Example9.5

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

9.5 まとめ

この章では、リストをプログラミングの基本的なデータ構造として紹介しました。リストはイミュータブル(変更不能)なので、関数型プログラミング言語では一般的なデータ型です。命令型言語における配列に匹敵する役割を持っています。しかし配列とリストではアクセス方法に大きな違いがあります。配列へのアクセスは常にインデックスによりますが、リストではインデックスは滅多に使いません。scala.List にはインデックスによるアクセスのための apply メソッドが定義されていましたが、この操作は配列の場合よりずっとコストがかかります (一定時間に対して線形)。通常、リストはインデックスの代わりに再帰的にアクセスされ、再帰のステップは、たいていの場合、リスト上のパターンマッチに基づきます。また、豊富な高階コンビネータ群により、リストに対する事前定義された計算パターンをインスタンス化できます。


名前:
コメント:
最終更新:2011年02月24日 08:47
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。