※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

みぽりん@神聖巫連盟 さんからのご依頼品


/*病院にて*/

 灰色の天井。まぶしさに目が痛くなるほどの白い蛍光灯。すっと息を吸えば、妙に体が重たい事に違和感を覚えた。
 体を起こす。やはり下半身に違和感。見てみれば、足は、何か白いでっかい物ががっちりと固めていた。
 みぽりんはきょろきょろと辺りを見回した。共同の部屋らしく、六つのベッドが規則正しく並んでいる。カーテンは下げられ、他のベッドには知らない少女達が眠っている。たぶん学生くらい。
 あれ? と思いながらみぽりんは辺りを見回す。
 彼女の座っているベッドは、窓際で、右側の壁に面している。窓から外には、市街地の景色が広がっていた。
 閉ざされた窓の向こうをぼんやり見つめた後で、はっとした。まてまてこうしている場合じゃない。えっと、まず、何からどうしよう。みぽりんはぐるぐると慌てて辺りを見回した。
 すると、病室の出入り口に見覚えのある姿があった。黒い髪の少年。みぽりんは目を丸くして、息をのんだ。
 入院を示す緑色の服装で、彼はゆっくりと歩いてきた。
「あ、あの。大丈夫ですか?」
 みぽりんは慌てて立ち上がろうとして、バランスを崩した。わたたと手を振りながらベッドの上に倒れる。それからもう一度起き上がった。がばっと起き上がると、もうベッドのそばの椅子に彼が腰掛けていた。
「あ、あのっ」
「あれは何だったの?」
「不死者です」
 端的な問いに、端的に答える。彼は眉をひそめたが、小さくため息をついて首を振った。
「まあ。実際化け物だったしね。そういう幻獣もいるのか。ああ……そういえば。なんて言ったかな。都市伝説だとか、聞いたな。クラスメイトに」
 少年はぶつぶつとつぶやいた後、みぽりのんの足を見た。
「足はちゃんと治るらしい」
「え? あ……はい。あの、助けてくれて、ありがとうございました」
 ぺこり。お辞儀をする。
 厚志はそれをじっと見ていた。表情は変わらない。
「あ。それより。その。ごめんなさい。巻き込んでしまって……」
「いや。―――」

/*/

 巻き込んでしまって、という言葉に厚志は一瞬困った顔を浮かべた。が、すぐに表情を戻す。
 巻き込んだと言うよりは。見覚えのある姿が合ったから警戒して姿を隠していただけで。そのまま様子を見ていたら変なやつに撃たれてしまい。
 正直を言えば状況はよくわからなかった。わからなかったが、加勢するとしたらどちらにするかは決まっていた。
 単にそれだけの話。巻き込まれたと言うよりは、ある意味で自業自得。だから謝られると、微妙に、なんとも言えない気分になった。
 厚志は無言で席を立った。あっ、とおいていかれた子供のような声を出す彼女に背を向けて、廊下に出る。
 そのまま購買まで行って、ちょっと買い物をした。最近は食料品がどんどん高くなっているが、まだ手が出せないほどでもない。厚志はいくらか良い形をしたリンゴを買って、再び彼女の部屋を訪れた。
「あ」
「えっと、食べる?」
 少しだけぎこちない口調。初めて会った時みたいだと厚志は思った。
「は、はい」
 そして。そう言ってぱっと笑う彼女の表情も、初めて会った時みたいに鮮やかで。
 厚志は珍しく微笑むと、待ってて、と言って、ナイフを取り出し、リンゴを切りはじめる。
 そういえば、と記憶の欠片を思い出す。
 少しだけ芸を入れよう。
 そう思って。彼は記憶を頼りに、ウサギのリンゴを切っていく。
 そうすれば、もう少し喜んでくれるような気が、した。


作品への一言コメント

感想などをお寄せ下さい。(名前の入力は無しでも可能です)

名前:
コメント:





counter: -
yesterday: -
最終更新:2009年05月19日 00:21