秩父鉄道 デキ101


デキ101 (秩父鉄道デキ100形電気機関車) 
 埼玉県熊谷市大麻生2229-3 秩父鉄道広瀬川原車両基地(MAP



写真提供 刑事長:撮影 2019/05/18
最新の情報提供 刑事長:情報更新 2019/06/09


 

現在の状況 静態保存 年1回「わくわく鉄道フェスタ」で車両基地公開時に見学可能
管理者 秩父鉄道
協力募集 特になし

備考:1951年、秩父セメント(現太平洋セメント)が自社向け貨物列車牽引用にデキ8として製造し、秩父鉄道に運用管理委託。日立製作所製。1954年に増備車がデキ102・103として製造されデキ100形デキ101に。1980年、デキ507が太平洋セメント所有機として製造されたことを受け、秩父鉄道所有に。秩父鉄道転籍後は、牽引力が他機より劣ることから入換や一般貨物列車運用に使用。1988年のパレオエクスプレス運行開始後は後補機や熊谷~広瀬川原車両基地間の回送牽引機として使用されるが1996年にデキ201に交代し休車、2006年廃車。

 

添付ファイル