《佐倉 杏子(312)》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《佐倉 杏子(312)》

キャラクターカード
使用コスト5/発生コスト2/赤/AP50/DP30
【魔法少女】
このカードがアプローチでポイントを与えた場合、カードを2枚引く。
自分の「佐倉 杏子」がアプローチに参加している場合、相手は、使用コストの値が2以下のキャラを妨害に参加させることができず、手札からキャラを登場させることもできない。
(フン、トーシロが。ちったぁ頭冷やせっての。)

劇場版魔法少女まどか☆マギカで登場した色・【魔法少女】を持つ佐倉 杏子
アプローチポイントを与えた時にデッキから2枚カードを引く効果、自分佐倉 杏子アプローチした時に使用コスト2以下のキャラ全ての妨害への参加・自由登場キャラ登場封印する効果を持つ。
ウィニー自由登場キャラメタカード
佐倉 杏子アプローチ中はコスト2以下のキャラで妨害できなくなる。
さらに自由登場キャラ登場させることができず、咄嗟の壁を用意することすら許さない。
そのため、相手の場にコスト3以上のキャラがいない場合、確実にアプローチを成功させることが可能。
似た効果を持つ《佐倉 杏子(011)》と比べると妨害限定だが、自分に被害が及ぶことはないため格段に使いやすい。
《次期軽音部部長》などには要注意。
また、アプローチに成功すれば2枚ドローできる。
1つ目の効果を最大限に生かせば確実に発動できるので、なるべく狙っていきたい。

カードイラストは描き下ろし。フレーバーは第5話「後悔なんて、あるわけない」/[前編]「始まりの物語」での杏子のセリフ。

関連項目


収録