男と魔神

作者:wikiの人◆SlKc0xXkyI


bgm01
 その男はとても貧乏で、今日の食事にも困るほどだった。
 若い頃から博打にのめり込み、四十近くなった今では借金ばかりが増えている。
 男の家は息苦しいほどに狭いアパートの一室で、家具は一つもない。昔はタンスやソファーもあったが、どれも借金を返すために、あるいは博打のために売ってしまったのだ。
 もう生きていくのも難しいほどだったが、しかし男にはこの日、転機が訪れた。珍しく賭場で大勝した彼は、とある不思議な道具を、金の代わりに受け取ったのだ。
 それは古びた本で、開くと魔神が現れて、なんでも欲しい物を持って来てくれるという。
 酒に酔っていた彼は、すっかりその話を信じ込んでしまい、さあ魔神よ出て来いと、胸を躍らせながらアパートの一室で本を開いた。
bgm01 停止

bgm02 再生
魔神「お呼びでしょうか、旦那様」
 男「おお、これは驚いた。まさか本当に魔神がいるとは」
魔神「私は旦那様が命じれば、なんでも持って来る魔神でございます。
   何か欲しい物はおありでしょうか?」
 男「うむ、そうだな。まずは酒だ、とびっきり旨い酒を出してくれ」
魔神「かしこまりました、旦那様」

                ↓このあたりにfx01
 魔神が指を振ったかと思えば、そこにはパッと魔法のように酒が現れた。
 綺麗な琥珀色の、一目で高いと分かるような酒だった。

 男「こいつはすごい! どれどれ、味の方はどうだ……?
   む、旨い! こんなに旨い酒は、生まれて初めてだ!」
魔神「旦那様、他に何かありますでしょうか」
 男「そうだな、次は食い物だ。
   この酒にぴったりの、素晴らしい料理を出してくれ」
魔神「かしこまりました、旦那様」
               ↓このあたりにfx01
 また魔神は指を振り、また同じようにパッと豪勢な料理が現れる。
 見たこともない料理の数々に、男は無我夢中でむしゃぶりついた。

 男「美味い、なんて美味いんだこいつは!
   これはいい、お前がいれば俺の人生は最高だ!」
魔神「ありがとうございます、旦那様。
   他に何か、欲しい物はありますか?」
 男「酒と食い物は充分だ。次はやはり、金だろうな。
   一生かかっても使い切れないような大金を出してくれ!」
魔神「かしこまりました、旦那様」
                    ↓このあたりにfx01
 またまた魔神が指を振ると、またまた同じようにパッと札束が現れる。
 一億や十億ではすまない、とても数え切れない額の大金だ。
bgm02 停止
              ↓このあたりにfx02
 しかしその大金と一緒に、どこからかパトカーのサイレンが聞こえるのだった。

 男「? おい、魔神。近所で何かあったのか?」
魔神「いえいえ、これだけ大金を盗んだのですから、警察が来るのは当然です」
bgm03 再生
 男「盗んだ!? まさかお前、今まで全部盗んでいたのか!」
魔神「当たり前です。何もない場所から物を作るのは、神様の仕事ですから。
   私のような魔神にできるのは、持って来ることだけでございます」
 男「ちくしょう、騙された! 妙に話が上手いと思ったんだ!
   おい魔神、この金だけでもすぐに返して来い!」
魔神「いいえ旦那様、それはできません」
 男「何故だ!? お前なら簡単だろう!」

bgm03 停止
 男の剣幕にもうろたえず、魔神はニヤニヤしながらこう言った。

魔神「魔神の世界に、クーリングオフはないのですよ」