※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東西 天狐@akiharu国様からの依頼より



素晴らしく美しい青空。
打ってつけの体育祭日和。
小笠原のスタジアムでは、体育祭開催を告げる音が、どおんどおん、と遠くで聞こえていた。

その中で美少女ハンター・結城火焔は超機嫌が良かった。そりゃぁ、もうすこぶる上機嫌で。
彼女--そう美少女ハンターを名乗るこの少女も美少女だった--は、ある看護婦風美少女に抱き着いていた。



それは、akiharu国の天孤・阪明日見の両名が、コガという名の雷電--火焔の育ての親らしい--にモフモフしている隙だった。

火焔は幸せそうだ。
抱き着かれている美少女-労働1号かれんちゃんは、じと目で火焔を見た。
「いやー。美少女だったからさあ」
「犯・罪・です」
そうハッキリ言う。
そんな二人の様子を見てふぅ、と聞こえないため息を一息吐くと、天孤はかれんに抱き着いている火焔の体育着の襟首を掴んで、かれんからベリっと引きはがす。
「おさわりは禁止です」
と強い口調で言ったところまではかっこよかった。が、しかし。
天孤が触ってきた瞬間、火焔かわいらしく「きゃぁーっ」と叫び、なよなよとグラウンドの土の上にへたりこんで見せた。

何も知らない外野から見れば、そりゃ天孤がセクハラしたようにしか見えない。
酷い話だ。

集まってきた先生方に一瞬焦り、パニクる天孤。
嫌な思い出がフラッシュバックする。
「違うー、別に疚しい気持ちは…ちょっとはありましたかもしれないけどー」
あうあう、と口パクパク。しかし「ゴメンナサイ」と早期に全面降伏してしまった。
苦戦している天孤を見兼ねた阪は苦笑しながら、わらわらとやってきた先生方を追い払っていた。
「先生方、なんでもないですからっ」
そして火焔へと向き直す。
「火焔ちゃん、天狐さんは悪い人では…」
と、言った時にはもう、火焔は阪をさらっていた。
「そうかー!」
生返事で相槌を打ちながら、しかし火焔は嬉しそうに阪を抱えて走っていた。

…お姫様抱っこなのかな?(作者の呟き)

「はめられた?!」
うぎゃーと、かれんの横で叫ぶ天孤。
一方、阪の絶叫が轟くスタジアム。
「ってえーーー! 火焔ちゃんなぜにー!?たっけてー」
「くそう、うちの美小女は駄目です!」
一瞬の戸惑いの後、スイッチ・オン。天孤は火焔を追いかけた。

火焔はそりゃもう幸せそう。
「うお、美人おおいなー」
至福の時。
私の運動会は終わった(はーと)、と言わんばかり。

くおー、と叫びそうな気持ちを隠せず、天孤は横にいるかれんに手助け要請。
「かれんちゃん、追うよ!」

むふふな火焔。
「美少女ハンター・大・成・功」
もうなんか夢見ている。

そんな火焔のオーラを感じ取った天狐は『火焔ちゃんが幸せならそれでいいかなー』とか思い始めた。
「天狐さんーかれんちゃんーサーラ先生ー」
火焔にお姫様抱っこされたまま(注:あくまで作者希望)の阪の「たすけてぇー」にハッと我に返る天狐。
「いや、駄目だって!まーてー!」
ダッシュする天孤の横をヒュンと風が通り抜けていった。
アンドロイドであるかれんがジェットで飛び始めたのだ。
そして火焔と阪に追いついた。
「戻ってください」
じと目で火焔の前にあらわれたかれん。
しかし火焔の瞳は驚愕ではなく、喜びの色を表していた。
「おおっ、獲物がカモネギ!」
「きゃー、かれんちゃん、危ないです!離れてください!でないと貴方も~」
火焔の瞳の色に気付いた阪は叫ぶ。

一方、はひはひ言いながら走っている天狐。
追い抜いていったかれんを目で追いながら。
「早い?!早すぎる?!俺はスロウリィ?!」

いや、きっと遅くない。
火焔とかれんが早過ぎるだけです、きっと。

火焔を止めたらしいかれんに、走りながら天狐は目一杯叫んだ。
「かれんちゃん、はさみうちだ!」
彼に、美少女3人の様子はあまり見えていなかった。

お目めキラーンな火焔。すでに獲物を狙うハンター。すかさずかれんに向かってジャンプ!
かれんに抱きついた。はずだった。
そしてサーラに転ばされた。
「はい。そろそろ競技ですよ?」
「さ、さすがです!サーラ先生!ありがとうございました…」
騒ぎがなかなか収まらずハラハラしていた阪明日見。少し涙目だった。
天狐もようやく4人に追い付く。
「さ、サーラ先生、助かりました、ありがとうございます」
ん?見てくるサーラへかれんも「無事です」と答える。まだじと目だが。

「いえいえ」
阪はそう答えながら美しく微笑むサーラに一瞬黒い気がしたのを感じた。
(はっ。なんだか黒いオーラを感じる…ような)
天狐は4人の周りに一瞬纏った黒いオーラを感じた気がした。
「ぞわぞわ・・・あれ?なんか黒い気が?」
なんだろう?ときょろきょろ。
しかし、二人の気のせいのようだ。

転ばされた火焔。まだ転んだまま、顔だけ上げてサーラに講義した。
「いったー!なにするのよ!」
「ふふ」
謎の笑みのまま笑うサーラ。
天孤はサーラを見向きもせず、火焔へ「えーと、どうぞ」と手を差し出した。バツ悪そうに。
「美少女じゃなくて悪いけど」
と言いながら。
だが、さすが火焔。
「うおー」と一叫びすると自力で立ち上がった。
「しょうがないなあ」
立ち上がると軽く伸びをして「暑いねえ」と呟いた。
所在なさ気な手を引っ込める天狐。
「…よし、じゃあ競技にいきましょうかー」
と、改めて火焔を見てドギマギした。

すらっとした、いいスタイルにブルマーは犯罪だと思った。
火焔は赤い髪を振りながら足を伸ばしている。
そんな足にもつい、目が行ってしまう。
軽い準備運動を済ませる火焔。天孤の目線に気付かず、土を払ったりしていた。
ブルマの裾を直したりしている様は、天孤以下火焔スキー陣には堪らない瞬間だった。



一騒ぎも落ち着く頃。
スタジアムに響くアナウンス。
『第一種目、パン食い競争に出場の選手の皆様は、入場ゲート側まで集合してください。繰り返します…』

先ほど、火焔が「いくぞ!コガ!」と呼んだのに対し、いってらっしゃいという風に、あくびをしたコガ。
しかしパン食い競争と聞き、やる気になったらしい。
さすが食い意地張ったコガ。
阪は柔らかく微笑む。
「コガは食欲旺盛だなぁ~」
「メロンパン、狙うのはメロンパン…火焔ちゃん、絶対負けないからな!」
天孤はすこーし力みすぎのようだ。
そんな天孤とは別に火焔は燃えている。ちょー燃えている。


阪・コガ・火焔・天孤と並びスタートラインに立つ。

よーい。

どん。

ピストルのパァーンと言う音が鳴り響いた瞬間、火焔は恐ろしい運動力で走った。
しかしそんな火焔より遥かにコガのほうが速かった。

心の準備がまだだった阪。
「うぁ、はじまった!」
ちょっと@@になりながら走り始めるが、目の前は壮絶だわ、緊張で足はすくむわ、で前に進まなかった。
天狐は力みまくりで叫びながら走る!走る!走る!
「どおおおりゃああああ!!」
しかし、コガと火焔は遥か彼方。
「分かってたけどはえええええええええ!!!」

必死に走る選手達。しかしコガはパンのとこへと1番乗りでやってくると、全部のパンをジャンプして食いちぎり、走って学校の外へいってしまった。
「あーーーーー!!!コガーーー!!!」
「ちょ、こがーーーーーーーーーーーー!!!!」
「あー!」

ちょ、おま、パン返せーっ!な空気漂うスタジアム。

「みんな、追いかける!!」
「うん、おいかけるっ!」
「だ、駄犬!ばかー。飼い主が頭悪そうだろ!」
とは火焔の叫びだ。



この後、借り物競争へと続くが、火焔の美少女伝説はまだまだ続いたのだった。

 /※/

おまけ。

華麗なジャンプで、すべてのパンを奪取したコガは、嬉しそうにスタジアムを出て、落ち着ける場所でパンを頬張った。

10tもある雷電には、これくらいの量はただのおやつだかつまみ食い程度なもんだろう。


そしてふと思い耽る。
火焔を想う男性がいるがなかなか上手くいかないらしい様を、どうしたもんかなぁ~、と。

[終わり]






作品への一言コメント

感想などをお寄せ下さい。(名前の入力は無しでも可能です)

名前:
コメント:





counter: -
yesterday: -