好奇心


作者:wikiの人◆SlKc0xXkyI


【好奇心】※男性を推奨

BGM:ジャズなどの、落ち着いていてもノリのいい曲。


 買出しを頼まれ、薬局に出かけたのは昨日のことだっただろうか。
 目的のティッシュと絆創膏、ついでに包帯とガーゼを買おうとする。
 しかしレジへ行く前に、私はある商品へ目をやった。
 それはいわゆる、鼻の毛穴の汚れ――脂を落とす物だった。
 普段ならば見向きもしないが、パッケージに書かれている文字が気になったのだ。

 「発熱効果で小鼻クレンジング」と。そう、書いてある。

 ああ、発熱効果――つまり毛穴を広げると。
 お手入れなんて、脂取り紙くらいしか知らなかったが、そんな物があるだなんて――――。
 否。知ろうとしなかっただけで、こうした商品は多く世にあるのだ。
 断じて発熱効果が特別というわけではない。
 そも、これらの商品に特別なぞ在り得ない。
 だが気になったというのも事実。
 これを機に、試してみるのも悪くはないだろう。
 そう考えて、私はこの商品を購入する運びとなったのである。

 帰宅し、実際に試してみる。
 洗浄ジェルと発熱ジェルの二種があり、それらを使ってクレンジングするようだ。
 使用方法に記載されているよう、まず洗浄ジェルを鼻に塗った。
 続いて発熱ジェルを塗ってみるが、なるほど――確かに発熱しているではないか。
 充分にマッサージをし、ジェルを洗い流す。
 そして鼻に触れてみれば、脂と呼べるものはもう、ない。
 見事である。
 知ろうともしなかった間に、ここまでの物が完成していたのか。
 満足した私は、そうして洗面所を後にしたのである。

 ――では、ここからが本題だ。
 このジェルは、かなりぬるぬるとしている。
 そして発熱ジェルを重ね塗ることで、発熱効果を発揮する。
 これは――――

 股間のリチャードに塗るのも、ありではなかろうか?

 分かっている。
 愚かな行為だと、存分に理解している。
 分かっている。
 諸君が引いていると、痛いほど理解している。
 だが、そうと分かっていようとも、男にはやらねばならぬ時がある。
 その時が今、というだけだ。
 考えてもみるがいい。
 人類史上、先駆者とは常に奇異の目で見られるもの。
 しかし、私は違うのだ。
 未知を既知に変え、新たな何かを模索しようとする精神を持つのだ。
 ローションを初めて股間のリチャードに塗った者など、その勇気には尊敬さえ覚える。
 故に私とて、完全なる先駆者というわけではない。
 股間のリチャードに異物を塗る――その行為だけで言えば、幾人もの先駆者がいるのだ。
 私はその亜流として、発熱効果を持つジェルを試そうというだけ。
 これのどこに、恐れて身を引く必要があると言うのだ。
 恐怖なぞ――どこにも、ない。
 皆無で、絶無だ。
 元より私は、己が好奇心に逆らえぬ、宿業を背負う者――!

「ヨーシ、ソレジャア塗ッテミヨー」

 ――かくて、私は自らの好奇心に挑む。
 未だ知らぬ世界を既知とすべく、未知の海原へと船を漕ぐ。
 嗚呼、男とはいつの世も馬鹿な生き物である。
 虚しい快楽を高めるべく、こんなにも熱くなれるのだから――――!!

 ……そして、人は時に後悔する生き物だと、最後に言い残しておく。
 ああ、よもや病院のお世話になるとは、思ってもみなかった――――。

【あとがき】
じ、実話なんかじゃないんだからねっ!