広島電鉄 76


76 (広島電鉄70形電車) 
 広島県広島市佐伯区石内東4-1-1 THE OUTLET HIROSHIMA(MAP



写真提供 刑事長:撮影 2020/08/06
最新の情報提供 刑事長:情報更新 2020/08/25


 

現在の状況

静態保存  
アトラクション「ワープする路面電車」でプロジェクションマッピングのスクリーンとして使用

管理者 THE OUTLET HIROSHIMA、広島ホームテレビ
協力募集 スマートホンで操作することで、投影するプロジェクトマッピングを選択できる


備考:通常時はグレー一色(2枚目は広電カラーのマッピング映像)

西ドイツ・ドルトムント市電GT8形の76として製造、1959年デュワグ(DUEWAG)社製。市電の地下鉄(シュタットバーン化)に伴い余剰となり、1981年、運行開始65年記念に外国車両を導入する計画をもっていた広島電鉄が購入、翌年対応工事を終えデビュー。荒手車庫に所属し、市内線⇔宮島線の直通運用に使用されたが、運転方法や整備の難しさから1984年に千田車庫に移り市内線専属に。その後運転台を他車と同様にし、またテーブル等を設置し貸切車となり「ビール電車」等に充当。2008年に休車。2012年廃車となり、広電本社傍のスーパー店頭に改装・移設されレストラン電車として使用するも2013年に閉鎖。2017年、THE OUTLET HIROSHIMAへの譲渡が決まり現在地へ。

 

最終更新:2020年08月25日 21:54
添付ファイル