※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

優羽カヲリ@世界忍者国様からのご依頼品


[デート模様]

 鼻歌が聞こえる。雑踏であれば聞き逃してしまいそうな小さな声で、カヲリは何かを口ずさんでいた。そっと重ねるように添えられた片手が、ほのかに暖かい。息は白くふわりと膨らんで、雲に溶けていく。
 玄乃丈は片手を頬にあてた。少し撫でる。やや、顔が緩んでいる気がした。
「機嫌がいいな」
 誤魔化すように言ってみる。カヲリは、こちらを見上げた。ふわふわと笑っている。
「はい」
「そんなに。あー。結婚したかったか?」
 つい先ほど、結婚しようかと打ち明けたばかりである。あのときはさらりと言えたのに、何故今言うのがこんなに照れるのだろうか。内心でやれやれとこぼす。
「はい。ずっと傍にいたいんです」
 が、そこでふわりと笑って頷かれるので、我慢はあえなく失敗した。こちらも、つられて笑ってしまう。
「そうか」
「はい」
 わずかに、手を握る力が強くなる。気遣うような、けれどももっと自己主張したいというような、ほんの微かな力の差が、暖かさを伝えてくる。


 夕暮れが空を眩しくする。街並みに戻ってくると、じゃっかんのざわつきが道を満たしている。通りを行き交う人々。帰路につく子供達。それとは別に、ようやく仕事の始まりだと、ドアの札を変えていく飲食店。
「なんか食べるか?」
「はい」
 問いかけると、こくこくと頷いてきた。よしと、玄乃丈は頷いて、それからしまったという顔で立ち止まった。
「玄乃丈さん?」
「いや……まあ、そうだな。何が食べたい?」
「えっと、そうですね」カヲリはきょろきょろと辺りを見渡す。「お勧めの所って、ありますか?」
「あー。まあ、あるっちゃあるが」
 首を傾げるカヲリ。玄乃丈はしまったなあという顔。
 行きつけの店はある。行きつけというと飲み屋のような印象が浮かぶが、まさに飲み屋だ。玄乃丈のレパートリィにあるのは幾つかの飲み屋と、それと屋台である。が、どちらも、こういうデートコースで連れて行くにはどうだろう、という気もする。特に騒がしい方は苦手なんじゃないかと思った。
 まあ。聞いて見るか。
「ラーメンとか、いける口か?」
「好きですよ」
「それなら、旨い屋台があってな。どうする?」
「行ってみましょう。楽しみです」
 そう悪いチョイスではなかったらしい。玄乃丈は、じゃ、行くか、と言った。


 屋台は通りから少し離れた、公園の中にある。何でも、裏マーケットで手に入れた車を自前で改造して作ってしまったらしい。白い大きなワゴンは側面がぱかっと開いて外側に突き出ている。そこに、安物の椅子が六脚一列に。今日はまだ人が来ていないらしく、屋台の親父は新聞を片手に肘を突いて暇そうにしていた。
「よお」
 玄乃丈の声に、親父が目だけを持ち上げた。それから口の端を振るわせて微かに笑うと、隣にいる、カヲリを見た。
「別嬪さんを連れてるな。依頼人かい?」
「いんや。プライベートだ」
「初めまして」
「初めまして。……プライベートねえ。光栄なこった」
 親父は新聞を畳むと、それ以上何も言わずに車から麺を取ってきた。ぐつぐつ音を立てている湯の中に、麺上げごと突っ込む。
「何を付ける?」
「え?」
「ここは、ラーメンは一日一種類だけなんだ。毎日変わるが」玄乃丈は席に着いた。椅子を引いて、カヲリに示す。「指定できるのは、トッピングだけ。今日は?」
「醤油だ。野菜は無名産。麺は世界忍者の小麦と卵。豚は、フィーブルから仕入れた」
「珍しいな。帝國産の物が多かったのに」
「FEGから仕入れてきた。たまたまあった優男が、妙に詳しくてな。その伝手で、安く仕入れた。味は保証する。まあ、何故かネギだけは自分で探さなきゃならなかったが……」
「へえ。卵一つ増やしてくれ」
「あいよ。おまえさんはどうする?」
「うーん」ちらと玄乃丈を見てくるカヲリ。
「全体的に少なめにして、代わりに旨いところを付けてくれ」
「あいよ」


 食べ終わった時には、すっかり日が暮れていた。けれど寒さは無い。ラーメンは温かく、体の芯まで温めてくれた。あっさり目の味付けで、親父が自慢する通り味は抜群だった。この親父、趣味で屋台を回しているだけあって、味には(時に採算度外視して)もの凄くこだわる。
「ごちそうさん」
「ごちそうさまです。美味しかったあ」
「そりゃ良かった」親父は笑った。「しかしお前、デートならもっと行く所があるだろ」
「味については、一番だと思ってるんだな」
「また来ますね」
「おやおや」親父は肩をすくめる。「毎度あり」
 二人が椅子から離れたところで、入れ違いに、数人の客が来た。親父との話し声を背中に、二人は暗い道を歩き出す。
「送ろう。どっちに行けばいい?」
「ありがとうございます。こっちに。……えっと、」
 カヲリはまた手を延ばす。玄乃丈はそっと笑って手を取った。
「美味しかったですね」
「いやまあ。本当はもっと高い店に連れて行ければ良かったんだろうが」
「そんなこと無いですよ。緊張してしまいます」
「そうか?」
「それに、美味しかったですし」
「そうだな。あそこは気に入ってる」
「また行きましょう」
「ああ」
 のんびり話ながら歩いて行く。帰り道は意外と早く、すぐに、家に着いた。玄関の前で、玄乃丈は立ち止まる。
「じゃあ、また」
 そして、家の前で離れていこうとする。
 ――が、くいと手が引っ張られた。
「ん?」
「その……」
 カヲリは少し緊張した顔。
「あがっていきませんか?」
「え」
「もっと一緒にいたいなって……」
 言ってる端から、顔が赤くなっていく。玄乃丈は迷った。迷った後に、少し慌てている事に気付いた。
 さて。どうするか……。
 答えを待つカヲリ。手は握られたまま。
 やれやれ、を心の中に一つ残して。
 玄乃丈は、口を開いた。



作品への一言コメント

感想などをお寄せ下さい。(名前の入力は無しでも可能です)

  • 素敵なSSありがとうございましたー。私が自分でメニュー決められないところとか、どうして知ってるんだろうというという感じでしたっ。あとなんだかラーメンが食べたくなりましたwそれから…玄乃丈さんがかっこよかったです(ぱた) -- 優羽カヲリ (2010-05-18 00:26:41)
名前:
コメント:




引渡し日:2010/05/15


counter: -
yesterday: -
最終更新:2010年05月18日 00:26