●概要
特定のキャラクター2名が協力して繰り出す強力なスキルを「バンドスキル」と呼びます。
特定の特性能力同士を合体させて行なうもの、と思っていただければイメージしやすいかと思います。

●バンドスキル取得の条件
各PCはキャラクター作成時に共通のバンドスキルを取得したい相方となるキャラクターを1名選びます。
PC、NPCは問いません。
以降、バンドスキルを共に取得する相手を「相方」と呼称します。
双方のPL・GMの合意が得られた場合、キャラクターシートに記載をお願いします。
具体的なスキル効果については基本的にGMが決定しますが、要望等ありましたらご相談ください。
シナリオ中隙を見て適宜実装していきますので気長にお待ちいただければと思います。

●バンドスキルの共通ルール
バンドスキルが使用できるのはバンドスキルで指定されている相方とバディを組んでいる時に限定します。
バンドスキルのコスト欄に記されている代償はバンドスキルを使用する2名がそれぞれ支払います。
そのコストとは別に、指定欄の名前の後ろに括弧で記されている特性能力のコストを当該キャラクターは支払います。

つまり、コストが重傷2のバンドスキルで、キャラクターA(代償が疲労1の特性能力)*キャラクターB(代償が軽傷2の特性能力)の場合

キャラクターA:疲労1+重傷2
キャラクターB:軽傷2+重傷2

をそれぞれ受けなければいけません。

また、バンドスキルと通常の特性能力はタイミングが被らないものとします。
例えば、「タイミング:セットアップ」の特性能力を使用した場合も同タイミングのバンドスキルを使用可能です。

●相方枠の拡大
経験点を5消費する毎にバンドスキルの枠を1つ拡大することができます。
例えば、経験点を15点消費することで、最大4人(初期の1枠含む)まで相方に指定し、それぞれに対してバンドスキルを取得することができます。

また、同じ相方と複数のバンドスキルを取得することも可能です。
共闘する機会が多いキャラクターと複数個のバンドスキルを取得しておけば、戦闘を大幅に有利に進められるかもしれません。

●バンドスキル一覧
※導入用です。後で相方の選び直しを許可します。

《サイオニック・スラッシュ》
指定:隼太(近接武器による攻撃)*真紀(サイオニックパワー)
コスト:重傷2
技能:-
タイミング:メインアクション
解説:隼太の精神に寄り添い、"絶対にできる"と暗示をかけることで、隼太は実力を120%出し切ることができる。

隼太は近接武器による攻撃を行なう。
この時与えるダメージに+[2人のランクの合計/2](切り捨て)し、防御側の防御を無視してダメージを算出する。
この攻撃でダメージを与えた場合、対象に[放心]を与える。

《メテオライト・イラプション》
指定:大地(ポゼッションエナジー)*紗那(天上の業火)
コスト:重傷3
技能:-
タイミング:セットアッププロセス
解説:砂鉄を固めて生成した無数の超高温疑似隕石を全域に着弾させ、大爆発の連鎖を引き起こす。

シーンに登場している任意のキャラに[致命傷1]又は[DOT:致命傷2]を与える。
対象ごとにどちらを与えるか選択できる。
対象がモブであった場合、代わりに即座にHPを0にすることができる。

《ホーリー・ヒューム》
指定:劾(シャイニースマイル)*あやしい仮面(刃の聖句)
コスト:重傷3
技能:-
タイミング:セットアッププロセス
解説:邪を討ち払う聖なる祈りと讃美歌で闇の力を弱める

シーンに登場している任意の瘴気・混沌・ネフィリムに由来するキャラクターを対象にする。
対象はラウンド中全ての判定成功率が-50%(最低成功率1%)される。

《疾風殺の印》
指定:セイバー(疾風剣の印)*ブラックアイ(死神の刃)
コスト:重傷1
技能:-
タイミング:メインアクション
解説:確実に急所を狙う息もつかせぬ連続攻撃。

セイバー又はブラックアイは近接武器による攻撃を行なう。
負傷決定ステップ時、参照する項目を上下に1つずらすことができる。
《※部位狙い》と重複し、併用していた場合は合計で上下に2までずらすことができる。

《ディザスタープリズン》
指定:フェルマータ(サンダープリズン)*五郎丸(エレメンタルウォール:ウィンド)
コスト:重傷3
技能:-
タイミング:メインアクション
解説:巨大な竜巻に閉じ込め、内部に雷撃を発生させる災害の牢獄。

あなたがいるエリア内の任意のエンゲージを1つ選択する。
選択したエンゲージに侵入・離脱を行なったキャラは<衝撃>[(2人のランクの合計)*3](切り捨て)のダメージを受ける。
さらに、他のエンゲージからは選択されたエンゲージに存在するキャラへ攻撃、特性能力の使用、カバーリングができず、
逆に選択されたエンゲージに存在するキャラも、他のエンゲージに存在するキャラへ攻撃、特性能力の使用、カバーリングを行なえない。
指定されたエンゲージに存在するキャラクターが、メインプロセスを行う直前、致命傷1を与えることができる。
この効果とエレメンタルウォール:ウィンドの効果は重複しない。

《テリブル・モンスター》
指定:三日月(人を喰らう怪物)*リリィ(人を喰らう怪物)
コスト:重傷10
技能:-
タイミング:セットアッププロセス直前
解説:バルバトスの捕食能力とリリィの融和能力で一時的に融合する。

三日月とリリィを戦闘中融合し、1人のキャラクターとして扱う。
1度のセットアッププロセス、クリンナッププロセス、メインプロセスに各アクションを2回ずつ行うことができる。
クリンナッププロセス終了時に融合を解除することができる。戦闘終了後に融合は強制的に解除される。
三日月は《優位種:吸血鬼真祖》の特性能力を得る。ランクはリリィのものを参照する(15+)
また、《†永生者》 の効果を以下のように書き換えて適用する。

コスト:-
技能:-
タイミング:常時
対象:自身
射程:-
解説:吸血鬼として長い生を得たことで様々な知識や技術、経験に通じている。同時に様々な弱点を抱えるに至った。

効果:あなたは以下の効果を得る。
①<特性能力>をリリィの数値分加算する(235)
②死亡を含む負傷表ゲージ全てにリリィの分を追加する(疲労18/軽傷21/重傷17/致命傷16/死亡1)
③[ダメージ軽減:呪魔(ランク×2)]のバフを常に受けている。
④フリーアクションで即座に[飛行状態]になることを宣言、または解除を行うことが出来る。