《安城 鳴子(009)》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《安城 鳴子(009)》

キャラクターカード
使用コスト2/発生コスト2/赤/AP0/DP0
【超平和バスターズ】/【和服】
このカードは、アプローチに参加した場合、このカードと同じ特徴を持つ自分のキャラ1枚につき、ターン終了時まで+10/+10を得る。
(なんかこうしてると、あのころと変わらない。)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。スターターデッキで登場した色・【超平和バスターズ】【和服】を持つ安城 鳴子
アプローチ時にこのカードと同じ特徴自分キャラ1枚につきAPDPが10上昇する効果を持つ。
元々のAPDPは0だが、自分の【超平和バスターズ】または【和服】キャラがいればいるほど強化できる。

なお、このタイトルではキャラ93種中90種が【超平和バスターズ】を持ち、
実質的に手札を減らさずに並べられるキャラも多い為強化は比較的容易。
自身もカウントされるのでアプローチ時は最低でもAPDP10となり、
メインエリア【超平和バスターズ】キャラが5枚いればAPDP50、サポートエリアも含めるとコスト2としては驚異的なステータスとなる。

ただしアプローチした時だけしか強化されず、妨害ではあまり役に立たない。
また上昇効果はあくまでも一時強化の為、《カモフラージュ》等「数値を変更する」カードには要注意。
《真っ向勝負》《黒猫(007)》による妨害時はAPDP0となってしまう。

通常カード、サインカードともにスターター限定カード。

カードイラストは描き下ろし。フレーバーは第7話「ほんとのお願い」での鳴子のセリフ。

FAQ

Q.自身も「同じ特徴を持つキャラ」としてカウントされますか?
A.はい、このカード自身もカウントされます。

関連項目


収録