※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

双海環@星鋼京様からのご依頼品


[月見酒の思い出]

 ほてった体に風があたる。
 潮気を含んだ、海の香り。耳を澄ませば、草葉の擦れる音と共に波音までも迫ってくる。
 見れば、柵の向こうには黒々とした森。そして、月明かりの化粧を帯びた海が見える。深みを帯びた夜は、静かであるのに騒々しい。
 夜明けまではまだ遠い時間。バロはベンチに座って、杯を持っている。
 傍らには徳利。反対側には、双海環が座っている。

 飲み始めて、まだ三十分ほど。月と互いとの出会いを肴に、静かに夜が更けていく。
 バロが顔を向ければ、双海の顔はすでに赤い。闇夜にも明らかなほどだ。銀色の髪の下の頬は熟れたリンゴのようだった。
 少し緊張していた顔は、酒のせいか時間のせいか、今はずいぶん落ち着いている。

 バロは杯をあけた。双海はしばらくぼんやりしていたが、ふと、視線を落とすと、杯がからな事に気付いた。バロが軽く手を揺らす。双海はにこにこ笑いながら、自分の持ってきた徳利を傾けた。
「もうそろそろ空ですね」
「うん? もうそんなか」
 バロはわざとらしく驚いてみせる。双海は、そうですよーといいながら、よいしょ、と腕を伸ばす。
 腕を持ち上げるバロ。その膝に手をついて、双海はべたんと倒れた。
「おお、どうした」
「あはは」
 双海はバロの持ってきた徳利を持って、体を戻す。それからこてんと寄りかかってきた。
「まだまだあるんですからね」
「俺が持ってきた物ではないか」
「ですね」
 うん? 何か変な気がするバロだったが、まあいいかと、今持っている杯を煽った。
 すかさず徳利を傾けようとする双海。その手をそっと押さえて、バロは徳利をベンチに置いた。
「しかし、働かせてばかりというのも気が引けるな」
「私はこれが好きなんですよ」
 そうか、と頷きつつ、バロは口を閉ざした。目を瞑る。
 少ししてから、目を開いた。
「昔、こういう夜になると釣りに出るやつがいたな」
「釣り?」
「ああ。月を釣るんだと張り切っていた。そいつは、細い竹に頑丈な革紐をくくりつけた釣り竿を持ってな。月の出る晩は必ずそうやって出て行った」
「月は釣れたんですか?」
「さて。ついぞ釣れたという話は聞かなかったが。毎晩出て行く時は、楽しそうに、今夜こそ釣ってくると言っていたよ」
 そう言って、バロは月を見上げる。
 ある日は河で、ある日は海で。ある日は、大きな水たまりに向かっていた。
 そいつとはずいぶん前の戦いで死に別れたが、今頃は、さて、どうしていることやら。
「………………」
「………………」
 きょとん、とした顔の双海。バロは苦笑した。照れ笑いを誤魔化すように、杯を手にする。
「いや。月を見ていたら、少し思い出してな」
「インパクトがありますね」
「そうだな……」
 ついでもらった杯を口に運ぶバロ。小さく頷く。

 すっかり冷えてきた頃、バロは立ち上がった。双海は頬の火照りがまだ残っていたので、どれ、一つ礼をする事にした。
「さて、と」
「え。わっ」
 抱えられて、一瞬、体をばたつかせる双海。それから、別の理由で顔が赤くなっていく。それに気付かないバロ。
「重くないですか……?」
 やや心配そうな声に、バロは小さく笑いをこぼした。
「そういう事は無いな」
「そう、ですか。えっと……」
「何、酒の礼だ。月を見るといい」
「……はい」

 頷き返される頃には、パロもまた、月を見上げている。
 白い、月。
 これを見た時に、いつかまた、この夜のことも。

「さて、行くか」
 バロはそう言うって歩き出した。





作品への一言コメント

感想などをお寄せ下さい。(名前の入力は無しでも可能です)

  • わー(*ノノ) 素敵なSSをありがとうございました! -- 双海環@星鋼京 (2010-06-22 23:26:30)
名前:
コメント:




引渡し日:


counter: -
yesterday: -
最終更新:2010年06月22日 23:26