A.C.B(あいち調査士勉強会)ホームページへようこそ

このホームページはA.C.B会員の方とA.C.Bに入会を希望される方への連絡事項や
手続きについてのご案内、全国の青年調査士会の方々への情報発信、土地家屋調査士と
いう国家資格を広く知っていただくことを目的として作成しました。


A.C.B(あいち調査士勉強会)とは

1.土地家屋調査士の意識改革とブランド化を目指す有志団体です。
土地家屋調査士としての知識や技術を高めるために、愛知県内で土地家屋調査士登録を
している有志によって2011年11月に発足した有志団体です。
土地家屋調査士登録10年未満、または50歳未満である正会員108名、登録10年以上かつ50
歳以上の賛助会員16名で構成されております(平成24年3月現在)。
さらに土地家屋調査士の有資格者も準会員として参加いただくことができます。

2.勉強会グループや研修会などの活動を行います。
勉強会グループごとにテーマを決めて1~2年単位で研究を重ね、他のグループとの情報
交換によって多くの深い専門知識を共有することを目的としています。
また、土地家屋調査士の業務や倫理の特殊性から、全体研修や懇親会を通して会員間の
親睦を深めることも大切な事業と考えています。


土地家屋調査士とは?

1.全国に約17,000人の土地家屋調査士がいます。
全国に、弁護士は約28,000人(平成22年3月現在)、司法書士は約28,000人(平成21年4月
現在)います。一級建築士ともなると、全国に約343,000人(平成23年3月現在)います。
それらに比べると、土地家屋調査士は少ないのです。

2.不動産の表示に関する登記の専門家です。
土地家屋調査士は法務省管轄の国家資格で、土地や建物の登記に関して司法書士と車の
両輪のような関係にあります。司法書士が『この土地はAさんのもの』という権利(所
有権)を明確にすることを業としているのに対し、土地家屋調査士は『その土地はどこ
にあって、面積はどれ程で、どのように利用されているか』という物理的な状況を明確
にすることを業としています。ですから、物理的な状況を把握するために土地や建物の
調査・測量を行います。つまり『不動産の表示に関する登記』について必要な作業もあ
わせて行います。

3.土地の境界を明確にします。
隣接地との境界を明確にするための測量も行います。
ほかにも法務局に備え付けられる地図を作製する業務や隣接法律専門職としての知識や
経験を生かし、境界紛争を裁判外で解撤するADR代理等も行っております。

一般的にはあまり接することのない資格者かも知れませんが、一生に数回はお会いする
機会があることと思います。


代表挨拶



A.C.Bあいち調査士勉強会の代表を務めさせていただきます渡辺創と申します。

設立から7年が経過し、第4代代表となります。どうぞよろしくお願い致します。

A.C.Bの設立趣意は日々の業務課題に対して、自身の意見を発し、多くの意見を聞き、多角的な議論を交わすことにより、心技兼ね備えた専門家になる為に、土地家屋調査士同士が切磋琢磨し高め合う場として立ち上がりました。

私自身A.C.Bを通じて大勢の人たちと出会い、交流させていただきました。
日々の業務の悩みや事務所経営の不安は、他業種では見られない土地家屋調査士ならではといったお互いの助け合い精神による仲間意識のおかげでずいぶん助けられました。
また、多くの意見を聞くことによって自分だけでは思いもよらないことに気付かされ、仕事に対する取り組み姿勢を振り返り見直すきっかけにもなりました。

土地家屋調査士の将来は、社会から必要とされ続けなくてはなりません。
我々自身の姿勢や行動にかかっています。
それには各人の努力と共に土地家屋調査士同士で情報交換し、議論することによって培われていき、どう行動すべきか考えることが重要です。

私の使命としましては、土地家屋調査士同士の関わりの重要性や必要性を、明日の後継者たちへ伝えることと考えています。

社会から信頼される専門家としてあり続ける土台を担う団体となるよう努力する所存でございます。


A.C.B代表 渡 辺 創