ゴーマ3ちゃんズ

「燃える3つ星!有名無実3怪人、ゴーマ3ちゃんズ!」

【名前】 ゴーマ3ちゃんズ
【読み方】 ごーま3ちゃんず
【登場作品】 五星戦隊ダイレンジャー
【分類】 ゴーマ怪人

【詳細】

神風大将墓石社長電話先生によるゴーマ落ちこぼれ怪人3人組。「ゴーマ3バカ」、「3バカトリオ」とも呼ばれる。

名誉挽回になると称されザイドスによりチームを組まされ、自分達をバカにしたゴーマ族の連中を見返す為に真っ向勝負で勝ち目のないダイレンジャーにスポーツで勝負を挑む。
当初はリュウレンジャー(=亮)をターゲットにしていたが、やがてテンマレンジャー(=将児)にライバル心を燃やすようになる。
勝負を挑む中で次第にテンマレンジャーとの間に友情が芽生え、正々堂々と彼に勝つ事を誓い、大将が将児とモトクロスレースを行う。
ザイドスの罠で行方不明となるが一命は取り留めており、後に将児に電話で自身らの無事と「ゴーマとは縁を切る」と一言伝えたのち3人揃って姿を消した。
その後、将児に公衆電話越しに応援を送るなどしている。

初期の頃にデザインはされていた怪人だったが、スタッフ達に忘れられていた為、脚本家の荒川稔久氏が不憫に思って本編に登場する事となった。