※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

吾妻 勲@星鋼京様からのご依頼品


最近、私は変だ。ふと気付くとある男性のことを思い出している。

名前は『吾妻 勲』さん。なんでも奈良の方で事務をやっていて、師団と言っていたからには軍人なのだろう。このご時世だから、近畿地方所属の学兵が簡単に小笠原まで来ることはできはしない。若いながら結構なエリートなのかもしれない。

両目の色が違って綺麗で、髪もほのかな銀の輝き。

 クリスマスプレゼントの後に、現れた人。

 優しい笑顔と私の全てを肯定し、包み込んでくれるような人。

 かと思えば、急に告白して私の心に核級の大打撃を残して行った人。

 ・・・・・・・・・そして、中々会えない人。

 そして、今日もまた気付くと私は吾妻さんの事を思っていた。

 吾妻さん。あなたの告白は本当なのでしょうか?

 吾妻さん。あなたの喜ぶ服装はどんなものでしょうか?

 吾妻さん。あなたは今度どんなお菓子を持ってきてくれるのですか?

 吾妻さん。今度はどこで会えるのでしょうか?

 吾妻さん。吾妻さん。吾妻さん。吾妻さん。吾妻さん。吾妻さん。吾妻さん。・・・・・・・・・

 吾妻さん、・・・・・・・・・今度は何時、あなたと会えますか?

 /*/

 これは不器用で初々しい二人のお話し。

 男の子は女の子に恋をした。

 女の子は男の子との時間を積み重ね、恋をした。

 そんな二人のある一時。

 /*/

 また、ゲームをしている。吾妻さんからのお誘いを受けたからだ。

 最近は忙しいのか、ゲーム内で遭うようになっている。それにしても、このゲームは凄い。感覚の再現度が並外れている。

 目の前に広がるのは、小高い山々。それぞれが赤と黄の入り混じりで染め上げられている。紅葉と言って本州では秋に木々が色づき、葉が落ちるという。TVなどで知識としては知っていても、実際に見るのとでは大違い。小笠原では見られない風景。

 「里美さん、お久し振りです」

 振り返った先にはかの人が、いつもの優しげにはにかんだ表情と共にいた。気のせいか、心臓の高鳴りが一段上がったような気がする。

 「えーっと、どうかされました?」

 「すごいですね・・・」

 「あぁ…ここの景色ですね。実は僕もこうして見るのは初めてでして」

 振り返る吾妻さんの横顔を、なんとは無しに見つめてしまう。線の細い身体、整った顔立ち。全てが大きい私とは大違い。

 「綺麗・・・赤い、葉っぱ。TVでしか、みたことなくて」

 ぽろりと漏れた吾妻さんへの印象。慌てて誤魔化そうとはするけれども、わざとらしい。なんで自分はこうなのだろう。でも、彼は

 「あぁ…そう、でしたか。喜んでいただけました?」

 なんて、またこちらの心を溶かすような極上の笑みを返してくれる。喜ばない訳がない。例えゲームの中だとしても、貴方と会えただけで嬉しい私が居る。心臓の高鳴りがまだ1ランク上へシフトする。慌てて首を振る。顔が火照っている気がするのは気のせい?

 落ち着こうとついつい刻むステップは、身に沁み込んだリズム。慣れ親しんだリズムを生み出し続け、徐々に火照りは収まってきた。

 「すごいですね。あ、えーと」

 一呼吸を置く。以前は何気なく呼べた名前。でも、今は唇に乗せるだけで切なく響く音の連なりに変わっていた。

 「吾妻さん」

 言えた。安堵が心を包む。

 「はい、なんでしょう?」

 そう言って、吾妻さんが近付いて来る。え、なんで? 予想外のリアクションに戸惑ってしまう。傍に寄られることが嫌なわけじゃない。でも、何か怖い。自分がどうにかなってしまいそうで。

 「なんでもないです。すみません・・・」

 「え、えーっと、その…。仰ってみてください?」

 吾妻さんは自分の耳を指し、片手を当てる仕草。言える筈が無い。だって・・・・・・・・・。

 「え、えっと、ええ、いきましょう!」

 そうごまかし、歩き出す私を彼は少し残念そうに見ていた。・・・・・・・・・ごめんなさい。

 /*/

 少し気まずい気分で言葉少なく歩く山道。吾妻さんは私が滑らないように、陰ながら気を遣ってくれていた。自分は大事にされていると実感する。

 見上げる道の先は急ではないけれど、延々と続く。空気や山の生きとし生けるものの発する音や匂い、すべてが小笠原の自然たちとは違う。語りかけて来る彼らの言葉は新鮮で。それはとても、心躍る。ゲームであることすら、忘れさせてしまう。

 「いかがですか、里美さん」

 少し置いた間と包み込む自然は私を緊張から解いていた。問われてまず思うのは。

 「寒いです」

 小笠原との違い。そう言えば、紅葉は寒くなるのを契機に始まると聞いた覚えがある。ほぅと吐く息は白い霧となり、消える。

 「地球じゃないみたい」

 でも、小笠原しか知らない私からすれば、ここはどこか別の星のようで。

 「おおっと、それはいけない」

 慌てる彼は自分の上着をさっと掛ける。昔見たTVドラマにこんなシーンがあった。まさか、自分自身がそんな身分になるとは思わなかったけど、ちょっと嬉しい。

 「す、すみません」

 でも、また気を遣わせてしまった。本当に私は、この人に何かをして貰ってばかり。

 「すみません、気付かなくて」

 「ありがとうございます・・・綺麗です。嬉しい」

 謝ることはないのに。余りにも気を遣われすぎて、恐縮してしまう。私には感謝の言葉を言うぐらいしかできなくて。だと言うのに、彼はまた蕩けるような笑みを浮かべる。

 「…良かった。あなたがそうやって喜んでくれると、僕も嬉しいです」

 「田舎ものに、親切なんですね」

 「田舎ものだなんてそんな…」

 そんな己を卑下する言葉を紡いでしまう。困ったような彼の顔で自己嫌悪という棘は、己を傷つける。本当にこんな私は嫌だ。嫌なのに。

 再び言葉は減り、葉を踏みしめる足音が静寂を支配していった。

 /*/

 登り続け着いた先には小さなお店。飲み物やちょっとした食べ物を売っている。

 「里美さん、少し休憩しませんか?」

 吾妻さんは先程のことなんて何でもないかのように、微笑みかけて私を建物へ招き入れる。入り口にすっと入る彼。私は少し屈まないと入れない。胸が鈍い痛みを訴えた。

 彼が選んだ席は店の奥側、窓からテーブルがせり出し、横にベンチが3つほど並んでいる。窓からは山並みが一望できる席。赤と黄が乱舞する様も見上げるのと、見下ろすのとではまた違う。

 私は吾妻さんから少し離れて座る。そういえば、家族以外の男の人とこんな近くに座るのはいつ以来だろうか。思い出そうとして止める。

 「その…隣に行っても、良いですか?」

 「で、出来ればそこで。隣だと・・・」

 言いたくは無い言葉の続き。それは自分が最も気にしていることで。

 「私が大きいこと、わかるので」

 周囲から一番思われたくないこと。

 「す、すみません。気が利かなくて」

 それは謝罪の言葉。同時に、私が大女だと肯定する言葉でもある。また、胸がちくりと痛む。彼の顔を見ることが辛い私は目を逸らした。

 「…えい」との言葉と私を呼ぶ彼の声が耳に届く。彼の顔を見るのが怖い。でも、恐れ恐れ見上げた私に向けられる彼の視線はとても真剣で。

 「僕だけを見てください」

 瞳と瞳が通じ、彼の視線が柔らかくなる。

 「誰の視線も気にしないで。僕の視線だけ感じてください」

 噛み含めるように優しく、しかし凛とした声。それは男性の持つ力強さ。ドキっとしてしまう。

 ゆっくりだけど、頷くことができた私を見て、彼もまた頷きを返す。

 「ありがとう…」

 こちらを安心させるかのように微笑を浮かべる吾妻さん。いちいち反応が大きい自分が情けない。

 「す、すみません。小動物みたいで」

 こちらの言葉に対し、ゆっくりと首を振る彼。ああ、そして。また小動物みたいにどきどきしている私。

 「大丈夫ですよ。僕が里美さんを守ります」

 「…その、そういう所がまた、かわいい」

 一度視線を逸らし、言い切る吾妻さんの頬が少し赤くなっているのは気のせい?でも、私の方はもっと酷い。頭の中で大きな鐘が乱打され、視線が定まらない。もし、立っていたなら座り込んでいただろう。

 「大丈夫…大丈夫です」

 言葉は遠く、その意味が分からない。ただ、できることをする。疑問への答えを求めて。

 「なんで、ですか、何で私に?」

 少しの無言の瞳同士で視線が絡み、気付くと私は彼に抱きしめられていた。温かい。此れが男の人の体温………。あんな華奢に見えた体は、思いのほか固い。

 「最初に言いました。一目惚れだって。覚えてませんか?」

 そして、止め。分からない、判らない、解らない。吾妻さんの言っている事がわからない。

 だって、だって、だって、だって、だって。

 男女の意味で誰かを好きになったことはあっても、誰かに好かれたことはないから。

 「…大丈夫です。」

 何かを言われているけれど頭は真っ白で、紡ぐべき言葉は判らず。ただ、確かなのは。

 私を包み込む彼の熱気と力強さ。

 「里美さん…もう少しだけ、こうしていても良いですか」

 「ひゃい・・・」

 それからどのくらいの時間が経ったのだろう。凄く長いようで、実は短いのかもしれない。気付くと彼は離れ、少しの肌寒さを覚える。

 寂しいの、私は? 破廉恥な気もするけど、ああ、もう。思考は未だ定まらないで、頭の中を得体の知れない衝動がぐるぐる駆け回っている。

 「えーっと…、里美さん、また外を見に行きませんか?」

 「は、はい」

 掛けられた声に背筋が伸びる。

 「私で良ければ」

 「ぜひ、お願いします」

 少しかすれた声の私に比べ、笑顔と共に吾妻さんは落ち着いた声で私にお願いする。こんなにも落ち着いている吾妻さんは見た目よりずっと大人で、恋の駆け引きには慣れているのだろう。1人ぐるぐるしている自分が恥ずかしい。できたことは小さい肯定とばかりにあごを引くことだけ。

 建物を出ると展望台となっていて、遠くまで一望できた。山の向こうには街が見える。でも、今の私にはそんな景色を楽しむ余裕は無くて。

 「里美さん、いかがですか?」と振り返る彼に抱きついて、顔を隠すのがやっと。もう、自分の中で暴れまわる何かをどうすればいいのか判らない。

 こんな自分を見て欲しくないし、彼を見たら見たでどうなってしまうかも判らない。

 「すみません・・・みないでください」

 涙交じりの私の声に「はい…」と答える口調は優しく。髪を撫で始めた優しい手つきは、私の中の凝り固まった重しを溶かしてゆく。我慢はとうの昔に売り切れ、堰を切ったように涙が溢れ出す。

 「大丈夫…何も心配、要りませんから」

 少し心配そうに言う彼。

 「そういうのではなく」

 全てをいうのは恥ずかしく。今はただ、溜め込んでいた想いと喜びを私は受け止め、噛み締めた。


読了頂き、ありがとうございました。
誰かに必要とされる、頼りにされるというのは男冥利に尽きるわけで。
同じように人は誰しも、誰かを必要としています。

古関の自分への自信の無さに対し、否定はせずに受け止める吾妻さんがとても大人でラブい。
読んでいて背中がこそばゆくて、ほっこりとするログでした。

今後もお幸せでありますように。


作品への一言コメント

感想などをお寄せ下さい。(名前の入力は無しでも可能です)

  • は、はうぅーっ、お、大人だなんて…未熟でお恥ずかしい限りです(//) ここしばらくお会い出来てないので、ちょっと寂しかったのですが、このSSでまた元気を頂けました!ありがとうございますっ! -- 吾妻 勲@星鋼京 (2010-02-24 00:09:17)
  • お喜び頂けた様で幸いです。3月前半の生活ゲームに当選されたようですので、出た元気を古関さんに分けて二人で元気になって下さいね。 -- 刻生・F・悠也@フィーブル藩国 (2010-03-07 23:24:27)
名前:
コメント:




引渡し日:2010/02/23


counter: -
yesterday: -
最終更新:2010年03月07日 23:24