※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

芝村:

/*/

ここは、地上だ。体がだるくて重い

シグレ:
はい。

芝村:
煙がたなびいている

シグレ:
どこからの煙でしょうか

芝村:
目の前の建物だ。煙突だね。
地上はまだまだ科学化してないのさ

シグレ:
石油プラントかなにかでしょうか?>目の前の建物

芝村:
いや。普通の家だよ

シグレ:
Q:誰の家とかは分かりますか?

Q2:自分はなぜこの家を訪れているのでしょうか?

芝村:
A:イベント指定したろ

A2:お見舞いのせい

シグレ:
あ、なるほど。
ではノックしてみます。

「すみませんー」

ヤガミ:
「ん」

ヤガミ:
「どうした?」

シグレ:
#あれ?
Q:どこのヤガミさんでしょうか

芝村:
A:この国じゃねえの

シグレ:
「えーと、エステルのお見舞いに来たのですが」

ヤガミ:
「ああ。うん」

ヤガミ:
「・・・残念だったな。運が悪かった」

シグレ:
「えー、違ってたら申し訳ないんですが、不変空小春さん(注1)ですか?」

芝村:
ヤガミはこくこくしてる
そうらしい

シグレ:
「ああ、はいはい」
「えーとこちらに直接繋ぐのは久々なもので状況が見えないんですが………」

ヤガミ:
「エステルが爆発したんだろ。お前と一緒に」

ヤガミ:
「気の毒だってな」

シグレ:
「治療されてるって聞いたんですけど」

ヤガミ:
「まだ途中だ。見るか?」

シグレ:
「面会謝絶とかでなければ」

ヤガミ:
「まだ意識はない」

ヤガミ:
「謝絶どころじゃないさ」

家の中に案内された。

畳の上に再生ベッドがおいてある

シグレ:
「…………」

「あなたが治療してくださっていたんですね」

ヤガミ:
「医者じゃ、手に負えないからな」

シグレ:
「ありがとうございます」

ヤガミ:
「まあ、ちゃんとできているかは、自信がない」

シグレ:
(深く頭を下げます
「それでも、可能性はあるんですね」

ヤガミ:
「まあ、そこまで深刻じゃない」

ヤガミ:
「せいぜいこの10年の記憶が飛ぶくらいだ」

シグレ:
「10年………」

Q:NW時間で10年=10ヶ月分でしょうか?

ヤガミ:
「250が240になるくらいだな。うん」

芝村:
A:
比喩だと思うぞ

シグレ:
なるほど>比喩

「女性の歳の話はどうかと(笑)」

シグレ:
「僕のことを覚えていてくれればいいんですが」

ヤガミ:
「またやり直せばいい」

芝村:
ヤガミは、小さな塊になってるエステルを見た

ヤガミ:
「たいしたことじゃない」

シグレ:
「そういうものなんでしょうか」

芝村:
ヤガミは貴方の背を叩いた。

ヤガミ:
「大丈夫だって」

シグレ:
ちょっとびっくり
「あ、ありがとうございます」

芝村:
ヤガミは笑ってる

シグレ:
「幾つか聞いてもいいですか?」

ヤガミ:
「ああ」

シグレ:
「ありがとうございます」

「この再生医療って、どうやって記憶は保持されてるんでしょうか。技術秘密とか聞かないほうがいいとかしたら、もちろんいいんですけど」

ヤガミ:
「記憶は保持してない」

ヤガミ:
「なんで、もとの脳そのものをつかう。だから、壊れている可能性も、ある」

シグレ:
「ああ、なるほど………」

#ファイブスターのアウクソーのエピソード(注2)と同じですね

芝村:
うん

シグレ:
「この再生ポッドのことは、秘密にしておいたほうがいいですか?(注3)」
(FVBではクローン再生にはあまり肯定的ではないと以前の質疑で聞きましたので)

ヤガミ:
「もちろんだ。だからここでやってるんだ」

ヤガミ:
「病院でやれば大問題だ」

シグレ:
「わかりました」

「何か僕の方でしておいたほうがいいことはありますか?安全保障とか情報対策とか」

ヤガミ:
「そうだな・・・」


芝村:
エステルが動いてる

シグレ:
「っと………」

エステルの方を見ます

芝村:
だいぶ人型だ

まぶたをうごかしている

シグレ:
「エステル、僕のこと分かります?」

芝村:
反応はない

シグレ:
「………」

ヤガミ:
「なんかもう少し、言ってみたらどうだ」

シグレ:
「はい」

「エステル、辛い思いをさせてしまってごめんなさい」

芝村:
ヤガミは見守っている

シグレ:
「ずっと辛い思いをさせてしまって」

芝村:
エステルは眉を動かしている

シグレ:
「でも、もう僕は……絶対に、どんなことがあってもあなたの側にいて二人で生くから」

「だから、また、僕と一緒にいてください」

ポッドの中のエステルを見ながら、言葉をかけます

(涙ぐんでいます

芝村:
エステルは動いている

ヤガミ:
「意外におぼえてそうだな」

シグレ:
「はい」

「嬉しいです」

「ありがとうございます」

「治るまで、ここか近くにいていいですか?」

ヤガミ:
「家賃取るぞ」

シグレ:
「いくらでも払いますよ」

ヤガミ:
「いいな。飯でもおごってもらおう」

シグレ:
「わかりました。じゃあ、九州料理と焼酎(注4)でどうですか?」

(笑って

ヤガミ:
「よし」

芝村:
ヤガミは笑ってる

シグレ:
「ありがとうございます」

エステルの方を見て

「エステル、ずっと側にいますから」

芝村:
エステルは何か言っているきがした。

シグレ:
「治っても、それからも」

芝村:
きのせいかも、しれなかった

/*/

はい。おつかれさまでした

シグレ:
お疲れさまでしたー

情勢がつかめずどきどきでした………

芝村:
いやいや。

ははは

シグレ:
なんかもう色々な人に頭が上がりません

あ、このログや詳細は表に出さないほうがいいですかね。政治的な問題になるでしょうし。

芝村:
だしてもいいよ。

タイトルに#いれてー

シグレ:
了解です。本文にはなくても大丈夫ですか?


芝村:
ええ

おれのほうで処理してやるよ

シグレ:
ありがとうございます。お手数おかけします

関連質疑、r:なども同様の処理でいいですか?

それとも「ヤガミに飯をおごりつつエステルの治療を~」とか「エステルの回復はいかがでしょうか」みたいに端折ったほうがいいでしょうか

芝村:
はい。では解散しましょう。おつかれさまでしたー

シグレ:
はい、本当にありがとうございましたー!

芝村:
同様でいいよ

シグレ:
ありがとうございます!失礼しますー
最終更新:2011年02月11日 02:56