※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

八守時緒@鍋の国さんからのご依頼品

/*ある日学校の中で*/

 昼休みの鐘が鳴る頃。

 より、前、に。

「こっちだ。いいな。契約は煮干し三日だ」
 なーと鳴く猫たち。それを見ていた男はよしと頷くと、前金(?)の餌を地面にばらまいた。はぐはぐと食べ始める猫たち。そして行け、という声に応じて猫たちは一列に歩き始めた。
 電話をかける。
「もしもしー?」電話から声。
「やあ、何かワンパターンと思ってないかな?」
「思ったよ! また電話かよって思ったよ!」電話口で叫ばれる。
「窓の外を見てごらん」
「……外?」言われて窓の外を見ます。
 教室の窓からくまが顔を出す。別にくまといってもあの大きなやつではない。北極にすんでいるのでもない。普通の女性である。
 彼女の視線の先で、猫が並んで歩いていた。
「これを教えたくてね。かわいいよね」
「わぁぁぁぁ」
 くまが体を揺らした。悶えている。笑うアリアン。先ほどの買収行為はさっぱりと忘れた口調で彼は言った。嘘は言っていない。
 よし、これで充分だろう。あとは猫が機嫌良くしてくれるはず。
「じゃ、いいお昼休みを」
「ちょ」
 アリアンは電話を切った。

/*/

「ちょとまってー!」
 窓から転げ落ちかけるくま。慌てて窓枠を掴んで体制を整えているうちに、いなくなってしまった。
 また、かーっ!
 教室でうなだれるくま。いや、うなだれてどうする自分。ファイト。
 立ち上がるくま。とりあえず弁当を持って、猫を追いかけていく。
 そのまま猫の後ろをちょこちょこと進んでいくと、やがて神社に到着した。木陰を縫って日差しが差し込み、居心地のいい草地がある。そしてその上には
 猫。
 猫。
 猫猫猫。
「ねこ、ねこー、ねこー」
 ぱぁぁぁぁっと顔を明るくするくま。うわーんと思いながらそろそろと近づいて行く。
 猫たちはごろんちょ。眼を細めて体をくねらせ、ごろんと丸くなる。
 ほかほか。ねこだまり。
 引き寄せられていくくま。磁力でも働いているとしか、思えなかった。
 ぺたんと座ると、一匹のやんちゃな猫が膝の上にのってきた。
 にゃん。
「ひゃわぁー」
 内心ではぎゃーといいながらくまはそろそろと手を伸ばした。背中を撫でる。
/*/

 物陰にて、それを見る一人の人物はそのころ。
「……ふふふ」
 笑っていました。
 膝に座ってごろごろしている猫の首輪に気づくくま。挟まっていた手紙をとる。

<今日は忙しいので、一人でお昼は食べてください アリアン>

 見回すくま。つられて猫もきょろきょろ。
 ぴたり。
 気づかれた。
 飛びかかられる。がさっがさっ。

/*/

 そして、茂みの中から岩田を見つけた。
「えー!」
「くくく、良くぞ見つけましたね」
 なんの間違い探し本ですかっ。くまはぐらんと体を傾かせた。


作品への一言コメント

感想などをお寄せ下さい。(名前の入力は無しでも可能です)

名前:
コメント:




引渡し日:


counter: -
yesterday: -
最終更新:2009年01月01日 20:27