芥辺境藩国@wiki

EV113 対策

最終更新:

futami

- view
メンバー限定 登録/ログイン
f:空爆の危険があれば警報を出して灯火管制の指示を行い、避難テントには予め篝火のかわりにバッテリー式の電気毛布を支給しておく 
= 目立つ灯りが消えることで住宅地や避難場所が誤爆され難くなり、被害を抑える事が出来る。

f:E108に対応した政策を実施している。 
= 
{側面:リワマヒ国から派遣された医師により国民のメディカルチェックを行なっているので、爆撃等による怪我人や健康被害を減らす事が出来ている。
側面:リワマヒ国と聯合を組んで食料を輸入し、子供やお年よりには食料を配給しているので、市場停止による餓死をある程度予防出来ている。
側面:避難場所を指定して解放しているので、戦争や暴動による二次被害を抑える事ができる。
側面:避難場所は複数に分かれているのでパニックや集団ヒステリーを抑えやすい。
側面:爆撃の復旧策として公共事業を起こし、またベンチャー企業への支援を行なっているので、国民の働き先と収入をある程度確保出来ている。
側面:避難場所では毛布の配布や焚火等で暖を取れるようにしているので、爆撃による停電、家屋損失等の二次被害である砂漠特有の夜間冷え込みから
ある程度国民を守る事が出来ている。
側面:自治体主体の警邏隊を作る事により、国民自体が治安を守る側となっているので、治安を壊そうという意識が起こり辛くなる。
側面:今回護民副長官に就任した双海環さんが表に立って国民に接しているので、経験を利用して不平や不満の聞き取り、国民の立場に立った処理をスムースに行う事が出来る。
側面:バロ・K・双海に協力してくれることへの感謝と、巻き込んでしまったことへの謝罪を藩国の代表(もし可能であれば、設定上の摂政:双海環)が心を込めて伝える。}
#後ほど心をこめた手紙を贈ります

f:狙撃対策を行う={ 
ACEへの狙撃対策をする 
側面:ACEへの狙撃に関して警告が出されているので、狙撃の可能性があることをACEに伝えておく。 
側面:藩国の地図から狙撃ポイントになりそうな地点を予測して警官のパトロールで警戒する。 
}