《初詣(126)》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《初詣(126)》

イベンドカード
使用コスト0/発生コスト1/青
[メイン/自分]:すべてのプレイヤーは任意の枚数手札をデッキの下に移す。その後、移した枚数と同じ枚数カードを引く。
(みんな、軽音部のこと祈ろうぜ。)

けいおん!で登場した色のイベントカード
お互いに手札を任意の枚数デッキの下回収することで、その枚数分デッキからカードを引く効果を持つ。
任意の枚数なので1枚も戻さず、1枚も引かないことも可能。
《プレゼント交換》と違いデッキの一番下戻すため、デッキがよっぽど少ない時を除いては同じカードを引いてしまうことはない。
カード枚数を指定できるが、相手もその恩恵を受けてしまう。
いらないカードのみを戻せるため、手札事故回避ならこっちのほうを優先させる場合もある。
そしてこのカードの真の意味は、デッキ内容を操作できる点である。これは《プレゼント交換》にはない利点である。
状況に応じて使い分けたい。

ドローソースとの組み合わせで大量手札交換が可能なため、《プレゼント交換》と共に2011/08/01よりMTLミックスではメモリーズカードに指定された。
その後、ワンキルパーツの規制やルール改訂もあって、《プレゼント交換》共々2014/08/01制限解除となった。

カードイラストは第7話「クリスマス!」のワンシーン。フレーバーはその時の律のセリフ。
唯たちは和服を着ているが、【和服】に関係する効果ではない。

関連項目


収録