グール怪談


作者:名無し

無題』や『無題2』の隊長の一人語りです

隊長:一見好々爺な鬼畜。アラカンと言い張るが多分それより上。普段はまったり明るいイメージだが、キレると反面、静かに怖い。



……ん? どうしたの、皆。雁首揃えちゃって。
…………暑くてしんどいから? 皆で怖い話して涼んでるワケ?
で、皆ネタが尽きたから、わざわざ僕のところに来た、と。
……いいねえ、若いねえ。そんなこと、時間を持て余してないと出来ないよね。
僕もそんなにヒマになるくらい、仕事が出来るようになりたいなあ。皆みたいに、さ。
ヒマでヒマでしょうがなくて、実際にバケモノ狩ってご飯もらう仕事してるのに、ワザワザ怖い話するくらいの余裕が、僕にも欲しいなあ。

…………あれ、どうしたの皆。固まっちゃって。
え、何? 「ごめんなさい」?
ヤだなあ、何で謝るの? ヒマがあっていいなあ、って話してるだけだよ、僕は。
……え、「仕事に戻ります」? 「真面目にします」……って?
真面目に仕事してそれでもヒマだから、怖い話で暇つぶしてたんでしょ、君達。
それなのに、謝るのはおかしいなあ。

…………ああ、ちょっと待ってよ。
僕もちょうど今、仕事が片付いてヒマになった所だしさ。話してあげるよ、……怖い話。


昔むかし、山奥に小さな村があった。
そこに住む人々は、みんないつもどおりの営みの中で過ごしていた。
しかしある日、村の中でルールを破る者が現れた。
そこで村人達は自治体を組み、ルールを破るものには罰を与えるようにした。
そして、村は平和になった。……めでたし、めでたし。


……それのどこが、怖い話なのかって? 「普通に自治を行っているだけ」「罰はやりすぎだけど」……ね。
でも。キミ達。
どんなルールか、まだ、聞いてないでしょ?
その村の人々が、一体、どんな倫理観の元で動き、どんな掟の元で、ヒトを裁いたのか。
知らないよねえ、キミ達は。


……その村は、ね。――“屍食鬼”、グールの村、だったんだ。
迷い込んできた他所の人間を捕まえては食って暮らしてた。
いつ、どうして村人殆どがグールに変わっちゃうような事態になったのかは、解ってない。
ただ気がついたときには“そう”なってて、誰も疑問に思わなかったんだそうだよ。
……まあ、グールに「疑問に思う」頭があったかどうかなんて、甚だ疑問だけどね。
…………そんな状況の中、ね。奇跡的に感染せず、“まだ”生きてる人間がいたんだよ。
彼はグールのフリをすることで何とか生き延びてきたけど、ある日遂に決意したんだ。
捕まったアワレな人間を、逃がしてやろうって。
作戦は決行されて、成功した。捕まっていた人間は、食われずに逃げる事が出来た。
そしてグールのフリをしていた男は、もう、フリをする必要はなくなった。
だって、男は。グールそのものになったんだから。

え、その村? もうないよ。全員始末したから。この話も、その唯一逃げてきた人間が証言したものだ。
後はいつもどおりのお仕事をして、一件落着、ってわけ。

…………で、どう? 面白かった?
……「グールだらけの村を想像すると身の毛もよだつ」? まあ、そうだろうね。
でもいつも見てるし、平気じゃない? メンドウとは思っても、怖いとは思わないでしょ。
「それは隊長だから」? ……ま。メンドウとも、思わないけどね、僕は。

実を、いうとね。グール達は、自分たちが既に死んでバケモノになっている、ってことに、全く気づいてなかったみたいなんだよ。
彼らは自分たちがバケモノだっていう自覚もないまま、日常の営みのように、人間を食っていた……

――さて。じゃあ。ちょっと、聞こうかな。

今、ココにいる君たちは。本当に、人間かい?

自覚がないまま、自分たちがバケモノだってわからないまま、人間を喰らってたんだよ、彼らは。
果たして。今、ここにいる君たちが、本当に、人間である、と。……君達には、言い切れるのかなあ?

――ねえ。どう、思う?