※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

瑛の南天@後ほねっこ男爵領様からのご依頼品


/*余地の検討*/

「ええ。好きじゃないの、そういうの」
「わかりました。調査しておきます」
 会話は………淡々と、していた。余計な言葉を挟む余地など、そこにはない。
 堅い大地。乾いた土を踏みしめながら英吏は微かに頷く。それを見るとアイシャドウの人物はにこりと笑って歩き出す。
 民家に挟まれた道はまっすぐ向こうに伸びている。通りは静かで、人気がない。―――遠く、微かに聞こえるざわめき。機会をうかがうように潜めた息使いが、風に乗って届いてくる。注意しないと聞こえないくらいだ。
 彼の姿は、最初の曲がり角で消えた。おそらくは追いかけても、その姿を見ることはかなわないだろう。もうどこかに行ったはずだ。
 後ほねっこ男爵領。新ほねコロ街道と呼ばれる道から少し外れ、一般家屋の連なる住宅街へと入ったところ。日差しは高く、道には民家の黒い影が落ちている。
 昼過ぎだからか、はたまた別の理由でか………、静かすぎて、じっとしていると、どこか薄ら寒い。
 ―――ただの妄想だ。
 苦笑する。英吏はのんびりと道を歩き始めた。
「クイーン」
 呼びかけると、道からのそりと白い姿が現れた。巨大な白い姿。四本の足を規則正しく動かして英吏の隣に並び、歩調を合わせてついてくる。何か心配しているのか、細面をすり寄せて、英吏の頬をこすってきた。
「なんだ? 甘えたいわけでも無かろう」
 返しながら、首の後ろを掻いてやった。クイーンは気持ちよさそうに眼を細める。
 しばらく歩いて行くと、広い交差点に出た。横断歩道の白いラインに、電信柱の黒い影がクロスしている。道を渡る人々の姿を眺めながら、ガードレールの手前に立った。道を眺めながら、のんびりと、時間を潰す。

 2008年、9月末。後ほねっこ男爵領では臓器売買が流行していた。英吏はクーリンガンの高弟としてその調査にあたることになった。
 別段、どの立場であるかはあまり関係無い。確かに、以前よりは『たが』が外れやすくなっている気がするが、たとえ以前のままでも、これを聞いたら調査していただろう。
 結局のところ、自分のすることは変わらない。どう転がろうと、自分は自分でしかないようだ。………それがどこか、残念な気もするが、誇らしくもある。
 自分は自分として生きることになるだろう。結局は、それだけが、生きることの価値だ………と思う。

 そう思っていた。

/*/

「これから、どうするのですか?」
 耳元に顔を寄せて尋ねてくる。ささやくような声は緊張に満ちていた。
 南天という名前の女性は、フードの下で表情を険しくした。先ほど、国内の闇医者―――臓器売買を担っている医者の元へ行ってきたところだ。住民が医者を逃がそうとしたことや、仕方がなかったんだと叫んだ医者の姿………普通に考えれば、ショックを受ける内容だったかもしれない。
 何か慰めを口にするべきだろうか。ただ………今はあまり、距離を狭めたくない。英吏は自然と半歩横にずれていた。
「とりあえずはここまでです。ありがとう。この情報をもとに、愛鳴之まで追っていきます」
「では私も行きます」
 すかさず答える南天。
 英吏は少し笑った。―――きっとそう言うと思っていた。だが、今は、前以上に………巻き込むわけにはいかない。
「明日以降ですよ。今日は、のんびりします」
 そう言ったあと、英吏は考えた。どうせなら、そう。少し、変わったこともしてみよう。
 きっと、これが、最後だ。
「どこか遊びにいきませんか」
 南天は、表情を変えずにじっ………と、こちらを見てくる。
 英吏は表情を変えない。
 一分もすると、彼女は眉根を寄せて考え込み始めた。それから微かに腕を振って、深呼吸する。
「………おいていく、気ですか? 危ないところに、行くんですか?」
 小声だった。また難しく考えているな、と思う。
 しかしその心配は大当たりだ。
 大当たりなので、どうにかする必要がある。以前の自分ならともかく―――いや、以前にしろ今にしろ、ついてきてもらっては困る。特に今は、困った事になる、というだけだ。
 どちらにせよ。自分は、彼女に迷惑をかけたいとは思っていない。
「いえ。少しづつやってるだけです。今日はもうやすみ。ゆっくりやりますよ」
 嘘はつかなかった。英吏の言葉に、それじゃあ本当に………と、南天は顔を赤くする。
「………し、信用します………」
「ええ。本当ですから」
 彼女はぺちぺちと頬を叩くと、にこっと笑った。

 ………ああ、いいな、と思うのと。
 これは、まずいな、と思ったのは同時だった。

 英吏は微笑んで、少し身を引いた。南天は眉を持ち上げる。
「なんで、引くんですか?」
「触られるのは苦手で」
「………なんでわかったんですか……手を繋いでもらおうと思ったんですが」
 これは少し嘘。苦手なのではない。ただ、今はよくない………と、思ったのだ。
「………先手取られてしまいましたね」
 照れたように笑う南天。英吏は罪悪感で自分を殺したくなったが、一瞬で気持ちを切り替えた。
「まあ、散歩でもどうですか」
「そうですね………この先に湖がありますから、そちらにでもどうですか?」
「ええ」
 頷いて、並んで道を歩いて行く。通りを抜けて、商店街を進み………河を横切る大きな橋を渡った。弧を描いた橋の上から左手を見れば、王城の灰色の威容や、その下に玩具を並べたみたいに広がっている市………そこから右に目を向けて、淵駒と呼ばれる湖や、収穫期を終えて裸の土地を見せる小麦畑が視界に入る。
 息を吸う。………そういえば、まだ息を吸わなくてはならないのだろうか? どうなんだろう。どうでもいいことを英吏は考えた。
「あの、ですね」
 南天が口を開く。湖に向かう、川沿いのゆるやかな坂道を二人並んで進みながら。
「なんでしょう?」
「と、特にこれ………というのがあるというわけじゃないんですけど。その。英吏さんは、たとえば何か食べたいものはありますか?」
「え?」
 いきなり、なんの話題だろう。英吏は目を白黒させて、クイーンを見た。クイーンは、お腹空いてないよ? という顔。おまえはグリンガムか。眼を細める英吏。クイーンは楽しそうに目を丸くした。
「そう………ですね。今ぱっとは思いつきませんが」
「良かったら、今度作ってきます」
「―――、っ」
 一瞬。動揺が顔に出かけた。
 すぐさま表情を整えて、英吏はありがとうございます、と返した。
 しばらくすると、湖にたどり着いた。
 日差しを帯びて、銀色に輝く湖。滑らかな表面はどこか草原を思わせる。―――ああ、そう思って見ていれば、いつの間にか、波音が馬の足音にも聞こえてきた。
 鳴駒の湖と呼ばれている湖は、想像していたよりも………綺麗だった。
「綺麗なところじゃないか」
「………ありがとう、御座います」
 南天を見る。と、彼女もこちらを見てきた。
 見つめ合っていると、南天が顔を赤くした。英吏は内心うろたえながら目をそらす。
「また性格がかわりましたか」
 いきなりそういう反応をするとは………驚きにやられた頭が、言わなくても良いことを尋ねてしまう。
 しまった。と思っていると、
「なんでしょうか、それ?」
 南天はきょとんとした顔。
「………なんでもありません」
「………性格が変わったとか、変な風に言わないで下さいよ………地金がでたとか………あれ、それじゃもっと悪いか」
 そう言って彼女は苦笑した。

/*/

 不思議なことに。最初に思い出したのは、湖を前にした彼女との会話だった。
 思えば………もう少し、何か、言い方があったかもしれない、とか。
 こうすれば………別の顔を見ることができたかもしれない、とか。
 後悔は無い。
 けれど、少しだけ、思い出す。
 顔を赤くしたところ、とか。
 手をつなごうとしたところ、とか。
 よく考えれば。自分の知っていることの、なんと少ない事だろう。
 よく考えれば………どうすれば良かったか、自分はよくわかっていなかったのではないか。
 考えは明確だった。何かを守るというのが、今も昔も自分の行動方針だ。できるなら、自分の望んだ物を守りたいと思う。

 ああ。けれど。

 それだけでは、何か、足りなかったのではないだろうか………?

 それが何か、わからない。

/*/

「そうだね。だが不思議な事というのはよくある。特に、自分の知らないことなら」
「知らないこと」
「そう。そもそも、不思議な事とは、知らないことだ。そして全てを知る必要がない以上、人には少なからずの不思議がある」
 温室は暖かい空気に包まれていた。花の香りに満ちた部屋は、どこか鼻をむずむずさせる。
「ええと。今は彼女はどうしていますか?」
「うん。今日は墓参りに行っているらしい」
「、っ………」
 英吏は表情を消した。そうですか、と言いながら頷く。
「そうですね。自分はもう一度死んだわけですし。それに………まあ、ひどいことをした。顔を合わせない方が良いでしょう」
「そうかね?」
 そう聞かれて、即答できない自分に気づく。英吏は苦い顔をした。あれだけやってまだ懲りていないのだろうか? やはり自分は、人とつきあうのが苦手なのだ………。ましてや、好意を向けられているというのは、どうも、その、慣れない。
 いや………正直を言えば。
 今会ったところで、どういう顔をして良いのか………よく分からない。
「望むのなら何か仕事を見繕おう。おお、そういえばハイマイルで警備の話があってな」
 宰相が話を続けたところだった。温室のドアが、こつこつと、軽くノックされた。
「お話中恐れ入ります。南天で御座います」

 驚いてそちらを見る。と、そこには、どこか困惑した様子の南天が立っている。こわごわと………戸口から、温室の様子をうかがっていた。

 ―――はめられた。

「おお。おいで」
 宰相が手招きする。南天は早足で近づいてきた。
「どうかしたのかね?」
 よくもまあ。英吏は内心で舌を巻く。ああ、このくらいできれば自分もまた何か違ったのかもしれない。そんな事をぐるぐると考え込みつつも、南天の姿を目で追ってしまう。
 彼女はこちらに一礼した後、宰相の方を向いた。
「ええと、クリスマスプレゼントをお渡ししようとおもいまして……あと、その。相談を、聞いていただきたくて」
 言いながら、彼女はマグカップを取り出した。宰相は笑ってうけとりつつ、
「わしからもプレゼントをね」
 といいながら、こちらを見る。南天はさらに戸惑った顔をする。
「あ、有難う御座います……」
「好きなだけ、なぐっていい」
 南天はどんどん困った顔をする。状況がよく分からないので………と、消え入りそうな声で言われた時は、宰相の足を踏んづけてやろうかと英吏は考えた。
「坂神はすべてのものを一度救った」宰相はそう言って小首を傾げる。「それだけだよ。な」
 もう、駄目だ。耐えられない。
「いいんです。ハイマイルでかせぎますから。では」
 素早く言って、英吏は戸口に向かって歩き出す。

 が、

「英吏さん!」
 素早く伸びてきた手に、捕まった。

 ―――以前、避けようとした事を、思い出す。

 英吏は立ち止まった。それから、動揺が顔に出ていない………はずがないから、南天の方は向かなかった。
「気にしないでください」
「もおっだって! 死んだと思って!! 今だって! お墓参りしてきてっ」
「いやまあ、死んだことにしてください。自分も、そう思います」
「いやです、なんで………もう、私は貴方がいないと、だめなんです………。生きていけないくらいダメなんです」
 今にも泣きそうな声。英吏は罪悪感で死にたくなった。
「それははじめてききました」
「私も、初めて知りました。貴方が死んだと思ってから。………だから、お願いだから、もう消えたりしないで………」
 ぎゅっと、手を握りしめてくる。英吏は反射的に、南天の顔を見てしまった。
 顔を背ける。
 以前これをやられていたら、きっと………手放せなかっただろうな、と思った。
 熱い手。泣きそうな顔。宰相がそっぽを向いているのが、視界の端っこにうつっている。
 この手をふりほどけるだろうか?

 ふりほどきたいのだろうか?

 考えるまでもなかった。わかってしまった。
 あのときはわからなかった理由も。だって、仕方がない。あのときわかってしまったら、自分はきっと辛かった。
 今だって。手をふりほどけない。そんなことを、したいとも思わない。
 そうしていたいと思ってしまった。
 英吏は一度目を瞑った。どうすれば良かったのか。どうしたいのか。今はそれだけを考える。
 明白だった。
「わかりました」
「わかりました?」
 目を開くと、南天がじっとこちらを見ていた。
 英吏は頷く。
「ええ」

 すると、彼女はとても………とても、嬉しそうに笑って、見せた。

 けれど駄目だ。今は、なんというか。そう。防衛能力が足りない。撤退すべきだ。
 英吏は素早く歩き出した。

 足音は、少し遅れてついてくる。


/*/

 少し、緊張する。
 軽率だったかもしれない。どう思われたのかわからない。不安で、柄にもなく動きがぎくしゃくしている。
 宰相府の中庭。色とりどりの花を眺めながら、英吏は待っていた。
 ………何を言えばいいだろうか?
 考えてみる。彼女は何を言うだろう。何を考えるだろう。
 自分はどうしたいだろう。
 どうすれば彼女のためになるだろう。

 いつも通りの思考。いつも通りの検討。

 けれど。少しだけ、高望みをする余地があるなら………。
 彼女の喜ぶところが見てみたい。

 英吏は少し笑った。緊張がほぐれた。
 花を眺めながら、足音が聞こえてくるのを、ゆっくりと待つ。
 今日はどんな顔をするだろう、と。柄にもないことを考えながら。




作品への一言コメント

感想などをお寄せ下さい。(名前の入力は無しでも可能です)

  • 素晴らしい作品を有難う御座いました!!何度も何度も読み返そうと思います>< 本当に有難う御座いました! -- 瑛の南天 (2009-07-11 00:01:53)
名前:
コメント:




引渡し日:2009/07/10


counter: -
yesterday: -
最終更新:2009年07月11日 00:01