分のCN(コードネーム)」、「自分の大まかな戦歴(入村回数や共有の経験数など)」、「最初のまとめ役か潜伏かの希望」、「他にやりたい作戦など」なども伝えましょう。

汝人狼也では片方の共有者がまとめ役としてCOし、もう片方が潜伏することがセオリーとなっています。
他の作戦もありますが、考えなければならないことが増えるので初心者のうちはセオリー通り進めるのがよいでしょう。

ちなみに最初に潜伏役を選ぶとまとめをしていた相方が噛まれた場合、判断の難しい中盤以降のまとめ役をしなければならない場合があります。
それに比べると序盤のまとめはそこまで重要な判断もなく、相方のサポートも受けられるので慣れていないうちは最初のまとめ役になったほうがいいでしょう。


まとめ役の立ち回り

村の意見をまとめ、人外に流されずに決定を下しましょう。
まとめ役の思考は人外(特に噛みを決める狼)にとって非常に気になるものですが、まとめ役として思考を隠すのか、それともあえて人外の反応を見たりその考えが正しいのか村人達に相談するためにも思考を開示していくのかは自由です。
しかし思考を隠す場合でも、灰ログ等に考えを落としたりするのは備忘録代わりにもなってとても有効でしょう。

また決定時には何か特別の事情がない限りは、「なぜその決定にしたのか」という思考は開示した方がよいでしょう。
あなたの決定でその日の処刑者が決まります。
なぜ自分が処刑されるのかも全く分からないままでは、反論のしようもなく処刑される側は非常にもやもやします。
全員が気分よくエピを迎えられるためにも、決定の時に自分の考えはある程度話すようにしましょう。
もしその判断が間違っていたなら、優秀な村人がそれを指摘してくれるかもしれません。(人外が反対している可能性ももちろんありますが)

過度な独裁は村からの信用を無くし村の崩壊を招くことになりますが、自分の考えによほど自信があるのならば時には独裁も必要です。
しかし、基本的に人外であっても完全に村が不利になる提案というものはしづらいため、初心者のうちは素直に村の多数派意見に従う方がよいかもしれません。


潜伏の立ち回り

基本的には村人と同じ立ち回りで問題はありませんが村人と違うところは、自分がどうみられるかを気にする必要がないことです。
もちろん潜伏の共有者であることはバレないようにする必要がありますが、あなたが白であることはほぼ保証されているため、ある程度村から怪しまれても問題はありません。
そのような特徴を利用しながら、露出するまでは相方をサポートしながら人外を探していきましょう。

ただしあまりにも好き勝手をしては共有だと判明したあとも村からは不信感が残ってしまいます。
露出後はまとめ役として動く必要があるかもしれない以上、「荒らし」にはならないように気を付けましょう。



コメント

  • 経験則的に/思いこまない/まとめ役ではあるが、専制君主にならない限りは、そんなに気負う必要はない/ただでさえ胃が痛い職なんだから、人外の見分けがつかず自信がないときは多数決に従うのがいい/村人は共有へ過度な圧力をかけないように/共有トラップがまさかの占い凸死で失敗しても泣かない/共有潜伏は相方生存時にかぎりかなり自由に動けるから頑張ってみんなの意見を引き出せ/かなぁ。相方がまともなら楽しい職だよ。 -- 名無し (2013-08-04 05:28:22)
  • 潜伏共有片について。黒目に動いて人外の動きを見極める、またSG救済のメリットがある。しかし、黒目に動く→吊り枠に入るほどの寡黙を貫くと思っている人が結構多いので、それには反対。人外に見られても白が証明できるのが利点なのだから、積極的に動いて議論を活性化させるようにするべき。 -- 名無し (2016-07-19 02:20:11)
名前:
コメント: