※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

姦崎姦(かんざき れいぷ)


■性別
男性

■学年
3年

■所持武器
お嫁さん

■FS名
新婚旅行に行った回数(現在時点)

■ステータス
攻撃力:12 防御力:1 体力:5 精神力:5 FS:7

特殊能力名:7th Heaven(セブンス・ヘブン)

効果:攻撃力7上昇 56
範囲+対象:隣接1マス一人 x1.1
時間:1ターン x1.0

タイプ:付与型
スタイル:アクティブ

制約なし 10
FS:7 x1.7

効果数値:56*1.1=61.6
発動率:(100-61.6+10)*1.7=82.28≒82%

発動率:82% 成功率:100%

能力原理

――彼の者等は七つ旅を想い、諸人は七度新たな力を得る――


彼らは戦場の中で誓いあう。
この戦いを生き延びる事を。
囚われの友を救い出す事を。

想い描くは蜜月の日々。
胸に抱くはお互いの心。

故郷を訪れた日もあった。
温泉旅館に泊まった日もあった。
夢と魔法の王国で過ごした日もあった。

共に手を取り、笑いあい、睦みあった日々を力に、彼らはまた誓いあう。
このハルマゲドンが終わったら、再び、次なる場所へ新婚旅行にいこうと。

――――お互いの身体をその腕に抱き、光弾く肌を強く重ねあわせながら。


そして彼らを見た付近の魔人たちは、拳を強く固め、溢れ出す思いを乗せて壁を殴らずにはいられないだろう。

――――リア充爆発しろ!!!と。


要約:全裸でイチャイチャしあう若夫婦を見て、思わず拳に力がこもる。

キャラクター説明

ハルマゲドンに友人が巻き込まれたと聞いて馳せ参じた少女――――の身体に、服代わりとなって巻きついている触手。
要するに端から見れば全裸の少女+触手である。そのため、常に際どく、危うい光景を周囲に晒している。
白く輝く柔肌に艶めかしく這う柔軟な手先。胸や下腹部に吸いつくが如き細い軟体。桜色に染まる少女の頬に寄り添う腕。
そこに広がる蠱惑的な景色を見た者は、饗宴の主役たるその一束の触手は全裸の少女に巻きつき何かのプレイに興じているのだと判断するだろう。

が、その実、そこにいるのは異種族婚を達成し、現在、絶賛ラブラブ中のお嫁さんを守るため、文字通り身体を張っている健気な触手少年なのだ!
その名は姦崎姦(かんざき れいぷ)。
触手魔人の一族、姦崎家の一員にして、純情・純朴を絵に描いたような内面を持つ、いわゆる和姦派の触手である。

それでは和姦派の姦が、何故、よりにもよって純愛の末に結ばれたお嫁さんと衆目の中でこんな格好を?それには深い訳がある。
それは先だって触林寺にて触義を習っていた姦がお嫁さんと『恋の障害を取り除く』という寺の秘宝を見学した時のことだ。


† † † † † † †


「これが『恋の障害を取り除く』って言われている触林寺の秘宝だよ!」

声を弾ませ姦が振り返ると、そこには全裸の嫁がいた。

「「えっ」」

まさしく“触手的な意味で”恋の障害が取り除かれたのだ。異文化コミュニケーションって難しい!
代わりの服を着せようにも、それすら次々に消滅する。事態を前に、姦は考える。
どうしよう。どうやって全裸の嫁を守ればいい?彼にできることはひとつしかなかった。


――――「そうだ。僕が服になろう」


† † † † † † †


そうしたやりとりを経て、お嫁さんの大事なところを色々な意味で守るため、姦は服代わりとなり、今、頑張っているのである。
そんな当人たちの恥じらいも知らず、猛烈な夫婦のスキンシップ(?)を見せつけられる同陣営の魔人たちは色々と士気が燃え上がることだろう。



最終更新:2013年06月14日 01:06