※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゆり花@akiharu国様からのご依頼品


 何ともコメントのしづらい手紙を受け取ったのは、先週のことだった。
 罠か勧誘かと、いくばくかの時間考えた後、これで行く奴は馬鹿だろうと思い、とりあえず行くことにした。
 どうみても矛盾しているが、本人としては至って正気である。

 時間つぶしの本を片手に、妹候補とやらを見に行くのだ。


/*/

『格好良くて頭もよくて運動もできて、でも女性にはあんまり興味ないけど、妹がいたら大切にしてくれそう』
 な、理想なお兄ちゃんを探すことにした。
 まるで確実に特定できるような激しい指定なのだが、まあそれはそれとして、お兄ちゃんを探すのである。
 多少の障害にへこたれるほど、自分の兄ラブは弱くはなかった。
 旅行社に提出書類を、それはもう、今までにないぐらいの丁寧さで書ききると、ゆり花はにっこりと笑った。

「よしこい!」

 とても雄々しい叫びだった。


/*/

兄さんができた日

/*/


 安全な場所を旅行社に指定したら、ここになった。
 ここは、キノウツンである。
 日々仲間から噂に聞くとおり、物々しい武者が闊歩していた。
 辺りを見回す。きっと遅れるような人ではない。はず、だ。

(…いたー!)

 そう思ったとたん、見つけた。
 10m先に、文庫本を読んでいる眼鏡の人がいる。
 ゆり花は近寄ってみた。
 心の中では「第一声が大事! 第一印象! ふぁーすといんぷれっしょん!」とぐるぐるである。

「あの…こんにちは」
「……こんにちは。あんまり、女性が来る場所じゃないな。ここは」

 もっとも無難だろう挨拶をすると、すこしの沈黙の後に答えがかえった。
 安全な場所…らしいんだけどなあ、とは思ったが、「誰にとっての」安全な場所かは指定していなかったのでなんともはや、である。
 たとえ自分にとって危険であっても大丈夫に違いない。と、根拠なく結論づけて、話しかける。

「なんだか物ものしいですね…。すみません、突然声をおかけして」
「それ故の平和さ。僕は……君の兄になる、千葉昇」

 ぶふっ。内心吹いた。
 激しく動揺している。
 え、それ? まずそれなの?
 旅行社! ここの旅行社! 説明しなさい!
 更にぐるぐる大慌てである。
 旅行社としては、事前のアンケートどおり正直にお呼びしているだけである、と主張するだろう。たぶん。

「は、初めまして」
「気にしないでいい。あまりにもむちゃくちゃな話だったから、逆に引き受けたんだ」

 そっけなく言うと、昇は文庫をカバーを外して、ゴミ箱に捨てた。


「あ、ありがとうございます」
(むちゃく…えー)

 ゆり花は真っ赤だ。
 恥ずかしいのか嬉しいのか、ちょっと頭が整理がつかなかったりした。
 ぱたぱたと顔を手のひらで仰ぎつつ、感じた疑問を聞いてみる。

「あれ、捨てちゃうんですか。ていうか、なんて話聞いたんですか?」
「兄になってくれそうなのを捜している、と」

 非常に率直に伝わっている。しにたい。
 ふたたびどこかの旅行社に恨みを念で送りつつ、話の続きを待つ。

「理由は、言わないでいい。考える楽しみが減る。それと」

 一息。

「読み終わったら、本は捨てるようにしている。持ち物は少ない方がいい」
「私は本をため込んでしまうたちなので…いらなくなったら私にください。私が読みます!」
「今度からそうしよう」

 昇は歩き出した。
 こちらを気にしないような様子だったが、ゆり花は何も言うことなくついていく。
 ついていくのが当然だった。
 後ろを歩いていくと、淡い、いい匂いがする。

(うーん…人工の香りじゃあない気がする、けど、断言できない…)

 コロンとかではない。なんだろう?

「君の名前は?」
「私はゆり花です。名乗るのすら忘れてました。すみません」

 歩きつつの問いに答える。

(なんだろうなあ)

 やっぱりなんの匂いなのか分からず、周囲を見回した。
 ごく普通(らしい)キノウツンの風景である。
 今においがするような、繊細なものなど、残念ながら近くにはなかった。他の場所にはあるかもしれないが。

「ううん。ゆり花?それとも、ゆり花さん?」

 呼び捨て、さん付け、どちらも捨てがたい。
 ちょっと考える。
 その一方で、においは昇からしているかな、と見当をつけた。
 てくてくと着いて歩いていく。
 道は商店街らしき場所へと続いている。
 ところどころに、カラフルな看板が見えた。

「お好きに」

 結論。昇の呼びたい方。
 にこりと笑う。

「ゆり花」
「はい!」

 うれしそうに頷く。
 そわそわしながら、問い返した。

「私はなんてお呼びすればいいですか?」

 さらっとスルーされた。

「ゆり花は、好きなものは何?」
「好きな物ですか?うーん。お兄ちゃん?これから好きになるんですけど」
「あいにくだが、僕はあまり、人から好かれない」
「私が好きになりますから、大丈夫です」

 自己主張! アピール!
 気分は面接である。

「がんこと言われることは?」
「たまに…?」

 基本的に女の子は頑固です。(ある一面において)
 と言っても通じないだろうから、割愛。

「演技はうまいと」
「なんで演技だと思うのですか?」

 ちょっとむくれた。
 相変わらず昇は歩き続けている。
 どこが目的地だろう、と少し考えてみて止めた。土地勘がないと何も分からない。

「たまに、頑固だと言われているから。僕から言えば、毎日言われていても、おかしくない。だからまあ、演技がうまいのかなと、思った」
「まあ、下手より上手い方がいいかなあとは思いますが。でも、今演技する必要はないですからー」
「そこは疑ってない。名前を名乗るのを忘れるぐらいだからね」

 あー。
 自己紹介よりも兄!兄!になっていた自分を思い出して静かに凹んだ。
 あれだ。舞い上がっていたのだ。だって目の前に兄さんがいれば舞い上がるだろううん。
 もっとスマートに知的に自己紹介する予定が! がーん。
 …という思考を一瞬で行う間に、昇から追撃があった。

「個人的には、妹には、そういうのがいいと思っていた。手のかかる方が、かわいい。たぶん」
(えーわーえーっと!わーん!)

 上げて下げて突き上げる、みたいな状態にぐらぐら揺れる。
 これがリアル兄さんですかそうですか。
 そして、スルーされた質問をしてもいいかしら、と心の中で気合。

「?」
「そしてなんてお呼びすればいいのでしょう!」

 勢いこんで突撃。
 目的地についた昇は、花屋で花を買っていた。

「兄さんで」
「はい、兄さん!」

 即答に即答で答える。
 昇は少し微笑んだ。が、目をそらした。

(むー)

 なぜそこで目をそらす。
 …と微妙な気分になった。

「そうだ」

 花を渡された。半分。
 白くて多少大降りの花。
 百合である。

「?? なんでしょう??」
「深い意味はない。プレゼント」
「あ、ありがとうございます」
「理由は、自分の食卓に飾るのが半分」
「えへへ。うれしいです。花は好きです!」

 なんというか、プレゼントは単純にうれしい。
 自然と、花に顔を近づける格好になる。
 あと、食卓に飾るって、おしゃれだなあと、ちらりと思った。
 生花を飾るなんて、マメである。

「花粉、つくといけないから、顔は近づけないように。ゆり花は、そういうミスしそうだ」
「うっ。そんなことしません!」

 慌てて花から顔を離すと、昇は微笑んでいた。
 昇は半分の花をもって、再びゆっくり歩きはじめている。
 そっか、お花屋さんが近かったのか。
 ゆり花はやっと納得がいった。

「次会いに来る時は、私もなにか持ってきます! 何がすきですか?」
「好きなものはないかな。嫌いなものは多い。なんでも嫌いだ。なんだかよく分からないものは、嫌いじゃない」
「えー。でも、花は?」
「嫌いだな。すぐ枯れるから。でも造花は、もっと嫌いだ」

 だから、食卓に生花なのか。
 ちょっと納得した。

「がんばって育てれば枯れませんよ。植木なら!」
「持ち歩けないものは持ちたくない」

 ああ言えばこう言う。を地で行く人である。
 独特の価値観というべきか。
 これからの対策を考えつつ会話を続けていると、昇は唐突に立ち止まった。

「その格好で狭いところに入れるかい」

 立ち止まったゆり花を見下ろして、聞かれた。
 きょとんとする。

「え、はい、小柄ですから」

 ひとつ頷くと、昇はビルとビルの合間を歩き出した。
 本当に隙間だった。目測で、自分がやっと通れるぐらい。
 うわあ、と思いながら、花を大事にかばいながらついていった。

(って、どこに行くんだろう)

/*/


(ビルを抜けたら、崖でした)

 と脳内でナレーションをする程度には、驚いた。

(ってえー!)

 本当に崖だった。
 町外れというか、区画が違うようだ。
 崖下にもビルが見える。

「わ」

 フェンスもない場所だった。
 ちょうど時刻は夕方になり、遠くに綺麗な夕日が見える。
 眼下のビル・夕日・となりに昇。

(なにこのシチュエーション!)
「すごーい! 夕日きれいです!」
「……」

 ちらりと見ると、昇は微かに満足げだった。

「まあ、これは嫌いじゃないな」

 にっこりして昇さんの顔をみます

「私は好きです! ありがとう」
「お金のかからない妹だ。僕は嬉しい」
「兄さんがいればいいです」

 駄目押しににこりと笑いかける。
 昇は微笑みかえしてくれた。

「帰る。服を汚したね。帰りがてら、服を新しく買ってあげる」

 花を一生懸命かばっているのに気づかれていたようだった。
 うわあ、うわあ、とあたふたする。

「いいですよ! 洗えば平気なのにー。それとも甘えていいところ?」
「好きに」
「じゃあ、今回は甘えちゃいます! 兄さんができた記念に!」
「はいはい」

 まだまだ一緒にいられると分かり、ゆり花は満面の笑みをこぼした。

/*/

 ふむ、とひとつ頷いた。
 妹である。
 なにせ妹である。
 妹は幸せでなければならない。

「…よし」

 本人の目の前には、山のような紙束があった。
 それが何なのかは、昇以外には、まだ分からない。

/*/

 きゃあきゃあきゃあ!

 ゆり花の脳内を擬音化すると、そんな感じであった。
 兄さんである。
 兄さんなのである。
 いっしょにいてくれたりするのである。
 きっとがんばればもにょもにょ…

「がんばる!」

 握りこぶしひとつ天に突き上げ、やっぱり雄々しく気合を入れた。
 勝負はこれからなのだ。



 強敵よね、と感想を言われたのは、その翌日だった。

/*/

兄さんの格好よさと面白さに笑いながら書かせて頂きました。
ありがとうございました!


作品への一言コメント

感想などをお寄せ下さい。(名前の入力は無しでも可能です)

名前:
コメント:




引渡し日:2011/07/22


counter: -
yesterday: -
最終更新:2011年07月22日 05:58