UA.iniを使う方法(UserAgent偽装)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

UA(UserAgent)とは、ウェブページを読み込むときにサーバーに送信される、ブラウザの情報のことです。
例えば、Iron 23.0.1300.0 (Windows 7 64-bit)の場合、
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.11 (KHTML, like Gecko) Chrome/23.0.1300.0 Iron/23.0.1300.0 Safari/537.11
というUAが標準になっていますが、簡単な設定でUAを変更することができます。

起動オプションを弄る必要はありません。


Internet Explorerなら、
Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/5.0)

Chromeなら、
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.17 (KHTML, like Gecko) Chrome/24.0.1312.56 Safari/537.17

Firefoxなら、
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:18.0) Gecko/18.0 Firefox/18.0
をUA.iniをメモ帳などのテキストエディタで開き、そのままコピペするだけです。


注意点

  • UAをAppleWebkit以外に変更するとGoogleExtensionを導入できません。導入してからUAを変更しても大概のものは問題なく使えます。
  • UAを変更することによって使えなくなるExtensionがあります。(PixivDownloaderなど)
その場合上記のUA.iniを【削除】して、起動オプションを作ることを薦めます。削除せずに空白のままにしているとUAを空白と認識します。
またUA.iniと起動オプションが別のものを指定しているとUA.iniが優先されてしまいます。
起動オプション - Google Chrome まとめWiki
http://chrome.half-moon.org/43.html#obcd30eb
を参考に


備考

起動オプションで--user-agent="任意のUserAgent" を使用した場合、
なぜか大文字から始まる単語の後にスペースがあると起動時に新しくタブが開き、スペースがあるとUAが途中までしか反映されません。
最終更新:2013年01月26日 18:31
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。