※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

/*/

芝村:
ここは宇宙だよ。

芝村:
エステルは足を確認している

時雨:
「足の加減はいかかですか?」

エステル :
「よさそうです」

時雨:
「よかった」

時雨:
Q:ここはエステルの私室ですか?

芝村:
A:ええ。

芝村:
さすがにミニスカで足をあげられるのは自室くらいのもんだ。

時雨:
Q:どんな感じの部屋でしょう。有重力区画ですか?

芝村:
A:重力はないね。

芝村:
何もない部屋だ。

時雨:
あー……もしかして下着とか見えてしまったりします?>ミニスカ

芝村:
ええ。下着は見えてるねえ。

時雨:
う……

時雨:
顔赤くして目をそらします

芝村:
エステルは足を振っている。

エステル :
「よし」

芝村:
エステルは天井に座った。

芝村:
貴方を見下ろしている

時雨:
「大丈夫そうで何よりです」

エステル :
「?」

時雨:
「あーいえ。何でもありません」

エステル:
「はい」

エステル:
「落ち着きません。なにか?」

時雨:
(エステルより低い位置で浮きながら)

時雨:
「あー……目の毒というか。短いスカートでさっきみたいな姿勢をとられると、どきどきしてしまいます」

エステル:
「はあ」

芝村:
エステルはわかってなさそう。

時雨:
#この子はー!

芝村:
あなたも天井にすわっていい

時雨:
じゃあそうして見ます。それくらい出来ますよね。>天井に座る

時雨:
「よっと」

エステル :
「丁度良くなりました」

芝村:
エステルは笑った。

芝村:
座る作業は全て天井に割り振ってるようだ。

時雨:
「嬉しいです」

芝村:
エステルは微笑んでいる

時雨:
#ああそうか……地上より多く面積が使えるんですね

時雨:
「お酒をご一緒させていただこうと思ってきたんですけど……ちょっとその前に相談したいことがあって」

エステル :
「どうぞ」

時雨:
「今度、船を作らせてもらえることになったんですよ」

時雨:
「常時運行艦なんですか」

エステル :
「…… はい?」

時雨:
「ああーまだ準備とかいろいろ要るんですけど」

エステル :
「ネーバルと同じようなものなら、分ります。動く居住区です」

時雨:
「やっと約束が果たせそうだなって」

時雨:
「そうですね、多分同じものです」

エステル :
「なるほど。いいですね。操舵が必要なら、私を雇ってください」

時雨:
「いや、そうじゃなくて。あなたの船ですよ」

芝村:
エステルは笑った。

エステル :
「そう言う意味なら知っています」

時雨:
「出来あがったら、僕とあなたの二人で乗りたいんです」

エステル :
「わかっています」

芝村:
エステルはそっぽむいた

芝村:
お気に召さなかったらしい

時雨:
「……ごめんなさい」

芝村:
エステルはにこっと笑った。

時雨:
#なんですかこのアップダウン

芝村:
#普通です

時雨:
「うー……と、とにかく。頑張って準備します」

エステル :
「はい」

時雨:
「どんな船がいいですか?」

エステル :
「部品共用性が高くて、重要系統が2重にあることを」

時雨:
「わかりました、整備性と信頼性ですね」

時雨:
「武装はどの程度必要ですか?」

エステル :
「最小限で。レーザーがいいと思います。1門で十分」

時雨:
「はい。機動性については?」

エステル :
「故障しないで、出力は低くていいです。燃費を最大限に」

時雨:
「はい。拡張性はあった方がいいですか?」

エステル :
「艦の上下に強度十分のバーがあれば、それでいいです。そこにマウントします」

時雨:
「わかりました。他に留意点はありますか?」

エステル :
「楽しく生活できるようにしてください。以上です」

時雨:
「はい!」

時雨:
Q:近づいて抱きつくって出来ますか?

芝村:
A:大変そうだな

時雨:
Q:評価で言うと?

芝村:
A:5 筋力か敏捷

時雨:
あー難しいですね……我慢します

エステル :
「なにか?」

時雨:
「あ、いえ」

時雨:
「もう少し近づきたいなって思ったんです」

芝村:
エステルは不思議そうに顔を近づけた。

時雨:
Q:どのくらいの距離ですか?

芝村:
A:30cm

時雨:
う……結構近いな

時雨:
顔赤くしながら

「ええ、そんな感じで」

芝村:
身を乗り出しているからね。

エステル :
「なるほど」

芝村:
エステルはじっとしている

時雨:
Q:肩に触れられますか?

芝村:
ええ。

時雨:
肩を握って

「待っててくださいね」

エステル :
「はい」

芝村:
エステルは優しく笑って言った。

時雨:
出来そうなら、頬にキスを。

芝村:
キスしたよ。

芝村:
エステルは不思議そう。

時雨:
「気持ちの表現です」

エステル :
「なるほど」

芝村:
エステルは頬にふれている

時雨:
「……好きってことですよ。他にも色々あるんですけど」

時雨:
「やり方が」

エステル :
「なるほど」

エステル :
「見たことはあります」

時雨:
「ええ」

エステル :
「お酒は?」

時雨:
「ああ、そうですね。ラムあります?」

エステル :
「どうぞ」

芝村:
エステルは棚にくっつけてある酒の瓶を取り出した。

芝村:
長いスポイトも。

時雨:
#あーそうか……宇宙じゃそうしないと飲めないよなあ」

時雨:
「ありがとうございます」

少し飲んでお返しします

エステル :
「そのままのみますか?」

時雨:
「あ、グラスがありましたか」

芝村:
エステルはスポイトで吸ってラムの玉を作った。

芝村:
食べた。

時雨:
「へえ……」

芝村:
笑うと貴方にも玉をつくって押し出したよ

時雨:
食べてみます

芝村:
強烈な味がする。

芝村:
エステルは笑っている。

時雨:
「き、きつい……」

芝村:
エステルは水もスポイトで出した。

芝村:
2個連続で食べた?

時雨:
一つで。

芝村:
水はうまいね。

芝村:
エステルは笑っている。

時雨:
「面白いですね」

エステル :
「宇宙では普通です」

時雨:
「そっか……これからは僕にとっても、これが普通になるんですね」

芝村:
エステルはニコニコ笑うと、貴方の頬にキスして笑った。

/*/

(以下、感想戦)

芝村:
はい。お疲れ様でした

時雨:
お疲れ様でした。

時雨:
何というか……最初のころの仏頂面が嘘のようです

芝村:
もどしといてやるよ

時雨:
いえいえ、結構です!!!

芝村:
そうか。残念だ。

芝村:
評価は+1+1、秘宝館には1、1で依頼出来ます。

時雨:
「ツンデレはデレたらおしまい」はお話の中で十分です

芝村:
では解散しましょう。お疲れ様でしたー

時雨:
あ、すいません、ちょっと質問したいことが

芝村:
ええ

時雨:
常時運行艦の派生なのですが、今の状況でPLACEが出る可能性ってありますか?

時雨:
プロモでもいいんですが。

芝村:
プロモのほうが生えるだろう

芝村:
1/2くらい

時雨:
はい、わかりました。でも今の能力が十分すぎるくらい強いんですよね。うーん

芝村:
そうだね

芝村:
弱くなる可能性もあるんで

時雨:
もうちょっと考えて見ます。

お引止めして申し訳ありません、ありがとうございました。

時雨:
それでは失礼いたしますー

芝村:
ではー
最終更新:2008年10月06日 23:37