156 :名無しさん:2015/06/14(日) 21:21:27
ゲームだと触れるな危険の軍神組みでスクラム組んで突っ込んでくるクソ仕様になるなw
中途半端な数だと鎧袖一触で蹴散らされてノーダメージで粉砕されるw

Q こんな軍にどうやってアメリカは勝ったんですか?
A 軍神一人が一個艦隊をすりつぶすなら二個艦隊で挑めばいいじゃない

159 :名無しさん:2015/06/14(日) 21:30:33
英国ジョーク
英国兵一人は日本兵十人に匹敵するとのことでしたが何故負けたのでしょうか?
英国人「日本兵は十一人でやって来た」

米国ジョーク
太平洋艦隊が三度壊滅したそうですが、何故勝てたのでしょう?
米国人「四度目を作っただけだ」

160 :名無しさん:2015/06/14(日) 21:36:37
英国さんは世界線によっては中途半端な軍で決戦を決意した軍に挑んだらどうなるか
身をもって教えてくれる世界の海軍の教官枠

161 :名無しさん:2015/06/14(日) 21:48:26
素人でも勝てる数用意して攻めましょう。

アメリカ以外出来ないよこの手段

162 :未熟者:2015/06/14(日) 21:54:11
普通の国「戦後の国や軍と周りとのパワーバランスを考えて作戦を・・・」
大日本帝国「乾坤一擲の大勝負!散るとも国が残ればよし!天皇陛下も御照覧あれー!!」

昔から死兵は怖いと言われてるのを全軍で実践した結果がアレだよ!!

163 :トゥ!ヘァ!:2015/06/14(日) 22:19:59
物量は正義はっきありわかんだね

なお国力

166 :ひゅうが@風邪いや:2015/06/14(日) 22:44:08 >>159
「議員諸氏。わが祖国は、大日本帝国に勝利しました。しかし、戦場において必ず勝利を手にしたかといえばそうではありません。
真珠湾、珊瑚海、ミッドウェー、三次にわたるソロモン海、トラック沖、そして涙すべきマリアナ沖、悲劇となったフィリピン海、血で血を洗う沖縄沖、いずれにおいても敵はわが海軍を食い破り、祖国を守らんと死力を尽くしたことに疑いはありません。
しかしわが海軍は勝利しました。
それはなぜか?
わが国力にその源泉を有し、将兵の挺身、そして神の御加護が我々の勝利をもたらしたのであります。
議員諸氏、これを己の優越にのみ帰してよいのでありましょうか。
否、否であります!
人事を尽くして、神の御加護をこそ得る、これを待たずして祖国は勝利を得ることはできないでしょう。
いたずらに、軍の頭数をのみ増大させることよりも、祖国の力をさらに増大させ、もって総合的な国力をもって敵を打倒する、それこをわが国の目指すべき道であります。
まして、今や味方となったかつての敵たる日独伊の三国がわが陣営には存在するのであります。」

ジョージ・パットン元帥 1951年 議会演説より
最終更新:2016年08月20日 10:52