豊橋鉄道 モ7311


モ7311 (名鉄7300系電車譲受車) 
 大阪府河内長野市松ヶ丘東町(MAP



写真提供 刑事長:撮影 2018/01/20
最新の情報提供 刑事長:情報更新 2018/01/24


*私企業の敷地内で保存されているので地番の公表は控えます

現在の状況 静態保存 敷地内に台車部分を切り離し、鉄骨製台座に車体が載せられた状態で置いてある
管理者 不明(敷地所有の運送会社の社長が購入したもの)
協力募集 無し

 旧型車(3800系)の機器・台車を流用し、パノラマカー7000系と同様の車体を組み合わせて新製した車両(1971年日本車輛製。支線直通特急用として製造されたため固定窓・全席クロスシートになっており、パノラマカーやその増備車と共に使用された。1997年廃車され、1500V昇圧を迎えるにあたり車両を探していた豊橋鉄道へ譲渡。1500V昇圧から使用されたが、2扉全席クロスシートという仕様が災いしラッシュ時に遅延を引き起こし、昇圧を機に増発したダイヤを旧ダイヤに戻さざるを得なくなるなどの事態を招き、1800系(東急7200系譲受車)に置き換えられることになり僅か3年で廃車。廃車に際し無償譲渡先が募集され、河内長野の現保存地へ。保存当初は台車分の長さのレールを敷いたコンクリート台座の上に載せられて展示されていたが、現在は降ろされ、写真のような状態になっている。(運送会社が大型クレーンも保有しており、それで降ろされたようである)

 

 

最終更新:2018年01月24日 12:49
添付ファイル