※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

船橋鷹大@キノウツン藩国さんからのご依頼品


 優しい時間

 みゃーみゃー
 猫が二匹、床でじゃれている。
 まだ小さくてかわいい。
「何でまだ子猫なんだろうなあ?」と鷹大が不思議がっていたが、空歌はかわいいと思うので特に気にしていない。

「くー、せんきょ、ちょっと待っててねー。すぐご飯用意するから」
「みゃー」
「みゃー」

 返事の替わりに鳴き声がハモって聞こえた。
 空歌はにこにこ笑って猫缶を開けている。料理は苦手だが、船橋のお手伝いはよくしているので、缶切りはうまくできるようになった。最初に猫缶を開けた時はよく手を切っていたが、今はそんなに手を切る事も減った。……1週間に1度の頻度にまで減ったのである。
 缶が開いたら白くて浅いお皿に中身を開ける。お皿はくーとせんきょの専用である。
 それを床に置いておいでおいでと手を振った。

「できたよー。おいでー」
「みゃー」
「みゃー」

 くーとせんきょは尻尾をぴんと立ててこちらに近づいてきた。
 いつも二匹一緒にくっついて歩いているのが尚かわいい。
 二匹ははぐはぐと食べ始めた。
 それを空歌はじぃーっと見た。
 かわいいなあ。写真撮りたいなあ。
 鷹大に習って、最近ちょっとカメラに凝るようになった。
 もっとも、空歌が撮るものと言ったら鷹大の顔やくーとせんきょばかりで、カメラのデータを見たら家の中の写真ばかりが増えている。空歌の撮った写真の半分位はぶれていて、残りきれいに撮れているものは、鷹大に撮るのをサポートしてもらったものだ。
 もっときちんと撮れるようになりたいなあ。
 空歌はそう思う。
 くーとせんきょがかわいいのも、鷹くんが寝てたりご飯作ってたりするのも、ともちゃんと一緒にいるのも……。
 そう思うと、空歌はくーとせんきょに背を向けてとてとてと走っていった。
 猫達はきょとんと、まん丸な瞳で空歌の様子を見ていた。

「あったあった」

 空歌はいつものカメラを取って戻ってきた。
「くー、せんきょ。動かないでね」
 空歌はおそるおそるシャッターを押した。
「クチュンッ」
 くーがくしゃみをした。空歌が撮れたものを見てみると、くーがくしゃみをしてややぶれているものが撮れた。
「あー、ぶれちゃった……でもかわいいなあ」
 空歌はにこにこ笑う。
「みゃー?」
「あっ、そうだね、せんきょも。せんきょも撮ってあげるからね」
 空歌は少し膝を落としてせんきょにレンズを近づけた。
 そしてシャッターを押す。
 撮れた写真の中で、せんきょは「アァーン」とあくびをしていた。
「うふふふふ」
 撮れた撮れた。
 空歌はにっこりと笑った。
「くー、せんきょ。写真いっぱいできたから、また鷹くんにプリントしてもらおうね?」
「みゃー」
「みゃー」
 空歌は二匹を抱き上げた。
 二匹はすりすりと空歌にくっつき、空歌も嬉しそうに二匹に頬ずりをしていた。

「ただいまー」
「あっ、鷹くんお帰りー」
「おっ、空歌また写真撮ったんだな?」
「うんっ、えっとね。くーがくしゃみしてるのと、せんきょがあくびしてるのが撮れたんだよ」
「ほお、貴重なショットが撮れたなあ」
 帰ってきた鷹大に空歌は二匹を抱っこしたまま迎えに行った。
 鷹大はにこにこ笑って、空歌と二匹の頭をそれぞれ撫でていた。

 船橋家のリビングには、鷹大と空歌が撮った写真を飾っているスペースが存在する。
 今日もまた、新しい写真がフォトスタンドに入れられて、飾られる事だろう。


作品への一言コメント

感想などをお寄せ下さい。(名前の入力は無しでも可能です)

名前:
コメント:




引渡し日:2009/05/23


counter: -
yesterday: -
最終更新:2009年05月23日 22:48