※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

守上藤丸@ナニワアームズ商藩国様からのご依頼品


/*その経緯*/

 遠くで輝いた銀色の輝き。
 つられて、目前の銃口が一瞬ぶれる。
 わずかな間隙。一呼吸の時間もなかったが、
「っ、」
 決定打とするには充分な時。
 彼は鋭い踏み込みを見せ、剣を振るった。

 一瞬後、敵の腕を断つ堅い感触が、腕を、震わせた。

+++

 なんだとこのやろー、と思ったのは随分前(クリスマス)。
 しかししかし、時の満ちた、今日この頃。
 リベンジである。
 携帯使わないのはわかったので、この間みたく、携帯ストラップというのは無しだ。そもそも使わないものもらっても嬉しくないもんね、と守上藤丸は腕組みしてうんうん頷く。
 場所は小さな部屋。木製のテーブルの上には、ビーズを入れたプラスチックのケースや、ピン、ワイヤ、ニッパーにラジオペンチがところ狭しと並んでいる。以前見つからなかったペンチも今回はちゃんと発掘したし、準備万端である。
 守上藤丸は右手をみた。そこには四角い、鉈を小さくしたみたいなナイフがある。電工ナイフである。
 ……ちなみに、これは使わない。これは単に懐かしくて手に取ってしまっただけである。
 それをテーブルに戻す。
「よし」
 これから作るのは電気回路でも室内配線でもない。
 腕まくり……はせず、長袖の服の上から腕をなでつつ、守上はもう一度テーブルを見る。
 蛍光灯の明かりを反射してきらきらと輝くピンや石。深い色合いを見せるラピスラズリ、竜が炎を吐いているようなペンダントトップ。テーブルに並んだそれらを眺めて、満足そうに頷いた。
「……ふぅ」
 息を吐く。
 さあ、いよいよはじめましょう。
 守上は椅子に座り、……目を、丸くした。
「あれ?」
 ……さっきまで机に転がっていたはずのラジオペンチは、いずこ?
 右手に握った、細長いハサミみたいなものに目を向けることなく、守上はしばらく、きょろきょろと辺りを見回していた。

 こうして、ネックレス作りは始まった。

+++

 最初は、喜んでもらえるかなぁ、と。
 ぼんやりと、そう考えていた。

 特にこれを作りたいっ、という強い欲求があったわけじゃない。あえて言うなら、ネックレスを作ろうと、ただそれだけを考えていた。身につけるものなら、使わないっていう事もあんまりないだろうし。

 そこで、材料を捜してみた。
 あんまり派手なのは、なんか違う気がする。かといって地味というのも趣味じゃない。
 手持ちの石や紐をテーブルに並べて、それっぽく配置してみる。
 どういうのを作ろうか。とりあえず、ラピスラズリの石は決定。丸い、小さな石を指先でころころさせながら、あとどうしようかと考える。
 ……一応、ストラップの材料で新たに作り直すつもりでいるけれど、それはそれとして、今の石だけのネックレスだと、ちょっと地味な気がする。
 何かワンポイント。あるといいなぁと思って、「うーん」とうなった。

+++

 作り始めた時、それはただの首飾り(ネックレス)だった。
 ラピスラズリ。古い言い伝えをさかのぼろうとすると、他の青い石に関する話と区別するのが難しくなってくる石である。以前、何かの図鑑で小さな亀が重なっている彫刻を見たことがある。黒っぽいブルーの彫刻はとてもかわいらしかったのを覚えている。
 眼病を癒す石。囚人を解放する石。邪悪な目から身を守る石。

 石は古くから重ねられた意味を与えられ、青く輝いている。

 だが、これから作るネックレスには、まだ、意味は与えられていない。

+++

 良い物を見つけた。
 銀色のペンダントトップ。ドラゴンナイフという、小さなナイフ形のアクセサリィは、ブルーの石の下で光を浴びてきらめいている。
 これなら地味すぎず、かといって派手すぎず。良い具合に収まっている。紐の色は茶色っぽい赤で、いざ石とやペンダントとつなげてみたら、適度に色が目立っていた。
 これで完成。守上は満足げに頷くと、それを手にして歩いて行く。
 今日は暮里と、冶金工場を見に行くのだ。

+++

 排煙施設前。冶金工場の暗い闇の中、黄色い光に照らされて、二人は戦っていた。
 暮里が剣を振るう。横薙ぎに、闇を裂くような銀弧を描く。服の先を切り裂く感覚。ミチコは数歩退いて聖銃を抜く。
 銃口に白い光。
 来る、と思うよりも早く横に飛んでいた。掠りもせず、聖銃の一撃が右側を駆け抜けていった。
 銃口はそれている。距離を取るのは自殺行為。
 間合いを詰めて、一息に斬る。
 背後で壁が砕ける音を聞きながら、暮里はすぐに判断。足に力を込め、一気に踏み込んだ。
 だが、銃口が素早くこちらを捉える。

 ―――そのときだった。

 遠くで輝いた銀色の輝き。
 つられて、目前の銃口が一瞬ぶれる。
 わずかな間隙。一呼吸の時間もなかったが、
「っ、」
 決定打とするには充分な時。
 彼は鋭い踏み込みを見せ、剣を振るった。

 一瞬後、敵の腕を断つ堅い感触が、腕を、震わせた。

 聖銃を断ち切られると、ミチコは逃げていった。暮里は剣を片手に握り、ミチコの逃げていった方を睨む。
「暮里! 大丈夫!?」
「よるな。さわるな」
 地面でばらばらになる聖銃。それを確認した後、暮里はようやく守上を見た。
「逃げられたな」
「うん……」
 そして。それから、はっとしたように守上は右の方へ歩いて行く。暮里が視線を向けると、そこに落ちていたネックレスを拾っていた。
 ―――納得する。あの銀色の輝きが守ってくれたのか。
「ごめん、なんか渡す前に投げちゃったけど、クリスマスの時に携帯持たない主義とか言ってたから、同じ材料で作り直した。ドラゴンナイフって言うんだって」
 そう言ってネックレスを渡してくる。じゃらりという石の音を聞きながら、暮里はそれを手に取った。
 ラピスラズリ。ドラゴンナイフ。
「へえ。お守りだな」
 言いながら、ラピスラズリに向けていた目をドラゴンナイフに向ける。――この輝きが、つまりは、敵のとっての致命的な一撃だったわけだ。
「そうなんだ? これだったらまぁ、大丈夫かなって」
 言って、少し照れたらしい。守上はわずかに目をそらして、慌てて排煙施設に向かっていった。
 その背中を見送り、暮里は少し笑う。
 ネックレスを首に書けて、指先で、ナイフをかちかちと弾く。
「よし」
 小さく頷く。
 では、これを受け取るにふさわしく―――。
「行くか」
 暮里はつぶやき、ゆっくりと歩を進める。

+++

 作った時、ネックレスには、まだ、意味は与えられていなかった。
 それはただのネックレスとでも呼ばれる物であったけれど、
 今は、お守りと、呼ばれている。



作品への一言コメント

感想などをお寄せ下さい。(名前の入力は無しでも可能です)

名前:
コメント:




引渡し日:2009/06/06


counter: -
yesterday: -
最終更新:2009年06月07日 16:50