※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

芹沢琴@FEG様からのご依頼品


そして桜が舞う頃に


 明乃は空を見上げていた。
 空は摩天楼。たくさんのビルが木々のように建ち並んでいる。
 そして、桜。琴から初めて聞いた時には「さくらですか?」と聞き返したものだ。
 桜の淡いパステルピンク色の花びらが舞っていた。
 明乃のよく知る桜は山でよく見られる白いものか、ぼたん桜であり、こんなに桜がキレイなものとは知らなかった。

「明乃ちゃん、ここがうちの国の桜並木ですよ。……もっとも、私も今日初めて来ました」

 琴は何故かいばっている。

「キレイですねえ……」
「そうですわねえ。もう春も終わりですから、もうそろそろ見納めですかねえ。少なくともうちでは」
「うちでは?」
「はい。宰相府……ええっと前行った神社とは別の所なんですけどね……では1年中桜が見られる区画があると聞き及んでおります」
「はあ……まるで魔法ですね」
「あらあら。そう言えばそうかもしれませんわねえ。あまり考えた事ありませんでしたが」

 琴はのほほんと笑う。
 しかし不思議な事に、さっきまでコゼット……この国のお姫様らしい……の周りではお茶やケーキを食べていたのに、今は酒や肉の匂いがする。
 あちこちで人が敷物をひいて座り、それらを食している。
 明乃はびっくりしたような顔で見ていて、琴は「ああ」と納得した。
 最初は彼女との文化の違いにびっくりし通しだった琴だが、最近になってようやく異文化交流について慣れてきた所だ。

「あれは、お花見です」
「おはなみ?」
「桜が咲いたら花見をするのです」
「他の花では駄目なんですか?」
「ええとですねえ。桜はうちの国の藩王様が好きな花なんですよ。で、国民もその花が大好きなんで。だから、その花が咲いたら皆で花を見ながらお酒を飲もうとするのです」
「はあ……宴会ですか?」
「そうですわねえ。でもお弁当食べたりお菓子も食べますよ。夜桜なんかも見上げたりするようです」
「そうですか」

 明乃はもう一度桜を見上げた。
 パステルピンクの花びらが1枚ひらひらと落ちてきた。
 思わず手を伸ばすと、それは明乃の手の中に入った。
 柔らかく小さい、白い花びらだ。
 明乃は「?」とした。

「ピンク色だと思ったのに、花びらは白いんですね」
「あら、そう言えばそうですわね。何故でしょうか。桜って木に咲いてる時はピンク色ですのに、落ちた花びらは白いんです。皆で咲いてるからピンク色なんですかねえ」

 琴は「ムムム」と眉間に皺を寄せて考え込み始めた。
 明乃は笑った。

「あっ、そうだ」
「はい?」

 琴は思いついたように手をポンと叩いた。

「今年はもうおしまいですが、来年になったらお花見をしましょう。私お酒は飲めませんが、何か食べ物お持ちしますわ」
「あっ、でしたら、私も持ってきます」
「ですか。では約束ですね」
「はい、約束です」

 2人はにこっと笑った。
 桜の花びらが舞った。


 桜の花言葉

 想いを託します


<了>


作品への一言コメント

感想などをお寄せ下さい。(名前の入力は無しでも可能です)

名前:
コメント:




引渡し日:2009/7/11


counter: -
yesterday: -
最終更新:2009年07月11日 03:15