ガンバラナイト

20120709212917b27.jpg

ガンバ~~~ラッ!!!


今更語る必要も無いであろう、遊馬先生の使用モンスター。両手に盾を持っているアメフト選手の様な外見。
「ガンバランサー」などの似た名前のカードも登場しているが、残念な事に名前でのサポートは受けられない。
効果は「攻撃表示の状態で攻撃を受けても守備表示になれる」という壁モンスター的な効果だが、肝心な守備力が頑張りが足りないのか「アナザーネオス」等の1900下級アタッカーラインに僅かに届かない1800であるため、活躍させるのが難しいという微妙さがチャームポイントなモンスターである。
ちなみに漫画版では守備力が2000となっていた時期があった。これならある程度光属性の戦士族ブロッカーとして差別化が出来たであろうに……

登場は多岐に渡り、単体での活躍こそないものの重苦しいデュエルの雰囲気を元気な登場シーンで和ませてくれたり「ゼロゼロック」とのコンボを披露してくれたりと立派に遊馬デッキのモンスターを名乗れる1枚であろう事は間違いない。
実際、遊馬のデッキの中では最古参の一角であり、少なくとも二枚デッキに入れている描写があることから、彼のお気に入りの一つとみなしてもよかろう。
レベルが4なので主力ホープの素材になれるのもポイント。


ZEXALⅡになってからは姿を見かけなくなって、リストラされたのではと言われていたが、
バリアン世界の神との決戦でまさかの再登場を果たす。

o0609034312826814877.jpg

ドン・サウザンド「我はホープ召喚の事実を……『書き換えた』のだ。」

なんと、ドンは遊馬のホープ召喚の事実をヌメロンの力でもって無効化し、代わりに「ガンバラナイトを召喚した」という事実に書き換えてしまったのだッ!
この時のガンバラナイトの場違い感、「あれ、何で俺召喚されてんの!?何で何で!?」とでも言いたげな困惑具合が笑いを誘い、
その後「ハーフ・アン・ブレイク」で守られたガンバラナイトをドンが4回連続攻撃するシーンでも「ドンがガンバラガンバラいうの可笑しいwwwwwww」とシリアスなデュエルを大変に和ませてくれたのだった。

トロンスレでも当然この書き換えのシーンがネタにされ、「深夜のフィール画像」「エロ画像」等と張ったリンクがガンバラナイトに書き換えられているといった事態が多発していた。
トロンスレ民は人間世界にまで干渉し人間の欲望を操って手玉に取るドンの手法に「七皇もこうやって操ったのでは?」と推測したりしなかったりしたとか。
わかってると思うが、彼に罪はない。全てドンが悪いのである。というわけで、彼に書き換えられる回数が増えるに従い、ドンが許される可能性はゼロに近くなるのである。

最近、「EM ガンバッター」というポストガンバラナイト枠が現れたが、多分これからも書き換えられていくことだろう。絶対許さねぇ、ドン・サウザンドー!



コメン~~~トッ!!!

  • 我は姉妹wikiからこの記事を…多少「書き換えた」のだ -- 首領千 (2014-04-02 21:55:42)
  • 記事できたのか、さっそく3行目の 守備力→し微力 に書き換えられてるな -- 名無しさん (2014-04-02 22:32:49)
  • ガンバッターの効果が絶望的なのがなぁ…… -- 名無しさん (2014-08-25 16:29:55)
名前:
コメント: