※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

/*/

芝村:
ここは夏の園だ。

芝村:
綺麗な海が広がってる。

時雨:
エステルはどうしていますか?

芝村:
エステルは巻きスカートに水着姿で海を見ている。

時雨:
水着!

時雨:
どんな水着ですか?

芝村:
白いワンピースみたい

時雨:
「地上の海もいいですね」

エステル:
「綺麗なのは認めます」

芝村:
エステルは貴方を見てる。

時雨:
「……」

見つめられてどぎまきします。

時雨:
「ど、どうかしましたか?」

エステル:
「別に」

芝村:
エステルは目をそらした

時雨:
自分の顔が赤いと思いますが

「綺麗ですよ、あなたも」

エステル:
「・・・とってつけたように。いきましょう」

芝村:
エステルは海に向かって歩いている

時雨:
「はい」

芝村:
海は綺麗だ。

芝村:
エステルは海に触れて笑顔になってる

時雨:
Q:ここは海辺のコテージでよかったですか?

時雨:
つられて笑います

芝村:
A:ええ

芝村:
エステルは太ももまで海に入った。貴方を見た

時雨:
近づいて二の腕あたりを握ります

時雨:
「本当に、綺麗ですよね」

エステル:
「……判断に悩みます」

芝村:
エステルは肩まで水に入った。

時雨:
「あ、危ないですよ」

時雨:
こっちのほうに抱き寄せます

芝村:
エステルはじっとしてる

時雨:
「あなたが綺麗だって言ったつもりだったんですけどね」

時雨:
頬にキスをします

芝村:
エステルは小さくうなずいた後、潜った。

時雨:
Q:エステルって泳げますよね?

芝村:
A:泳げてるね。

芝村:
なぜか

時雨:
「もう…」

時雨:
とかいいながら泳いで追いかけます

芝村:
二人で泳いでる。

芝村:
エステルは凄い速度だ。

時雨:
頑張って追いかけます

芝村:
エステルは笑ってる

時雨:
追いかけっこを続けます

芝村:
エステルはあがった。

芝村:
荒い息をしてる。

時雨:
こちらもあがって

時雨:
「少し、休みましょうか」

時雨:
手を引いてコテージのほうへ。

芝村:
エステルは首を振った

芝村:
砂だらけになりながら寝そべって上を見てる。

エステル:
「背中が暑いですね」

時雨:
「夏ですからね」

芝村:
エステルは微笑んでいる。

エステル:
「しばらく、ここで夏を感じたいです」

時雨:
「……はい」

時雨:
隣に寝そべります

芝村:
エステルは笑ってる。

時雨:
「こうすれば、少しは熱くないかもしれませんよ」

そう言って背中に手を回して、少し浮かせます。

芝村:
離れた。貴方をにらんでる。

エステル:
「それは危険です」

時雨:
「そ、そうですか?」

時雨:
「ごめんなさい」

芝村:
エステルは顔を赤くして貴方をにらんでる

芝村:
少し照れた

時雨:
「……もう」

そう言って、優しく抱きしめます。

時雨:
「これなら、危険じゃありませんか?」

エステル:
「……ま、まあまあです」

時雨:
抱きしめたまま、顔をまっすぐ見ます

時雨:
「愛してます……」

芝村:
エステルは顔を隠した。表情は見せてくれない。

時雨:
照れてる感じっぽいですか?

芝村:
ええ

芝村:
ものすごく

時雨:
「ほんとに、もう……」

そう言って、髪をなぜます

エステル:
「なんですか・・・」

時雨:
「可愛いな、って……」

顔真っ赤にしながらそう言います

エステル:
「……」

芝村:
#照れてます。息を止めてる

時雨:
#うわー・・・・・・マジで今まで押しが足りてなかったんですね

時雨:
「少しだけ危ないこと、していいですか」

時雨:
耳元で囁きます

芝村:
エステルはばかと言った後、笑って離れていった。

芝村:
/*/

芝村:
まだまだ先は遠そうだった。

芝村:
はい。お疲れ様でした。

時雨:
お疲れ様でした

時雨:
むむむ

時雨:
こんなに照れ屋でしたっけ?

芝村:
ははは。

芝村:
評価は+1+1でした。

芝村:
秘宝館には1、1で依頼出来ます。

(以下略)
最終更新:2009年02月03日 17:14