《春咲 千和(004)》

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《春咲 千和(004)》

キャラクターカード
使用コスト2/発生コスト1/黄/AP30/DP30
このカードがアプローチに参加した場合、このカードと、このカード以外の黄の自分のキャラ1枚は、ターン終了時まで+20/+20を得る。
(……えーくんには敵わないや、どうしてわかっちゃうんだろ?)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎるで登場した色を持ち、特徴を持たない春咲 千和
アプローチした時にこのカードとこのカード以外の自分キャラ1枚のAPDPを20上昇させる効果を持つ。
《ルゥ=ベオウルフ(086)》の2つ目の効果と全く同じ効果を持つ。1つ目の効果はなくなったが、その分軽くなり使いやすくなった。
アプローチすれば2枚も強化できるため使いやすい。
実質AP・DP50のキャラといえ、コスト2としては驚異的。
色のデッキなら採用して損はない。

《夏川 真涼(025)》《秋篠 姫香(047)》《冬海 愛衣(073)》サイクルをなし、対象のが違うだけで効果は全く同じ。

カードイラストは描き下ろし。フレーバーは第10話「夏合宿の会議で修羅場」での千和のセリフ。

関連項目


収録