プレゼンの基本

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プレゼンの基本やコツをまとめました。
好みに合わせて参考にしてください。

重要度★★★
正面を向いて発表
スクリーンを向いて発表してしまいがち。
正面を向いて発表することを意識しよう。

姿勢を正す
姿勢が良いだけで、印象が良くなる。

大きい声で(マイクがない場合)
小さいと聞こえない。普段よりもかなり大きめの声で発表しよう。
教室の前から、一番後ろの席にいる友人に話しかけるつもりで話す。

想定質問の準備
質問されそうなことを考え、答えを準備しておこう。

自信をもって話す
自信なさげな発表は、聞き手も不安になる。
落ち着いて、堂々と発表しよう。

重要度★★
強調
大事なところは特にゆっくり、大きな声で話す。
ゆっくり話した方が、伝わりやすく、印象に残る。

「えーと・・・」は極力言わない
「えーと・・・」は言わない方が聴きやすい。
詰まったときなどは言ってしまいがち。スラスラ言えるまで練習しよう。

ジェスチャー
ジェスチャーを使えるところは使う。
「問題は2点です。」と言って、2本指を立てるなど。

質疑応答用スライド
言葉だけでは答えづらい質問用に、スライドを準備しておこう。
発表用に作ったが使わなかったものを使用してもよい。

最終更新:2012年10月19日 22:06
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。