※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

/*/

芝村:
ここは宇宙だ

エステルは地上の電波を拾おうとチューニングしている

時雨:
「……………どうしました?」

エステル:
「別に」

芝村:
エステルは作業やめた。

エステル:
「別に何でもありません」

時雨:
Q:
もしかして和平交渉の進捗が気になってるのでしょうか?

芝村:
A:そう言うふうにはみえないなあ

時雨:
うーん

「そうですか」

ちょっと悲しそうな顔で後ろから抱きしめます。

エステル:
新しい軍艦の話ですか?」

時雨:
「いえ」

「こうしたかっただけです」

エステル:
「・・・」

芝村:
エステルは黙ってる

時雨:
頬にキスをします。

芝村:
エステルは横目で見た

冷たい目だ

エステル:
どうしたのですか」

時雨:
「いえ……」

エステル:
「そうですか」

#なんかすごい。いじけてるきがするぞ

時雨:
#・・・・・・もしかしてPLACEがGENZさんのゲームで「女なんてー」とか言ってたのはエステルが最近こんな調子だからでしょうか

しばらく抱きしめたまま、じっとしています。

エステル:
「・・・・」

エステルは目をつぶった

時雨:
唇にキスをします。

「愛してます」

エステル:
「嘘ばかり」

顔を背けられた

小さく丸まってる

時雨:
「違います」

もう一度キスします。

芝村:
地上から、ネーバルウイッチときこえる

時雨:
放送の大体の意味はわかりますか?

芝村:
宇宙の敵はネーバルウイッチであり、おそらく帝國は勝てるだろうと

やるならいまだと

時雨:
「…………和平交渉の話も出ています」

エステル:
「知っています」

時雨:
「はい」

抱きしめたまま、髪をなでます

エステル:
「意外に、へこんでますね。私」

時雨:
「僕がいますよ」

耳元でささやいて、キスをします

エステル:
「嘘ばっかり」

芝村:
エステルは逃げた

時雨:
追いかけます

芝村:
自室に閉じこもった

時雨:
#ぎゃーまたこのパターン

エステル:
「寝ます。近づかないでください」

時雨:
「じゃあ、僕も一緒に寝ます」

エステル:
「・・・」

鍵を閉められた。

マイクも切れた

巨大な地雷を踏んだきになった

時雨:
orz

部屋の前で、ずっと待っています。

/*/

芝村:
はい。おつかれさまでした

時雨:
お疲れ様でした

芝村:
うむ。いつか見た風景だ

時雨:
何かもうかなり凹みます

どうしたらいいんでしょうか

芝村:
うむ

やはりあれか。

この間軍事話→エステルだんだんへこみでる→本日勘違い発言

大爆発だー。ダダッダ

時雨:
orz

参謀解体以来の大失敗な気がします

芝村:
いやまあ

あれよりはるかに、でかい気がする

時雨:
取り敢えず評価変動と累積伺っていいですか?

芝村:
  • 3-3

今4、4

時雨:
うわあああああ

もう本当に泣きそうです

芝村:
うむ

時雨:
どうしましょう。部屋の前で待ってたいですが

いったん冷却期間をおいた方がいいんでしょうか

芝村:
わからん。俺なら全力であやまる

時雨:
うーん

しばらく、部屋の前で話を聞いてくれそうになるまで待ちます。

聞いてくれそうになったら、謝ります。

芝村:
はあい

時雨:
しばらく待っても駄目なら、通信か何かで。

どうにかして戦争も避けたい感じですが

芝村:
ああい

時雨:
以上をrと言う形でお願いできますか?

芝村:
ああい。

では解散しましょう。おつかれさまでしたー
最終更新:2010年04月11日 14:55