※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小宇宙@キノウツン藩国さんからのご依頼品

背後から斬りつけられたのに気づいたのと、振り向きざまに斬りつけたのは、ほぼ同時だったのだと信じたい。

男は壁にもたれかかり、荒く息を吐いていた。
砂漠の国に似合わぬ和装。石造りの家々の間、僅かな影に隠れるように。
背から流れ出た血液は、影を出れば地熱と日に晒され乾き、路面に跡を残す。
代わりに冷えたその上を、新たに流れた血が超えていった。
己を中心に、半円状に広がる血液。もう、助かるまい。

おかしくなったのは、何時のころからだったか。
男は回想する。
己を律する術を覚えた筈ではなかったのか。
過ちを正され、殺されることもなく諭され、正道を行くと決めたのではなかったのか。
なのに、何故。
力の入らない右手に握った己の刀は、血に塗れているのか。

まず最初にはるが、何者かに操られたかのようにおかしくなった。
ムラマサを正し、鎮める筈の男が、突然狂乱した。
それにつられるかのように、国中に狂乱が広がり始めた。
何故だ、何故だ、何故だ。
その問いが、それだけが幾度も繰り返される。

問いは次第に形を変えた。
誰のせいだ。
聞けば人は答えるだろう。はるのせいだと。
では、はるが狂ったのは誰のせいだ。
聞けば人は答えるだろう。神のみぞ知るのだ、と。

ならば男は神を憎んだ。
はるを狂わせ、民を狂わせ、この国を焦土に帰そうとする神を憎んだ。
賽を振ることもなく、気紛れに戯れに、民を殺す神を憎んだ。
力の入らぬ体の口元から、歯を食いしばる音がした。
ゆるゆると、視界を上向ける。

次第に日は天頂に近づき、影はその面積を減らしていく。
足先が日に晒されても、最早暑いという感覚もなかった。
ただ斬られた傷だけが熱く、そして今は体中が冷たかった。
けれど震えることもなく、上向けた視界の先の、家々を越えて一際目立つ建築物に、男は視線を向けていた。

コンクリート作りの、高い建物。
めぞんツン。その名を男は思い出した。
次にその住人を思い出した。
そして最後に、その建物の前に立ち、箒を持つもののことを、思い出した。
幼馴染の少女とともに、平和の中に立っていた、勝利者。
小宇宙。常勝の男を思い出した。

彼はまだ、狂ってはいないだろう。ならば、自分は彼に希望を託せるのだ。
他愛ないことを思い出す。平和を謳歌していた頃の事を。
こちらに手を上げ、その反応に戸惑っていた、まるで勝者らしくない男。
やれやれといった様子で嘆息する、隣の少女。
微笑ましい光景だった。二度と見ることの出来ない光景だった。

最早最後だ。
先ほど斬りつけたのが、己からではなかったのだと、最後まで己に言い聞かせ続けて。
ふるり、と最後に一度震えて。
男は二度と動かなくなった。

日差しが天頂に行き着いた。
失った熱を補うのに十分な日差しが注いでも、男は瞼を閉じたままに居る。
頬に僅か浮かべたままの微笑は、あの日小宇宙が見たものと同じであった。


作品への一言コメント

感想などをお寄せ下さい。(名前の入力は無しでも可能です)

名前:
コメント:




引渡し日:2010/07/24


counter: -
yesterday: -
最終更新:2010年07月24日 22:32