※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まき@鍋の国様からのご依頼品


「忘れないから…」
 そう願いたくて。だけど、
「忘れないから」
 それでも――
「忘れるもんか」
 それでも――

「忘れない!」


/*/


 水平線に浮かんでいた大きなオレンジの夕焼けは、とっくに沈んで消えていた。
 海岸の空は、透明度のある濃紺の色に溶け込んでいく。

 小笠原の海に明かりらしい明かりはない。
 月と星の透き通った光だけが、海と、金髪の少女を青く照らしていた。

「警告しておく。」

 呟く声がなるべく冷たく聞こえればいいと願った。

 これが、最後の通告のつもりだった。
 そして自分とこの不思議な少女との最後。
 意味不明なことをさんざん喚いては自分を振り回して、けどどこまでも真剣で必死だからつい構ってしまっていた。
 それがなんとなく続いていて、いつしかその関係に居心地の良さを感じそうになっていた。
 だが、それも今日で終わりにしなければならない。
 これ以上、関わらせては時間の問題で彼女に害が及ぶ。
 いや、
 害もそうだが…彼女がこれ以上自分を構っていることが不幸なのだ。

「もう二度と僕を呼んではいけない。僕の話題を出すのも、過去も話さないほうがいい」
「いやだ!」と、喉に詰った息を吐き出すようにまきが叫んだ。
 悲痛な顔だった。
 自分が糸目で表情が読めないと言われていることを感謝する。
「君たちでは、変えられない」重い空気を喉に押し込んで首を振った。
「私はもうあきらめたくない!」彼女もまた頭を振った。「貴方も、観測班のみんなも、あのときの小笠原の日差しも…」
 痛々しい悲痛な声。どんどん小さくなっていく。
 やがて聞こえる嗚咽、その中でも、目だけは大きく見開いていた。
 冷たい風の吹く夜の暗闇の中で、そのまきの瞼に涙が光るのが見えた気がした。
 気づけば陽の落ちた海を向いていた。見るのも辛かった。
 叶うなら、その頬に触れて指で涙をすくい取ってあげたい。今すぐにでも抱きしめたい。
 だが、これからすることを考えれば、それをする権利は自分にはなかった。

 あきらめたくはない、だけど――どれかをあきらめなければいけない。

 水平線が濃い紺色に溶けて混じっている。
 だが、HIは闇を見ていなかった。その闇よりも遠い、遠い日々で来た海の情景を思い描いていた。
 ここではないここでの海。
 黄金に輝く光を浴びた気がして、目を更に細めていた。
「本当に」答えを聞きたくはなかった。「あきらめたくないのかい?」

 このまま――何も言わないで去ってくれやしないだろうか。
 自分を、自分だけをあきらめてはくれないだろうか。
 どれかをあきらめなければ進めない。
 膝の上に怖々と乗ってくる子猫が、半分以上閉じた瞼の裏に浮かんでは消える。
 弱い幻想にすがりついているのだと、自覚していた。
 そんな少女であれば、自分は関わらないのに。

 答えは一瞬で、その一瞬がHIには永かった。 

「ええ。何をどうしても、取り戻したい。私がここにいる限り」

 まっすぐだった。その瞳は濡れてもいない。
 その決意が、HIに最後の決意をさせてくれた。

「残念だよ」最後まで、表情に出ないように願う。「君には、覚えていて欲しかった」 


/*/ 


「忘れないから…」
 そう願いたくて。だけど、
なにかを諦めなければならなくて。
「忘れないから」
 それでも――
なにかを見捨てなければならなくて。
「忘れるもんか」
 それでも――
誰かを救わないことを、選ばなければならないのだとしたら。

「忘れない!」
――なあ、大塚。今の僕なら、お前の気持ちが分かるんだろうな。


/*/


黄金の海でスケッチブックに絵を描く、金の髪と日に焼けた肌の少女。
その表情は、どこか空っぽである。
その空っぽにもともとあった何かを探すかのように、必死に海を描いていた。

その様子を、黒服の男が遠くで眺めている。
少女が振り向くそぶりを感じて、その男は踵を返した。


作品への一言コメント

感想などをお寄せ下さい。(名前の入力は無しでも可能です)

  • ありがとうございましたー。こちらには一行しか入れられない?みたいなんで、感想は感想板に書きました。 -- まき@鍋の国 (2007-12-15 14:28:38)
名前:
コメント:





引渡し日:


counter: -
yesterday: -
最終更新:2007年12月15日 15:11