PETRI PENTA V

レンズマウント ブリーチロック 自動絞り
シャッター 一軸不回転フォーカルプレーンB・1/2~1/1000
重量・大きさ XXXxXXXxXXX XXXg
価格 ¥XX,XXX
発売 1960年X月

PETRI PENTAのシャッターを、1軸不回転式で1/1000まで可能なものとし、レンズマ
ウントも、ペトリマウント(独自のブリーチロック形式)に変更、セルフタイマーも
装備したもので、Collectors Guide to Kuribayashi-Petri Camerasによると、1960
年の春に海外で発売されたとされる。
Collectors Guide to Kuribayashi-Petri Camerasには不鮮明(印刷物を転載したもの
と思われる)ながらシャツターダイアルに1/1000の表記のある写真が掲載されている。

国内での発売は確認されていない。また、海外で発売されたとされる実機も確認でき
ていない。

1/1000のスペックはその後のV2では採用されなかった。理由は不明であるが、
2chペトリスレに、V2には表示は無いものの、1/1000が実装されていたとする報告が
あった。
PETRI PENTA V2

ペトリマウントレンズから、一部の長焦点のレンズを除き自動絞りと成った。
ペトリマウントレンズのレンズは最盛期、21mm~1000mm(ズームレンズ数本)まで
用意されていたが、当時出始めた「マクロレンズ」「魚眼レンズ」等は用意されなかった。
露出計は絞り・シャッタースピードに連動しないものが純正で用意されていた。
最終更新:2013年11月10日 09:28