近藤喜文

近藤 喜文 【こんどう よしふみ】

1950年3月31日生まれ。故人。宮崎駿や高畑勲が日本でも随一の実力と評したアニメーター。
アニメ監督、キャラクターデザイナー。仲間内では「こんどうきぶん」と呼ばれることも。

Aプロダクション→日本アニメーション→テレコムアニメーションフィルム→日本アニメーション→スタジオジブリ

巨人の星、ど根性ガエルなどを担当した後、『未来少年コナン』で宮崎を、『赤毛のアン』で高畑を支える。近藤の新鮮な観察眼は、高度にリアルな芝居を生み出していった。キャラクターデザイン、作監を担当した『火垂るの墓』は、誰もが目にした近藤最大の業績であるといえる。
この際『となりのトトロ』が同時に制作されたことで高畑監督と宮崎監督の間で近藤の争奪戦が起きる。仲裁に入った鈴木Pの「宮さんは自分で絵が描けるから」という助言で近藤の『火垂るの墓』への参加が決まる。宮崎監督は鈴木Pに「ぼくは夢の中で近ちゃんを殴ったからすっきりした」と折れたという。

その後も宮崎、高畑両監督の作品の作監・キャラデ・原画を務める。宮崎との長年の約束を叶え『耳をすませば』で監督としてデビューする。宮崎・高畑監督の後継として期待されるが『もののけ姫』の作監を務めた後、
1998年1月21日に乖離性大動脈瘤のため死去。享年47という若さであった。ドリフの加藤茶が瀕死の状態に陥った病気と同じものである。近藤は、病室に届けられた画用紙に、まだ何かを描こうとしていたという…
彼の死は業界に衝撃を与え、各地、各雑誌で追悼の意を込めたコメントが寄せられた。
葬儀の出棺の際に『耳をすませば』の主題歌である「カントリーロード」が流された。

思想的に師匠の高畑、宮崎の影響があったのか労働組合運動に参加し平和運動にも興味があったようだ。『火垂るの墓』の後、高畑監督と中国を舞台にした日本の加害責任を問う映画の企画があったが、天安門事件の影響で実現しなかった。奥さんとは組合活動で知り合った。

ちなみに、誰もが一度は目にしたであろう「金曜ロードショー」が始まる際の映写機を回すおじさんのアニメーションは彼の仕事である。





■巨人の星(1968-1971) 動画 原画 112話 118話 121話 127話 129話 132話 134話 137話 139話 140話 142話 145話 146話
150話 152話 155話 158話 161話 163話 166話 170話 172話 175話 177話 180話



■つるのすごもり(1971) 原画


■新オバケのQ太郎(1971) 原画 7話


■ルパン三世(1971) OP原画 原画 1話 5話 21話
OP:
1話:
5話:居合抜き?(アニメ夜話で友永和秀がとりあげた)
21話:中盤、機関車のシーン


■ど根性ガエル(1972) 監作 原画 5話A 8話B 12話A 17話A 22話A 28話B 31話A 33話A
37話B  39話A 41話B 44話A 47話A 50話B 52話B 54話A 57話A 59話A 63話B  66話B
69話B 72話B 75話A 77話A 79話B 82話B 86話A 89話B 93話B 96話A 100話A 102話A

ED:ど根性ガエル音頭(夏場限定エンディング)


■パンダコパンダ(1972) 原画
なわとび


■赤胴鈴之助(1972-1973) 原画 5話 12話 19話 26話 29話 35話
「赤胴真空斬り」バンク


■パンダコパンダ雨ふりサーカスの巻(1973) 原画
洪水につかってしまった家の屋根の上で朝食をとる場面で、パパンダがバランスをくずして屋根から落ちてしまう


■はじめ人間ギャートルズ(1974-1976) 原画 作監


■ガンバの冒険(1975) 原画 1話 7話 12話 19話 ED
7話:ザクリ島潜入シーン
12話:村祭り


■元祖天才バカボン(1975-1977) 作画監督 原画


■まんが日本昔ばなし(1976-1994) 演出 原画
十二支の由来


■まんが世界昔ばなし(1976-1979) キャラクター 演出 原画
66話「かめがのろのろあるくわけ」(キャラクター、作画、美術、背景)
86話「仕事をとりかえたおやじさん」(演出、キャラクター、作画)


■おれは鉄兵(1977) 原画


■草原の子テングリ(1977) 原画
旅の坊主


■一球さん(1978) 原画 


■未来少年コナン(1978) 原画 1話 2話 3話 4話 6話 7話 15話 19話
1:
2:おじいの死に、コナンが悲しみのあまり岩を投げ飛ばす
3:コナンとジムシーが出会い、力比べをする一連のシチュエーション
4:
6:
7:
15:巨大ぶたを捕らえるコナンとジムシー
19:津波近くで闘うコナンとオーロ

■赤毛のアン(1979) キャラクターデザイン 作監 全話
1:駅のホームで迎えを待つアン。


■トム・ソーヤーの冒険(1980) 原画 7話 11話 15話 20話 23話 26話 30話 34話 38話 40話 42話 46話 48話 49話
7:決闘シーン


■姿三四郎(1981) 原画
・三四郎とぶつかる乙美〜夏目のアパート〜人力車
・夏目のアパートでスルメ〜空想「みーじめ〜」〜縁側の乙美


■東海道四谷怪談(1981) 原画 OP


■名探偵ホームズ(1985) キャラクターデザイン
3:帰ってきてソファーに横になるホームズ〜しゃべる女の子の一人芝居。
ラストのマーサが父親に走り寄って抱きつくところ


■NEMO パイロットフィルム 監督
飛行機が回り込むように急降下したり俯瞰で水上を飛ぶカット


■The Blinkins: The Bear and the Blizzard(1986) Character Designer


■愛少女ポリアンナ物語(1986) 原画 6話 10話 14話 18話 22話 26話 32話 33話 37話 42話 48話
26:後半、ポリアンナの夢の中のシーン(憶測)
42:前半、輪唱の練習(憶測)


■愛の若草物語 (1987) キャラクターデザイン OP原画 原画 2話 5話 8話


■火垂るの墓(1988) キャラクターデザイン 作監


■魔女の宅急便(1989) 作画監督 原画(ノンクレジット)
コリコの町を飛ぶ~注意の警官が去る(C-157~185)


■おもひでぽろぽろ(1991) キャラクターデザイン 作監


■紅の豚(1992) 原画
てきぱきと作業するフィオ。(フィオの登場シーン)
最後の殴り合いの後半


■そらいろのたね(1992) 演出 原画


■海がきこえる(1993) 原画
拓の家族食事シーン。テレビに映ってるCMにも注目。
同窓会。


■平成狸合戦ぽんぽこ(1994) 原画
冒頭の合戦シーン
合体竜
きつね男のそろばん
ラストシーンの喜び走り出す正吉


■耳をすませば(1995) 監督


■スタジオジブリ原画展宣伝スポット(1996) 原画
メイが歩いてくる1カット。宮崎駿の書いた一枚の原画を元気よく動かしている。


■火垂るの墓宣伝用スポット(1996) 原画
節子が歩いてきて敬礼。テレビ放映予告CM用につくられた。


■金曜ロードショー(1997- ) OP 原画


■もののけ姫(1997) 作監 原画(NC)

トキの登場シーン。甲六を叱り、覆面を取ったアシタカに「いい男じゃないか」と話すまで。
後半の近藤さんの原画担当。今回展示の薙刀の野武士と対決するアシタカのカット。
ほか、ヤックルと泳ぎながら蕨手刀で弓矢を払い落とすアシタカの難しいカット。 途中からメイン作監の安藤雅司さんのサポートとして作監に就任。群衆シーンを中心に修正。
 

最終更新:2021年02月12日 15:30