※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Postal2のバージョン一覧です。
英語でもいいのなら、完全版のSteam版「POSTAL 2」で間違いないです。全部入りの上、2014年現在もアップデートが行われています。
国内版は無駄に種類が多いですが、マイクロマウスが倒産し、権利がドライブに移行してからはセット内容を変えたりの小手先で似たようなもんです。
また、ベースになっているバージョンが非常に古いためMODが導入できない場合もあります。
しかし、個性的な吹き替えの魅力は今も色あせません。

基本バージョン・追加パック

Postal2 Classic(無印)

最初に発売されたバージョン

Postal2 Share The Pain(STP)

無印にマルチプレイを追加したもの

postal2 Apocalypse weekend

追加パック。本編の月~金曜日のおつかいの後の土日を書く。
ゾンビの襲来など本編とは違う感じを楽しめる。オープンマップからステージ制へ移行。

Postal A Week in Paradise(AWP)

本編とWeekendを繋げ月~日曜日までを続けてプレイできるようにし、武器の追加や残虐性アップなどの追加要素をいれたもの。
もともとはユーザー制作のMODだったが、公式に採用されるようになった。

Postal2 Complete(Steam版)


上記、Postal2 Classic(Version 1409),STP,Weekend,AWP全部入りの上、武器の追加やNPCが帽子をかぶるなどのバリエーションの追加、最新PCへの最適化やワイドスクリーンへの対応などまさに完全版。また、Steam実績やサーバーとセーブデータを同期できるSteamクラウドに対応。
2014年現在もコンスタントにアップデートがおこなわれており、バグフィックスやさらなる要素の追加が期待できる。
2014/05/03のアップデートによりや簡単にMODを導入できるSteam Workshopに対応した。
360のコントローラへの対応のアップデートを予定している。
また、時期は明示されていないが、日本語への対応も可能だそうだ。
なお、Postal2 Classicのインストールしたい場合はベータ版への参加を有効にする。

Postal2 Complete(GOG版)

STP,Weekend同梱。ワイドスクリーンへの対応や現在のPCへの最適化が行われている。DRMフリーなのが特徴。
Steam版の方が優先的にアップデートされているため、バージョンは2013年のものとなっている。
最終更新:2014年05月06日 14:18