※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パワースマッシュシリーズの基本操作

  ストローク&ボレー サーブ
ボタンA
(左ボタン)
トップスピン ストレート
ボタンB
(右ボタン)
スライススピン スピン系
A+B(同時押し) ロブ レバー下と同時で
アンダーサーブ


サーブの打ち方

  1. まず立ち位置を決める。最初のうちは初期位置から動かなくていい。
  2. どちらでもいいのでボタンを押すと、パワーゲージが1往復だけする
  3. ゲージが動き出してからボタンを押すまでに、レバーによってコースを決める。
    これは横だけでなく、若干ではあるが、前後の調整もある
  4. パワーを決定するボタンを押す。このとき、ボタンによって2種類のサーブが選択できる

MAXパワーのサーブを打つことは難しい。
しかし、コースさえよければ80%くらいのサーブでも十分攻めれる。
まずはレバー入力のタイミングを覚えよう。
管理人はゲージ20%くらいから入力を始めて、打つまで入れっぱなし。
友人はゲージ始動と同時にレバーを入れて、ボタンを押す直前にレバーを離して打っていた。
レバー下入力に関してはゲージ動作中と、パワー決定後(からサーブ打つまで)において意味が違うようで、まだ詳しくわかっていない。orzすません。

ストロークの打ち方

相手が打球した瞬間からボタンの受付は始まり、押した瞬間から自分はモーションに移行。

このときにボールが自分から遠かったり、バウンドが合わなかったりすると、相手に浮いた球を返してしまったり、最悪の場合は相手コートに返らない。

逆に、最適なポジションで、なおかつ早めにモーションを開始して打球すると、強力な球を打つことができる。
ストロークにおいては、肩ほどの高さがベスト。


さらに、ボタンを押してから打球するまでの間にレバー入力した方向へボールは飛び、その角度も入力時間に対応する。

如何にして素早く落下点に入り、相手の取りづらい位置に球を打ち込むかが、勝敗を大きく左右する。

ボレーの打ち方

できるだけボール正面に構え、できるだけ早くボタンを押すのは同じ。
だが、あまり早いとせっかくの浮き玉や、相手のボレーを空振りしてしまう危険が高い。
しっかりと正面で球を捉えればタメはほとんどいらないので、タメよりもこちらを重要に考えたほうがボレーは上手くなる。


ボレーが苦手なキャラやスタイルでは格段に難易度が高く、攻めきれない。
オールラウンドや、サーブ&ボレー系ならば、ボタンは打つ直前に押せばいい。

ロブで頭上を越えられても、空振りしていなければ追いつけることがほとんどなので、あきらめずに走ろう。
空振りしたら致命…

特殊操作

フラットショット

トップスピンショットの打球する瞬間に、

手前+AB[同時]

ドロップボレー(DV) ボレー入力後、打球する瞬間に、手前+AB[同時]
アングルドロップボレー(ADV) ボレー入力後、打球の瞬簡に、横+AB[同時]
特殊スピンサーブ サーブのコース入力にレバー下を追加

・フラットショット

通常よりも速い球を打てる。入力のタイミングを覚えれば強い武器になる。が、知らない人が多いので、ウラ技のような扱いになっている。ので、多用すると非難もあるかも。
熟練者どうしの試合にそんなことは言ってられないが

バウンドが高いと、テイクバックが小さくても強打でき、タメると高速のショットが打てる。
あまり打点が低いとネットに当たり、運によりコードボールとなって相手に幸か不幸かの球がいくことも。
狙ってコードボールを打つことも可能で、ネットに向かって走りながら打つモーション(アプローチショット)の場合、フラットショットをするとほぼコードボールとなって、強打がいきなりネット際に落ちる。

・ドロップボレー

入力タイミングが非常に難しく、扱いは特殊打法のうちで最悪。タイミングを誤れば只のロブとなり、体制が不十分だと前に飛ばずに足元に落ちる。

使いどころと、どんな軌道になるかはキング、デュークを参考にw
キングステージまでいけないようなレベルなら、DVは使わないほうがいい。

※前に押し出すようなモーションのときにDVが発動すると、なぜかロブになり、しかもコートに入らず奥にアウトする…

・アングルドロップボレー

普通のDVよりは安定していて、ほぼ固定軌道を描いて真横に飛んでいく。

横に飛ぶ距離はほぼ一定で、ネット端を通るようなストレートでなければコートに入らない。ダブルスコートの3/4くらいの距離を飛ぶ。

前に飛ぶ距離は、ボレーした打点の高さによって変わるので、足元や腰らへんでADVするとネットから1歩下がったくらいが限度。 逆に高い球をADVする場合、サービスライン上で打ってもギリギリでネットを越えたりする。

ダブルスの広いコートで練習すれば距離感はつかめる。

さらに飛びつきボレーでもADVを発動できるため、普通なら浮き球が返るのに、ADVで逆転なんてこともできる。ボレーに出て、ショートクロスに飛びついてしまったときにやってみよう。笑えるし、反対側からヤジが飛ぶw

・特殊スピン系サーブ

サーブのコース入力時にレバー下を追加することで、よりネット際に落ち、曲がるサーブが打てる。COMは使用してこない。
パワーがMAXではないほうが有効で、パワーゼロのサーブもある。

キャラやプレイスタイルによって変わるので、いろいろ試してもらいたい。

一番簡単なのはコーナーを狙ってレバーを入れ、パワーを決定後に斜め下、もしくは真下にレバーをいれる。

最終更新:2007年05月03日 08:55